自動車保険の補償内容は大きく4つに分類できる

注意すべきポイントをおさえれば選択は簡単!

注意すべきポイントをおさえれば選択は簡単!


基本的な補償内容の構成は、ダイレクト自動車保険でも代理店型の自動車保険でも同じです。補償内容は大きく以下の4つに分類することができます。
  • 相手方への補償
  • 自分と同乗者の補償
  • 自分の車の補償
  • オプションの補償

1.相手方への補償は
「対人賠償保険」と「対物賠償保険」に注意

対人賠償保険
交通事故で相手方の車に乗っていた人や歩行者をケガまたは死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険で支払われる金額を超える損害賠償を補償します。

対物賠償保険
交通事故で他人の車や物など財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

自動車事故による高額な賠償事例もあることから、この2つの保険金額は無制限にするのが望ましいでしょう。


2.自分と同乗者の補償は
「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」に注意

人身傷害保険
契約車両に搭乗中の人、つまり自分や同乗者が事故により死傷した場合に、過失割合に関係なく、実際の損害額に対し約款の基準に基づいて保険金が支払われます。保険金は示談交渉の結果を待たずに支払われます。

保険金額は、ダイレクト自動車保険の標準プランを見ると3,000万円~5,000万円となっていることが多いようです。亡くなったときは「生命保険」や「傷害保険」、ケガにより働けない状態が長く続いた場合は「就業不能保険」など、加入している他の保険があれば、その保障内容/補償内容も考慮して保険金額を決めるとよいでしょう。

また、人身傷害保険には「車内のみ補償型」の他、補償範囲の広い「車内+車外補償型」もあります。「車内+車外補償型」は、記名被保険者とその家族(※)が歩行中や自転車乗車中などの自動車事故も補償しますが、保険料は高くなりますので、必要に応じてタイプを選びましょう。

搭乗者傷害保険
契約車両に搭乗中の人が事故により死傷した場合に保険金が支払われます。補償の対象となる人は人身傷害保険と同じですが、人身傷害保険では実際の損害額が支払われるのに対し、搭乗者傷害保険では入通院日数や後遺障害の程度などに応じてあらかじめ契約で決められた金額が支払われる点が異なります。

事故により20日間の入通院を行い脊柱に運動障害が残ったケースで考えると、例えばソニー損保で搭乗者傷害保険を保険金額1,000万円でセットしていた場合、傷害一時金は10万円(入院・通院は全て事故日から180日以内と仮定)。後遺障害等級が第8級と認定されると、保険金額の34%である340万円が後遺障害保険金として支払われます。

支払額が決められているため、速やかに保険金を受け取れる点がメリットです。事故が起こったときに当面の費用へ備える必要性により、セットするかどうかを判断するとよいでしょう。

また、人身傷害保険をセットしていれば、保険金額を上限に実際の損害額が補償されます。搭乗者傷害保険からの受け取りは上乗せになるため、必ずしも必要ではないということも理解しておきましょう。

※「家族」とは、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族・別居の未婚の子とする保険会社が一般的です


車両保険やオプションの特約はどうすればいい?