旅行中でも気軽に疲れた脚をほぐせる簡単なストレッチって?

山歩きや小旅行などのレジャー疲れは脚に来る…!

山歩きや小旅行などのレジャー疲れは脚に来る…!


穏やかな天気に恵まれる季節になると、多くの人が活動的になります。連休中に話題のチバニアンに行ってみたり、屋久島に出かけてみたり……なんて方もいらっしゃったのでは?

山歩きや小旅行などに行くと、何かと歩く機会が増えます。夢中になっていると疲れが気になりませんが、就寝中に脚がつって目が覚めてしまった! なんてことはありませんか。寝不足で翌日のレジャーに影響が出てはもったいないので、いつでも気軽に疲れた脚をほぐせるストレッチを覚えておきましょう。

今回はアウトドアをイメージしてシューズを履いていますが、もちろん素足で実践してもOKです。今日は歩いたなぁ~というときに、気軽に実践してみてください。


疲れはここに溜まる!ふくらはぎ&太ももをほぐす簡単ストレッチ

このストレッチは、足裏の土踏まずからふくらはぎまでの脚の裏側、足の甲からふともも前側をじっくりほぐします。普段足の指をほぐす事も少ない人は、つりそう!と思ったり、つま先を反ると足裏が伸びるんだ!と改めて実感するかもしれません。足指の付け根も関節ですから、老廃物が溜まりむくみの原因になるので、気がついた時に実践して軽やかな脚をキープしてください。

■効果:ふくらはぎ・太もも・足首・脚前面のお疲れケア。冷えやむくみの軽減。

■実践期間:疲れを感じた時にいつでも実践OK。すぐに心身ともにスッキリした感じを得られ、続けることで冷えやむくみにも変化を感じられるでしょう。

■注意点:足底筋膜炎、膝を痛めている人は、無理のないように動作してください。

■やり方:
1.床に両手を付いてしゃがみ、かかとを床から離して、つま先に体重を乗せます。足裏の足底筋膜をゆっくり伸ばしましょう。
疲れ解消ストレッチ1undefinedつま先で床を押し、足裏を伸ばします

疲れ解消ストレッチ1 つま先で床を押し、足裏を伸ばします


2.そのままかかとを床につけ、足首やふくらはぎのヒラメ筋などをほぐして疲れを軽減させます。体重をかかとにかけられる人は図のようにひざを抱える姿勢で。かかとをつけるとグラグラしてしまう人は、指先を床につけて、なるべくかかとを床に近づけるように意識するだけでOKです。
疲れ解消ストレッチ2undefinedかかとを床につけ、足首、ふくらはぎの疲れを解消します

疲れ解消ストレッチ2 かかとを床につけ、足首、ふくらはぎの疲れを軽減します


3.両膝を床につけてつま先を開き、両手の親指でふくらはぎを外側に押し出します。

疲れ解消ストレッチ3undefined両膝を床につけ、つま先を開きます

疲れ解消ストレッチ3 両膝を床につけ、つま先を開きます


4.そのままお尻を床に下ろし、割座姿勢になります。つま先はまっすぐうしろに伸ばし、足首からすねを伸ばしましょう。太もも前側の疲れを軽減します。
疲れ解消ストレッチ4undefined割座になりふともも前側の疲れを取ります

疲れ解消ストレッチ4 割座になり、太もも前側の疲れを軽減します


いかがですか? とても簡単ですが、関節付近から筋肉全体をくまなく刺激して老廃物を流すストレッチです。道具もいらず、脚のスッキリ感を得られると思います。こまめなケアを心がけて、楽しい場所にすぐに飛んで行ける軽やかな脚を作ってみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。