大人の女性にこそシャツワンピースがオススメ

ワンピース

写真左からユニクロ、ユニクロユー、無印良品、無印良品

この春も人気のシャツワンピース。ワンピースは着ればコーディネートが完成する手軽さがある反面、着回しが効かない印象がありますよね……。そこでおすすめしたいのがシャツワンピース! シャツワンピースは様々な着こなしが可能で着回し力大なんです。

賢く着まわせるシャツワンピースはこの春絶対欲しいアイテムです。そんなシャツワンピース、大人の女性ならどう着まわしたらよいでしょうか? 今回はアラフォーのガイドが実践している、大人の女性に向けたシャツワンピースの着こなしをお伝えします。

体型カバーはシャツワンピ+パンツ

シャツワンピースの魅力のひとつが抑揚のないストンとしたシルエット。気になるお腹周りやお尻などをすっぽりと包み込んでラインを見せないから体型カバーに最適。また、ワンピースというだけで清楚なイメージがあるのでボディラインを強調することなくコーディネートが女性的な印象になります。パンツにシャツワンピースを重ねれば年齢が気になる素足を出すことなくワンピーススタイルを楽しめます。

写真のように細身のパンツを合わせればスッキリした印象に、ワイドなパンツを合わせればユルっとしたトレンドっぽいコーディネートにも。重ねるパンツによっても印象が変わるのでいろいろ試してみることをオススメします。
シャツワンピコーデ

ゆったりとしたシャツワンピースのボタンはすべて留めてトラッドな印象に。そこにトレンドのギンガムチェックを合わせて今年らしい落ち着いた大人のシャツワンピースコーデになりました。(シャツワンピース:ユニクロユー ボトムス:ユニクロ バッグ:ザラ シューズ:MOOI)


羽織れば大人のヌケ感コーデに

シャツワンピースはボタンを留めると清楚でキチンとした印象になりますが、ボタンを開けて羽織るとリラックスした印象にとガラリと雰囲気が変わります。春夏はリラックスしたコーディネートが涼し気に見えるので、サラリと羽織る大人のヌケ感コーデが断然おしゃれ。季節の変わり目の体温調節として羽織ると更に機能的に活用できます。
シャツワンピコーデ

春らしいホワイトコーデにベージュのシャツワンピースを羽織って涼し気な印象に。
(シャツワンピース:無印良品 トップス:セントジェームス ボトムス:ジャーナルスタンダード バッグ:イコット パンプス:オデットエオディール アクセサリー:SENBA)


ワンピonワンピで大人の華やかコーデ

シャツワンピースの下にレースワンピースを重ね、裾からレースを覗かせシンプルなシャツワンピースを華やかなムードにチェンジ。柄ものや質感・色が異なるワンピースをレイヤードすればシンプルなシャツワンピも豪華にイメージチェンジできます。シャツワンピースの裾側のボタンを大きく開けて、下に重ねたワンピースを覗かせるのが着こなしのポイントです。
シャツワンピコーデ

シンプルなストライプシャツワンピースに華やかなレースワンピースを重ねました。シンプルなシャツワンピもガーリーな印象に様変わりしています。(シャツワンピース:ユニクロ レースワンピース:ザラ バッグ:イコット バレエシューズ:ギャップ アクセサリー:SENBA 腕時計:ウィーウッド)


ふんわりスカートを重ねてガーリーコーデにも

正統派な印象のシャツワンピースは辛口なイメージに映りますが、ふんわりスカートを合わせればたちまちガーリーな印象にイメージチェンジできます。昨年から人気のサーキュラースカートを合わせるとシャツワンピースがたちまちガーリーな印象にチェンジ。

シャツワンピースと同系色のスカートを合わせると、一体感が生まれほどよいふんわり感に映ります。色のコントラストをつけるぎるとスカートが目立ちすぎたり、シャツワンピースが目立ちすぎたりとカラー面積比のバランスが悪くなるのでカラーリングには注意が必要です。
シャツワンピコーデ

バンドカラーのシャツワンピースは正統派で辛口な印象です。そこにふんわりとしたスカートを合わせて甘さを加えガーリーな印象に仕上げたコーディネートです。(シャツワンピース:無印良品 スカート:ユニクロ バッグ:ザラ レースアップシューズ:ドクターマーチン アクセサリー:SENBA)


いかがだったでしょうか? シャツワンピース一枚で様々な着こなしが楽しめそうではないでしょうか? 大人の女性にもピッタリなアイテムです。この春、是非取り入れてみてください。

それでは、また。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。