男性の方が深刻? 婚活オジサンが一生結婚できない理由

結婚ムリ!女性に「もう会いたくない」と言われる、NG婚活オジサンの特徴

結婚ムリ!女性に「もう会いたくない」と言われる、NG婚活オジサンの特徴


婚活というと女性のイメージが強いですが、実際は男性の生涯未婚率ののほうが深刻です。2017年4月に国立社会保障・人口問題研究所(厚生労働省)が発表した生涯未婚率は、男性が23.4%、女性が14.1%(2015年分)で、今後も右肩上がりで、もはやどこまで上がっていってしまうのか、というもの。ガイドは結婚相談所を経営する上で、私の仕事も課題もまだまだ続く……と思っています。

未婚率が年々上がっている理由はいくつかあり、男女それぞれに向けて今までも何度も訴えてきましたが、「なぜか楽観ししていて、まったく努力をしない男たち」は増え続けています!

かわいいぼうやだった男性たちも、30代以降になると身の程知らずで頑固になるのでしょうか。自分が出産しないからって、いつでも結婚できると勘違いしていませんか? カトちゃん(加藤 茶さん)や石田純一さんみたいに、何歳になっても美人を捕まえられるのは一握り。

それでは、婚活現場でお断り連発の勘違い男性たちの実態を3つ紹介していきましょう。


1.身の程をわきまえず、美人ばかり求める

綺麗な女性を求めるのは結構だけど、、、自分はどうなの???

綺麗な女性を求めるのは結構だけど、自分はどうなのよ?


結婚相手はどんな方が良いの?と聞くと「美人がいいです」の一点張り。それを言う男に限って本人の顔はブ男! しかも、収入少ない、歯がない、髪がない、あるのはぜい肉だけ、なんて人もいるくらいです。

人はないものねだりで、パートナーに自分にないものを求めてしまうのはわかります。でも、現実を見て。そんなこといってるからいつまでも結婚どころか恋愛すらできないの。

あなたが希望する「若くて美人」な女性たちはモテるんだから、女性の扱いに慣れた小綺麗なお金持ち男性と結婚できちゃうのが現実。そこと比較されたときに、あなたと付き合うメリットはありますか? それを紹介するのが結婚相談所だと言う人もいますが、百歩譲ってお見合いできても、扱うことすら難しいですよ。立ってるだけでちやほやされて、デートでいろんなところに連れていかれているから、貧乏ブ男では太刀打ちできませんよ。ごくたまにすご~い美人と結婚するブサイクくんだっていますが、それはお金持ちやエリート、もしくはカリスマ性があってステキな将来を夢見させてくれるような人。

解決策はひとつ。あなたが努力した上で、「あなたを受け入れてくれる人」を探すことがいい。あまりにモテない現実に、「しょうがないからブスでもいいから若い女性!」なんて男性もいますが、そんな態度じゃあなたの言っているブスにも、メリットがありません。夫婦生活において最も大事なものは、思いやりや優しさ、誠実さなどといった人間力です。

それでもどうしても美人がいいというなら、見た目をよくする、お金を稼ぐなど自分の売りを明確にして、条件を上げていくしかないのです。そして人間力は結婚したいなら、どんな相手であっても必須だと心得てください。


2.女性を卑猥な目でしか見れない

卑猥な視線、女性は必ず気づいています!

卑猥な視線、女性は必ず気づいています!


女性を胸の大きさでしか判断しない、つまり、人間としてコミュニケーションが取れない、ただ性の対象としか見られない男性。意外に婚活現場で少なくありません。

例えば、お見合い相手の女性のバストを嘗め回すように見るお下品オトコ。確かに、ボディラインなど男女の違いは、初対面で恋愛スイッチを入れる重要なポイントで、女性側には「だらっとゆるゆるの服」よりも、「ボンキュッボンの女性らしいワンピース」を指導することはあります。男性は視覚的なものに惹き付けられる生き物ですから、見たい気持ちはわからないではありませんが、TPOと頻度をわきまえろ!ってことです。

もっとヤバイ男性ともなれば、「結婚したらその胸の顔をうずめたい……」と顔を赤らめて言い放ちましたからね。男性も40歳を超えるとエロくなり、ズーズーしくなります(まあ、これは女性にも言えることですが!)。

その発言、自分が思っている以上に「うわっ、恥ずかしい、あり得ない!」と思われていることに気づいてください。打ち解けた仲の相手と赤ちょうちんの居酒屋で話すならまだしも、出会いであるお見合いで、しかもホテルのラウンジで言うなんて、まさにTPOをわきまえてなさすぎます。


3.そもそも会話が成り立たない

外見はその人の印象を大きく左右する要素で、ベストセラー書籍『人は見た目が9割』を引用せずとも、第一印象の多くを占めているわけですが、婚活においてはもう一つ重要なポイントがあります。

