システムキッチンとはキャビネットを組み合わせ天板と一体化

セラミックトップならではの風合いや深みのある色彩を同調させたコーディネートのキッチン。インテリアとしての美しさと使いやすい機能を持つ。[リシェルSI]undefined LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

セラミックトップならではの風合いや深みのある色彩を同調させたコーディネートのキッチン。インテリアとしての美しさと使いやすい機能を持つ。[リシェルSI]  LIXIL

新築やリフォームの際に多くの方が取り入れるシステムキッチン。システムキッチンとは、いくつかのフロアキャビネットを組み合わせ配置し、カウンタートップ(ワークトップ・天板)と一体化させたキッチンのこと。シンクや加熱機器(コンロやIHクッキングヒーター)、食器洗浄乾燥機などの機器を組み込み構成します。数多くのメーカーからさまざまなタイプが揃い、造作のキッチンと変わらないオリジナルなプランを実現することができる商品もみられます。

また、メーカーのキッチン商品には、流し台や調理台、コンロ台などの独立したキャビネットを並べて配置する、セクショナルキッチンと呼ばれるタイプがあります。システムキッチンに比べ、シンプルで安価なタイプが多くみられますが、デザイン性も使い勝手も高い商品も揃っています。

設置する条件などにあわせたシステムキッチン商品の種類

■新築向け・リフォーム向け
間口はそのままで使いやすいレイアウトを選ぶことが可能。コンパクトな奥行きのプランも揃う。 [リフォムスundefined施工例 ローステップ対面プラン キッチン部・カップボード部:X40チェリー柄(XP)]undefined パナソニック エコソリューションズundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

間口はそのままで使いやすいレイアウトを選ぶことが可能。コンパクトな奥行きのプランも揃う。 [リフォムス 施工例 ローステップ対面プラン キッチン部・カップボード部:X40チェリー柄(XP)]  パナソニック エコソリューションズ

システムキッチン商品の多くは、新築でもリフォームでも取り入れることは可能ですが、最近では、戸建てやマンションのリフォーム(リノベーション)を希望する方も増えてきていることから、空間や施工に制限のあるケースでも、プランニングしやすいリフォーム向けの商品も充実してきています。

既存の空間に合わせることができるように、施工方法に工夫を施したり、パーツを揃えたものなどが多くみられるのが特徴。たとえば、既存の空間の間口や高さ、梁、窓の大きさなどに合わせて調整が可能なタイプ、限られたスペースでも設置できるコンパクトな奥行きのもの、配管などの設置がしやすいタイプなど、空間が狭い集合住宅でも取り入れやすいような商品が多く揃っています。

その他、セクショナルキッチンからシステムキッチンに簡単にリフォームできるタイプなどもみられます。

■コンパクトキッチン
シングルからDINKS、ファミリーまでさまざまなライフスタイルに適するプランが可能なコンパクトキッチン。[サンファーニ ティオ] undefined LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

シングルからDINKS、ファミリーまでさまざまなライフスタイルに適するプランが可能なコンパクトキッチン。[サンファーニ ティオ]   LIXIL

コンパクトキッチンとは、一般的に、小さめのサイズで必要不可欠な機能が組み込まれたタイプのこと。ワンルームマンション向けのキッチン商品なども含む場合もありますが、DINKSの住まいや二世帯住宅、セカンドキッチンとして取り入れられるケースがみられるものです。最近では、多様なアイテムやパーツを選ぶことができる、デザイン性の高いシリーズもあり、プランニングもしやすくなっています。

■高齢の方や車椅子を使用されている方向け
キッチンだけでなく住宅設備機器全般にみられるのがユニバーサルデザイン。キッチン商品としては、高齢の方や車椅子を使用されている方に使いやすいように配慮したタイプもみられます。

座ったままでも調理しやすいタイプ、移動を助ける手すりを設けたもの、操作しやすい調理機器や水栓金具などもあります。通常のシステムキッチン商品の中で、バリアフリーを考えたタイプ(プラン)を用意しているケースもあります。

価格帯ごとに商品シリーズが揃う。取り入れるアイテムで費用は変わる

スタイリッシュで機能的。機能も価格もシンプルなシステムキッチン。[ミッテundefinedフラット対面型壁付け] undefined TOTOundefined https://jp.toto.com/

スタイリッシュで機能的。機能も価格もシンプルなシステムキッチン。[ミッテ フラット対面型壁付け]   TOTO 

メーカーによっても異なりますが、システムキッチン商品には、価格帯やコンセプトによって、いくつかのシリーズがラインナップされています。高いデザイン性や機能性を持つ高額のシリーズ、一般的な普及タイプのシリーズ、手ごろな価格のシリーズなど、大きく分類されているので、予算に合わせて検討することになるでしょう。

