<ご相談者 男性 Tさん>
  • 48歳男性、中小企業の社長
  • 夫婦で子ども好き。男の子ばかり4人の父。妻は女の子が欲しくて、もう一人…と思っている
  • 子育てが一段落したら妻も働くと言っている。職場の近くに住み、子育ても協力している
  • 子だくさんの父として、さすがに自分が長期入院したら……と時々怖くなる
  • 今は入院日額1万円で一生涯保障が続くものに加入しているが、保険料も気になり、給付も十分なものかが気になる

子だくさんファミリーだからこそ、入院による影響はひときわ大きい

家族のことを考えると、負担はできるだけ少なくしたい…

家族のことを考えると、負担はできるだけ少なくしたい…

Tさん:みんなにびっくりされるのですが、我が家は男の子ばかり4人いて、妻は女の子がどうしても欲しくてまだ頑張ると言っています。妻は5歳年下なのですが、すごいですよね。

ガイド:すごいですね。少子化の日本に貢献してくれていますね。お子さんは何歳から何歳まで?

Tさん:3歳から15歳までです。

ガイド:それはもう、奥様の体力はもちろんのこと、Tさんも協力して子育てしないと回らないですね。

Tさん:お風呂も大変ですよ(笑)。それに誰かが風邪をひいたりケガをすると、それはもう……。でも最近、自分自身が一番気をつけないといけないと実感しています。長期入院などしようものなら、一家が倒れちゃうと。

ガイド:稼ぎ頭の健康管理は、自分のためでもあり、家族のためにも大事ですね。お金のことも気になるでしょうし。

Tさん:医療保険も入っているのですが、もう少し我が家の状況や自分の責任に合わせた内容にしないとまずいと思っています。

ガイド:今の自分に合っていないような気がするのは、どのあたりですか?

Tさん:子どもが多いので「入院したら1日1万円」というタイプに加入しています。一生涯保障が変わらないタイプらしいのですが、それなりに保険料も高いと感じています。長男は15歳で教育費も待ったなしで、家計の支出はできるだけ抑えたいのですが、医療保障が十分なのか? いや場合によっては足りないかも? とモヤモヤしているんです。

ガイド:Tさんは会社の社長さんですが、会社の健康保険に加入していらっしゃいますよね。

Tさん:はい、業界の連合がやっている社会保険に入っているので、ある程度の環境は整っています。

ガイド:それでカバーできないのでは、と感じるリスクは何でしょうか?

Tさん:入院するのが特に怖いと感じています。通院ならまだ、家でできることはあるし、留守番して家族をみたり何か分担することもできるでしょう。でも入院してしまうと完全に家庭から離れてしまうので、妻や親に精神的にも肉体的にも負荷がかかるのは間違いない。病院にかかるお金が医療保険でしっかり賄えなかったら、何のために入っていたのかと思ってしまいます。

ガイド:少なくとも、入院で持ち出しが発生するかもしれないという経済的な負担や不安は避けたいですね。

入院費用の持ち出しが気にならない! 安心感のある医療保険とは

Tさん:入院費用の持ち出しが発生しないという保険があるのですか?

ガイド:はい。最近注目されている医療保険ですが、入院した日数や病気の種類などを問わず、入院時に病院窓口で支払う入院治療費の3割負担の実費分が給付されるという医療保険があります。

Tさん:3割負担分が出るなら、何日入院したか計算しなくてもいいのか……。スッキリしますね。

ガイド:医療技術も進歩していますし、以前入った保障内容のまま一生変えなくてよいかどうかも、これからは慎重に検討したほうがいいかもしれませんね。

家庭環境の変化にも対応でき、子育てと両立できる医療保険は? 次ページへ