北フランスの小麦を原料にしたフレンチウオツカ

ピナクル ウオツカ

ピナクル ウオツカ

ウオツカ。現在、ウオツカ生産国第1位はアメリカである。一般的には、ウオツカといえば昔からロシア、ポーランド、フィンランドといった東欧、北欧の蒸溜酒というイメージがあるが、実はそうではないのだ。
すっきりとした透明感、クセのあまりない清冽な味わいのスピリッツだ。カクテルにおいてはベースとして厚みのあるアルコール感をズンと効かせながら、他の材料の香りや味わいを引き立てる名脇役となる。
アメリカのように、なんでもミックスしちゃえ、といった感覚の国ではオールマイティなスピリッツなのだ。またアメリカではスタンダードなものだけでなく、フルーツやハーブなどを漬け込んだフレーバードウオツカの人気も高い。フレーバードウオツカも、もともとはロシアやバルト海沿岸地域の地酒的なものだった。
日本でも「サントリーウオツカ」や「サントリーアイスウオツカ」(グレープフルーツのフレーバードもある)がつくられているように、いろんな国々でウオツカは生産されている。

ウオツカはトウモロコシをはじめ、大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀類と麦芽を原料に糖化、発酵、蒸溜する。そして活性炭処理やその他の物質をで濾過したりする。
いま、わたしのお気に入りのウオツカはフランスのコニャック地方でつくられる「ピナクル ウオツカ」(750ml/40%/¥1,180・税別)である。
原料は北フランスの高品質な小麦100%。近年、アメリカではやたらとクリーンさを強調したペラペラの薄っぺらな香味のウオツカが人気だったが、このフランス産ウオツカはひと味もふた味も違う。しかもそのアメリカで人気急上昇中であることも面白い。


ジュースとの相性抜群の新感覚ウオツカ

ソルティ・ドッグ

ソルティ・ドッグ

まずストレートで味わうと、クリアさのなかに独特のジューシーさがあり、とてもユニーク。誰もが新鮮味を感じるのではなかろうか。優しい柔らかい甘み。そして洋梨のようなフルーティーさ、なんともいえない瑞々しい(みずみずしい)シズル感にあふれている。ウオツカらしい清冽さがありながらしなやかな弾力性が特長的だ。
「ピナクル」とは“山の頂”。ボトル中央上部には小さく白い山の頂がデザインされている。
ストレートやロックで味わうのはもちろんだが、「ピナクル」はカクテルベースとして最適である。飲み慣れたウオツカベースのカクテルが「ピナクル」を使うと新感覚の風味に変貌する。シェーク、ステアにも耐えるコシの強さもあり、なかなかに面白い。
「ウオツカマティーニ」もいい。でも、凝ったカクテルで味わってみることもない。グラスに直接つくるビルドタイプでいろいろ試していただきたい。
ブラッディ・メアリー

ブラッディ・メアリー

ライムと相性がよくて、「ウオツカトニック」や「ウオツカライム」(ロックにしてもいい)は独特の瑞々しさを感じられる。
グレープフルーツジュースは最高。是非「ソルティ・ドッグ」を試していただきたい。またトマトジュースがお好きな方は「ブラッディ・メアリー」は絶対「ピナクル」でどうぞ。どちらも粘性とは違う、独特のしなやかな弾力性のニュアンスをご理解いただけるのではなかろうか。
あとはパイナップルジュース、オレンジジュースなんかで割ってもいい。リキュールならばディサローノ・アマレットのミックス「ゴッド・マザー」もおすすめだ。とりあえず、これらのカクテルを「ピナクル」でどうぞ。安価なタオルと、柔らかくてふかふかの高級タオルとの違い。そんな新感覚ウオツカである。
爽やかなライトブルーのボトルも、やっぱフランスだな、って感じさせる。(カクテル撮影/川田雅宏)

スピリッツ関連記事

クラフトジンROKUを生む大阪工場クラフト蒸溜工房
日本の四季香るクラフトジンROKU/おいしい飲み方
六[ROKU]ジャパニーズクラフトジンの魅力
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。