注意したいのは、同じシリーズの中でも、間口サイズやレイアウトはもとより、扉材や取り入れるビルトイン機器やオプションアイテムなどによって価格は大きく変わるということ。プランニングによっては、普及タイプでも高額シリーズよりも高くなることもあります。

選ぶ際には、そのシリーズの基本仕様(標準仕様)に何が含まれ、どのようなグレードのものかの確認を。手ごろな価格のシリーズを選んでも、希望するアイテムや機能が基本仕様に含まれていなければ、オプション等で追加することになり、最終的に費用がアップしてしまうこともあるからです。

システムキッチン商品の最新トレンド

各メーカーの最近の商品トレンドは、インテリア性が高まっていること、調理や食事を楽しむことができるプランづくりが可能なこと、住まい空間全体でもトータルなコーディネート提案が増えていること、など
が挙げられるでしょう。

■インテリアとして美しいデザインのキッチン
最近の新商品をみてみると、デザイン性により配慮されたタイプが多くみられるようになりました。LDKがひとつの空間となった間取りプランが増えてきたこともあり、ダイニングやリビングとのコーディネート、くつろぎの場からの見え方などを意識した、家具のようなキッチンが揃っています。

インテリアの印象を左右する扉材のバリエーションはもとより、キャビネットデザイン、換気扇や水栓金具など、空間に馴染むタイプから空間のアクセントとなるようなスタイルまで、豊富なアイテムがみられます。インテリアに馴染みやすい人工大理石のワークトップ、IHクッキングヒーターだけでなくガスコンロもすっきりとしたデザインのタイプなど、好みのコーディネートを楽しむことが可能でしょう。

■家族や友人と調理や食事を楽しむことができるキッチン

IHクッキングヒーターの対面操作が可能なダイニングテーブルを持つタイプ。温かい料理を家族で囲むことも。[Lクラスキッチンundefinedラウンドアクセス ガラステーブルプラン] undefinedパナソニック エコソリューションズundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

IHクッキングヒーターの対面操作が可能なダイニングテーブルを持つタイプ。温かい料理を家族で囲むことも。[Lクラスキッチン ラウンドアクセス ガラステーブルプラン]  パナソニック エコソリューションズ

最近では、キッチンを中心として考えたスペースづくりも増えてきています。対面式やアイランドキッチンなど、コミュニケーションがとりやすいスタイル提案だけでなく、キッチン近くににダイニングテーブルを配して、家族や友人と一緒に、調理や食事を楽しむことができるようなプランもみられます。

商品によっては、ダイニングを含めた新しいキッチンスタイルを提案したタイプも。ワークトップカウンターとダイニングテーブルが一体化したもの、ダイニングテーブルにIHクッキングヒーターを組み込み調理しながら食事ができるような商品も揃っています。

■水まわりスペース、内装建材とのコーディネートできるキッチン
さまざまなインテリアやLDK空間に溶け込むデザインのキッチン。水まわりのイメージをトータルでコーディネートできる。 [ザ・クラッソundefinedセレクトコーディネート]undefined TOTOundefined https://jp.toto.com/

さまざまなインテリアやLDK空間に溶け込むデザインのキッチン。水まわりのイメージをトータルでコーディネートできる。 [ザ・クラッソ セレクトコーディネート]  TOTO

システムキッチンだけでなく、システムバスや洗面化粧台、トイレなど、水まわり空間とのコーディネートが可能な商品もみられます。キッチンと洗面化粧台の扉材のデザインを揃えることができたり、システムバスの壁面材などとコーディネートできる商品も。隣接する間取りであったり、狭小住宅の場合など、住まい全体がすっきりとした、統一感を得ることができるでしょう。

また、メーカーによっては、室内建材と扉材のコーディネートが可能な場合も。フローリングや室内扉(ドア)などの素材や色などを揃えることができるので、まとまりのある空間が実現できます。いずれの場合でも、住まい全体で検討することが大切でしょう。

ショールームでは素材感や使い勝手の確認を。実際に操作して

システムキッチンを選ぶ際には、必ずショールームに足を運び、実物で比較検討を。商品シリーズごとの特徴を理解して、わが家のプラン、希望や予算などに適したシリーズを検討すること。住まい全体の間取りや予算にも関わるので、設計担当者と同行する方がいいでしょう。商品ごとの細かい特徴は、ショールームのアドバイザーから説明を受けることをおすすめします。

ショールームでは、システムキッチン単体だけでなく、LDK空間などの展示も多くみられるので、スペース内に身を置いて体感すること。リビングとのつながり、用いる機器や扉材の組み合わせ方など、日々の暮らしをイメージしながら確認するようにしましょう。


【関連記事】



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。