PowerPoint Viewer(パワーポイントビューワー)とは

「他の人が作成したPowerPointのスライドが見たい」とか「自分が作成したPowerPointのスライドを他の人に見せたい」といったときは、スライドを見る人のパソコンにPowerPointがインストールされている必要があります。

もし、PowerPointがインストールされていないパソコンを使っていたら、有料でPowerPointを購入しなければならないのでしょうか。実は、スライドを「見る」だけなら、PowerPointを購入しなくても大丈夫。無料の「PowerPoint Viewer」を使用すると、パソコンにPowerPointがインストールされていなくても、PowerPoint 97 以降のバージョンで作成されたスライドを表示・印刷したりスライドショーの実行が行えます。スライドの編集はできませんが、単純にスライドを閲覧するには十分です。

PowerPoint Viewerを入手するには、ブラウザーで「マイクロソフトダウンロードセンター」へアクセスし、パソコンにインストールすれば完了です。
 
undefined

マイクロソフトダウンロードセンターの右上にある検索ボックスに「PowerPoint Viewer」と入力して検索する

 
undefined

検索結果の「PowerPoint Viewer」をクリックする

 
undefined

「ダウンロード」をクリックし、画面に表示される手順に沿ってダウンロードを行う

 

PowerPoint Viewerは2018年4月で廃止

前述のマイクロソフトダウンロードセンターの検索画面にも注意書きが表示されていますが、PowerPoint Viewer は2018 年 4 月で廃止されます。その時点で、PowerPoint Viewerをダウンロードすることができなくなり、PowerPoint Viewerのセキュリティ更新プログラムを受け取ることもなくなります。

既にパソコンにPowerPoint Viewerがインストールされていれば、これまでと同様に利用することはできますが、何か不具合があっても更新プログラムなどのサポートを受けられないので注意しましょう。

PowerPoint Viewerの廃止に先立って、「Word Viewer」は2017年11月に廃止されており、2018 年 4 月で「Excel Viewer」と「PowerPoint Viewer」が廃止され、OfficeアプリのViewerは姿を消すことになります。これは、そもそもViewerがOffice 2007に相当するバージョンで作られており、開発は実質的に停止していたことと、2010年に無料の「Office Online」が登場して、Viewerが不要になったことなどが原因と考えられます。

 

PowerPoint Viewerに代わるアプリを使う

では、PowerPoint Viewerに代わる別の選択肢はないのでしょうか。マイクロソフト では、PowerPointのスライドを表示するために、次の5つのアプリを推奨しています。

1. Windows10を搭載したパソコンの場合
無料の「PowerPoint Mobile」アプリをインストールすると、PowerPointで作成したスライドを表示できます。PowerPoint Mobileはタブレット端末向けのアプリですが、ノートパソコンやデスクトップパソコンにもインストールできます。ただし、スライドの作成や編集は行えません。
 
undefined

Microsoftストアで「PowerPoint Mobile 」のキーワードで検索し、「無料」ボタンをクリックする。Microsoftストアで検索できない場合は、いったんブラウザーで「PowerPoint Mobile」で検索し、検索結果の一覧から「PowerPoint Mobile」のダウンロードページに移動すればよい

 
undefined

PowerPoint Mobileを起動し、作成済みのスライドを開いた図。 PowerPoint Mobileの起動時にはマイクロソフトアカウントの入力を求められる


2. iOSを搭載したデバイスの場合
iPhoneやiPadなどを使って、PowerPointでスライドを作成・編集するには、Apple Store から無料の「PowerPoint」アプリをダウンロードします。ただし、PowerPointのすべての機能が使えるわけではありません。
 
undefined

iPhoneのApple Storeで「PowerPoint」アプリを検索した図

 
undefined

iPhoneで PowerPointアプリを起動し、作成済みのスライドを開いた図。iPhoneを横置きにして利用することもできる


3. Androidを搭載したデバイスの場合
Google Play ストアから無料の「PowerPoint」アプリをダウンロードします。iOS を搭載したデバイスと同じく、PowerPointのすべての機能が使えるわけではありません。


4. Office 365を試してみる
「Office 365(おふぃすさんろくご)」は、毎月または毎年、一定の料金を支払うことで継続的に最新のOfficeを利用できる「サブスクリプション型」のOfficeです。電気屋さんなどでOfficeのパッケージを購入しなくても、Web上で手続きしてすぐに使い始められるのが特徴です。また、最大 2 台の Windowsパソコン または Mac、さらに最大 2 台のタブレット端末と2台のスマートフォンにインストールできます。

Office 365には、1か月の無料お試し期間が用意されており、PowerPointだけでなく、Word、Excel、Outlookのすべての機能を試すことができます。
 
undefined

Office 365のサインイン画面。無料版を使うには、「Officeを入手」をクリックする

 
undefined

Office 365 Soloの「無料で試す」をクリックして、画面の手順に沿ってインストールする


気を付けたいのは、1か月の無料お試し期間が終わると、月間使用料金が発生すること。無料期間だけで終了したいときは忘れずにキャンセルの手続きをしてください。

5. Windows 7 または Windows 8/8.1 を搭載したパソコンの場合
マイクロソフトアカウントを取得すると無料で利用できるWeb上の保存場所の「OneDrive」にPowerPointのスライドをアップロードし、「PowerPoint Online」を使って表示します。

PowerPoint Onlineは、Web上の無料のアプリなので、あらかじめインストールする必要はありません。インターネットに接続できる環境さえあれば、どこでもPowerPointのスライドを表示できます。一部の編集機能は利用可能ですが、すべての機能が使えるわけではありません。
 
undefined

OneDriveに保存したPowerPointのスライドをクリックすると・・・

 
undefined

PowerPoint Online画面に切り替わって、スライドが表示される。

 
undefined

上部の「プレゼンテーションの編集」→「ブラウザーで編集」をクリックすると・・・

 
undefined

PowerPoint Onlineの編集画面に切り替わる。グレーアウト(淡色表示)している機能は使えない。ファイルは自動的にOneDriveに保存される


「PowerPoint Online」を使ってスライドを表示する方法は、Windows10のパソコンでも利用できます。手軽で使いやすいため、個人的には一番おすすめの方法です。

移動時間を利用して電車の中などでスライドを確認したり、出張先のパソコンにPowerPointがインストールされていなくても慌てることがないように、上記5つの方法から自分に合った方法を試しておくといいでしょう。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。