男の婚活は会話が8割! 会話ができるだけで、「また会いたい」と言われる可能性はグンと上がります。それだけ男性はキャッチボールができないんです。

例えば、質問に対して一言しか返せない!  女性に「大学時代はどんなふうに過ごしてましたか?」と聞かれて、男性が「R大学……」だけ。会話のラリーってものができないし、詳しく説明すらできないなんてザラです。

女性は女子会に慣れているので、あーでこーで会話が流れる速度がとにかく早い生き物。「こちらから話しかけてもシーン……でしょ? もはやつまんないっていうか、一人でいるのと同じ。こんなデートしている意味あるのって思っちゃいました。これが毎日続くなんて無理!」なんて声、本当に多いです。

こんなエピソードもありました。婚活中のデートで、水族館のチケット売り場で、タテ1列に並んでいたというカップル。ケンカでもしたの?と聞いたら、「もう話すことなかったから……」ですって。思わずカチンと来て、「じゃあ、彼女が生まれたとき何グラムだったのか聞いた? 彼女のお母さんの名前は? そんな短時間で彼女のことが全部分かったなんて思い上がりです!」と。もちろん、アレしてくれない、コレしてくれないとしか言わない彼女側にも同じように伝えましたが、話題なんていくらでもあるんですよ。

会話が続く人って、よく周りを見ているし、これからどうするか先のことを考えています。だから、相手のことを察することができるんです。仕事ができる人ってみんなそうですよ。その上で想像できないことは、相手に聞く。だから会話が続くんです。

「その服、似合っているね。どこで買ったの? へえ、僕の知らないお店だ、すごくかわいいね。っていうか、俺の服の色と合ってない? いやぁ、そんな気がしたんだよね(笑)。あ、寒くない? どこかでお茶しながらデートの予定を考えようか。それとも、ちょっと早めのランチにしちゃう? あ、そこの道、デコボコしてるから気を付けて! ランチに行くなら、中華行こうと思うんだけど好き? 辛いもの好き? 最近、食べたのいつ? ちなみに俺は昨日も中華を食べたんだけど、君に食べてほしいメニューがあってさ……」

デートとなれば、こんな風に「もううるさいわ(笑)!」って思われるくらいしゃべることがあるでしょう。目で見たものとこれから行動することをそのまま口に出して、次の提案のYES・NOを聞けば一生会話が続きます。これだけで絶対に次のデートに進める確率がアップするのは確実。ぜひ試してみてください。


4.無意識に、女性の悪口を言ってしまう

そもそも女性の悪口を言う男性は、「結婚どころか近づきたくもない人間」に即決定します。

「俺は悪口なんて言ってないよ!」と思っているかもしれませんが、無意識に「女性下げ」している中年男性は少なくありません。

例えば、「最近うちの会社に入ったオバサン社員が……」と言ってませんか? 道を通りかかった人や同僚女性のこと! オジサンほどオバサンオバサンと言いますからね。心当たりありませんか?

そういう男性は、性の対象としての若い女体が好きなだけで、女性という生き物を同等に見ていない、結局は女性を嫌って下に見ているんですよね。そんな考え方じゃ結婚できないのは当然です。

女性は、なんだかんだ強がっていても、愛する男性に守られたい愛されたいと思っているのに、女性の悪口を聞いたらムカッと来ます。「ハァ? お前には頼まんわ!」って決別! まぁ、そうやって同じ土俵に登っている時点で、同類といえば同類なんですが……。

とりあえず、結婚したいなら、石田純一さんの動画や海外ドラマを1日30分くらい見て、呼吸するように自然に女性を褒める技を磨いてくださいね。


まず、図々しく勘違いしている自分に気づくこと!

以上、「もう会いたくないと言われる男性の特徴」を挙げてみました。

こんなに独身があふれる時代です、「結婚したいけれどできない」という人には必ず理由があります。まず、不倫したり、結婚願望のない相手とつきあったりして、「結婚したい独身の相手と出会ってない」人がいます。それは婚活や結婚相談所に行けば解決するでしょう。

結婚相談所での出会いから成婚の流れはこちら≫≫

しかし、結婚相談所でも結婚できない場合、今回挙げたように「本人に原因がある」パターンを疑ってみましょう。出会うことはできるのですから、選ばれない理由があるのです。

もちろん、「結婚しない」とあえて思っている人は、どうぞそのままでいてください。でもね、結婚したいなら、20代の頃のようなクリーンな心と体を取り戻し、勘違いはやめて、自分の市場価値を知りましょう。

若いころよりスキルアップしているんだから黙ってついてこい! というなら、スポーツジムで若い男子と並んでバイクを漕いでみてください。衰えや老けに気が付くでしょう。

この婚活格差時代、自分自身を律せる人だけが結婚できるのです。私が厳しいコラムを書き続けるのは、婚活をしているみなさんを本気で結婚させたいからです。耳障りのいいことを言って、「そのままのあなたでいいのよ」なんて言われて、変われますか? 植草美幸は、いつもあなたを応援しています!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。