ついついやっていませんか? 3月にやりがちなNGコーデとは

春なのにうっかりやってしまいがちなNGコーデって?

春なのにうっかりやってしまいがちなNGコーデって?

暖かい日もあれば肌寒い日もある3月は、着る物に迷いがちですよね。でもどんなに寒い日でも、見た目が冬っぽいのはオシャレの面では絶対NG。冬っぽい雰囲気を引きずっていると、街中でとっても目立ってしまいます……。今回は三寒四温のこの時期に、街で見かけるNGコーデについてお伝えします。春コーデにチェンジするポイントも合わせてチェックしてみて下さいね!

真っ黒な足元はどんよりと重く見えてNG! 透け感や中間色で解決を

いくら春色のスカートでも透け感のないブラックだと雰囲気がチグハグに……

いくら春色のスカートでも透け感のないブラックだと雰囲気がチグハグに……

春になると着たくなるスカートやワンピース。イベントごとのオケージョン着として着る機会も増えますよね。ですが、足元に重大な落とし穴が! 冬のなごりでタイツ&シューズを黒でまとめてしまう方が多いんです。足元なので自分では気づきにくいのですが、春の日差しの中、人から見ると、このマットな黒さがかなり目立ちます。これではせっかく春らしい洋服を着てもどんよりと重い雰囲気に……。

黒タイツ×黒パンプスの組み合わせが一番重たく見えてしまいNGなので、軽やかさを意識してまとめるのがオススメ。フォーマルの場合はストッキングを、タイツを選ぶ場合でも程よい透け感のある40デニールの黒や、チャコールグレーなどニュアンスカラーが使いやすいです。

パンプスにはネイビーやキャメルに加え、ベージュとグレーの間を取ったグレージュ色が大人の女性コーデに馴染みが良く一押しなカラーです。

いかにも秋冬な色はNG! 3月に着るならなじませ配色でカバー

秋冬ならではの色、というと濃いパープルやマスタードイエロー、ボルドーやダークグリーンが思い浮かぶのではないでしょうか? これらの色を冬の続きでまだ着ている方もよく見かけます。ですが、オシャレ見えの大事な要素のひとつは「季節感を上手く取り入れること」。逆に言えばこれらのカラーを3月になって着ていると、どことなく古い雰囲気が漂うので要注意。特にニットやスカートなど面積が大きいアイテムを着てOKなのは2月まで。
秋冬カラーは意識して色の組み合わせで春仕様に

秋冬カラーは意識して色の組み合わせで春仕様に

シューズやバッグなどの秋冬カラー小物は年末年始のセールで売られていることも多いですよね。買ったばっかりでもう少し楽しみたい!と言う場合は、春コーデになじむ配色でカバーしてみて下さい。

濃いパープルはすっきり辛口にまとまるライトグレーに、ボルドーはフェミニンにまとまるライトピンクに、マスタードイエローやダークグリーンはベージュやオフホワイトコーデの差し色として使えば、小物ならまだ活躍させられます。

黒やネイビーのコーデに合わせると冬っぽくなるので、クリーンで明るいコーデのポイントとして使うのがコツです。

寒さ対策を引きずったまま抜け感ゼロ……3首見せは3月から始めて

一番簡単で取り入れやすい手首のロールアップは常に忘れずに

一番簡単で取り入れやすい手首のロールアップは常に忘れずに

首、手首、足首を見せる「3首見せ」は着やせの鉄則。ですが寒い時期は防寒優先になるので、気づけば3月になってもそのまま……という方も。これでは春めいてきても抜け感ゼロ、なコーデになってしまいます。この3首見せ、をスタートするべき時期はズバリ3月。これさえ気を付ければ、焦って春物を買わなくても季節感を取り入れられます。

まずは一番簡単な手首のロールアップを出来る時に必ずする、と心がけてみて下さい。冬の間ずっとタートルで過ごしていた、という方はVネックにストールに変えるだけで春らしい雰囲気になります。

足元はまだ冷えることも多いので無理しなくてもOK。ですが、気温が高めの日はロールアップしたり、タイツをソックスに変えて肌見せ部分を作るなど、意識してコーデするとぐっと春めいた雰囲気になり、自然な抜け感が生まれます。

急いで春物を買いに走らなくても、季節感のある抜け感は作れます。ぜひトライしてみて下さいね! 以上「やってはいけない! 街で見かけた3月NGコーデ」でした。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。