旅行靴の選び方は? おしゃれ女性が持つべきは3種だけ

 
旅行先に持っていきたいシューズ。

旅行先に持っていきたいシューズ。

もうすぐ、家族旅行や記念旅行、卒業旅行、学生旅行など、春旅行の季節がやってきます。旅行先での服装は荷物との兼ね合いで悩むものですが、靴選びはどうしていますか? できれば、あらゆるTPOに合わせておしゃれを楽しみたいものですが、「靴は意外とかさばるので、ある程度厳選したい……」という気持ちもありますよね。

そこでおすすめなのが、 ……という3つのシーンを想定して持っていくこと。また、靴擦れや靴が壊れてしまったときに備える意味でも、旅行先に2~3足の靴を持っていくと安心です。

今回は、そんな春旅行に持っていきたい靴を3種類10点ピックアップ!  ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね!

 

観光メインで歩き回る日のスニーカー

 
atmos

CELL VENOM RIFLECTIVE 1万2800円(税抜)/PUMA(アトモス

スーツケースの容量が限られている旅行時、デニムなどのカジュアルスタイルにはもちろん、ワンピーススタイルにもマッチするモノトーンのスニーカーが1足あれば安心です。こちらは、ブラックカラーがモードな雰囲気を醸し出す「PUMA(プーマ)」の1足。

1990年代にパフォーマンスランニングシューズとして発表された「CELL VENOM(セル・ベノム)」です。当時のシルエットをキープし、ファッションユースに注目して復刻されました。
 atmos

 Neutra Sneaker 1万5000円(税抜)/UGG(アトモス


春コーデでも重くならない、履き回し力抜群のグレースニーカーもおすすめ。こちらは、ネオプレーンソックスのアッパーに、「UGG(アグ)」のロゴ入りのゴアバンドが印象的な1足。

ライニングはレザーまたはテキスタイル仕様になっており、後部にはエンボス加工のアグのロゴが入っています。コーデに投入した途端、主役級の存在感を放ってくれるスニーカーです。
 
atmos

SAMBAROSE W 1万2000円(税抜)/adidas Originals(アトモス

旅行先でのスニーカーは、歩きやすさはもちろん、気分も明るくなるようなデザインが◎。こちらのプラットフォームのソールを取り入れた「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」の「SAMBAROSE W」は、アッパーにつま先からかかとまで足を包み込むソフトなレザーが使われており、シンプルかつ贅沢な作りとなっています。強度のあるガムラバーカップソールで、スタイリッシュに仕上げられた1足です。
 
atmos

CM997HAJ 9200円(税抜)/New Balance(アトモス

観光で歩き回るときは、軽さもほしいですが、あまり薄い靴底だと疲れてしまうことも。

そこでおすすめなのが、1990年にデビューした「New Balance(ニューバランス)」の「997」の重厚なシルエットを継承しながら、軽量性とクッション性を向上したソールユニットでアップデートされたこちらの1足。90年代からインスパイアされた鮮やかなカラーリングで、スポーティに彩られています。
 

リゾート地で履けるサンダル

MODE ET JACOMO manu 

クロスデザインサンダル 1万7500円(税抜)/MODE ET JACOMO MANU(モード・エ・ジャコモ)

カジュアルになりがちなスポーティサンダルに、今季トレンドのパイソン柄をのせ、大人っぽいルックスに仕上げられたサンダル。

キレイめな着こなしから、カジュアルな着こなしまで幅広く活用できるので、旅行のお供に最適。今年らしい抜け感をプラスしてくれるトレンドライクな1足です。
 
WASHINGTON GINZA TOKYO

スカーフ×PVCミュール 1万2800円(税抜)/WASHINGTON (銀座ワシントン銀座本店)

今季注目を集めている「スカーフ」と「PVC」を掛け合わせたトレンド感たっぷりの1足。特にPVCは、コーデに投入した途端、今っぽい雰囲気を醸し出せるのでおすすめ。ミュールを主役にしたシンプルなコーディネートにすると、全身の雰囲気がランクアップされます。
 
WASH

ジュートウエッジソールサンダル 1万3800円(税抜)/gaimo(WASH)

ジュートサンダルで大人気のスペインブランド「gaimo(ガイモ)」のエスパドリーユミュール。上品なカラーで、モードな雰囲気を醸し出しています。ウエッジソールで歩きやすく、コーディネートをすっきりと見せてくれます。職人がハンドメイドで作るガイモは毎年大人気! 軽くて歩きやすく、旅行にも最適です。
 

レストランでのディナーで履きたいパンプス

MODE ET JACOMO carino 

パンチングローヒールパンプス  1万7500円(税抜)/MODE ET JACOMO carino(モード・エ・ジャコモ)

履き口にあしらわれたV字のカッティングが、足元をすっきりと見せてくれるローヒールパンプス。柔らかい素材かつ、中底にはスポンジが内蔵されており、履き心地が抜群! また2cmというローヒールなので、長時間の歩行も疲れにくく、お出掛けシーンに便利なパンプスです。
WASHINGTON GINZA TOKYO

メッシュローヒールパンプス 1万2800円(税抜)/WASHINGTON (銀座ワシントン銀座本店)

春夏らしい編みデザインと、ホワイトとイエローの組み合わせが爽やかなアクセントになるローヒールパンプス。靴と同じように、コットンやリネンなど軽やかな素材の洋服に合わせると、コーデがグッと引き立ちます。
 
MODE ET JACOMO carino 

モチーフつきパンプス 1万7000円(税抜)/MODE ET JACOMO carino(モード・エ・ジャコモ)
 

遊び心のある南国モチーフと、ビジューがフロントにデザインされたローヒールパンプス。ベース地にもラメ糸が織り込まれており、ハッピーな雰囲気満点です。カジュアルなデニムスタイルや、シンプルな装いのポイントに◎。

===========================
【取材協力】
atmos(アトモス)
MODE ET JACOMO(モード・エ・ジャコモ)
WASHINGTON (銀座ワシントン銀座本店)
WASH ルミネ横浜店(ウォッシュ ルミネ横浜店)                                           
===========================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
大人のリュックコーデのコツと、おすすめコスパリュック3選
高見えするコスパデニムの選び方・おすすめアイテム5選
オンオフOK!「Uniqlo U」おすすめベーシックアイテム3選
一足お先に春気分! ZARAのコスパバッグおすすめ3選
パーカーって手抜きに見える?アラフォー向け選び方
アラフォーおしゃれ迷子に贈る!着こなしのポイント3つ
マンネリ打破!手持ち服だけで冬コーデを新鮮にする方法
おばさんにならないパンツのコーデ・選び方
今買って、春まで使えるユニクロのアイテム5選
アラフォーが着てはいけない!2018-19冬トレンド

▼注目のイチオシ記事はこちら
レモンが香る不思議なレインシューズ
一見の価値アリ!平成最後に見ておくべき展覧会
ZOZOがユニクロに挑んだ冬物インナーの自信作
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。