大人の春ファッションはGUのオシャレスカートで始めよう

GU,スカート,コーデ

3000円以下でオシャレに春っぽくなれる高見えスカートは絶対買い!

まだまだ寒いですが春トレンドが気になる今の時期、真っ先に履きたくなるのはスカート! 見た目も履き心地も軽やかなスカートは春気分を取り入れるのにぴったり。今回は、大人の女性にぴったりなGUのおすすめ春スカートを5点ピックアップしてみました。どれも履く場所を選ばない膝下丈で、2490円(税抜)以下とプチプラ。売り切れる前にチェックしてみて下さいね!

春トレンド大本命 チノ素材のマキシスカートできれいめカジュアル

GU,チノフレアマキシスカート

GU チノフレアマキシスカート 2490円(税抜)

春のトレンド大本命の、チノ素材を使ったチノフレアマキシスカート。注目したいのは、共布の幅広いベルトが付いていて、着こなしの幅をぐっと広げてくれるところ。左のベージュのようにくるっと巻いただけでもこなれた雰囲気になりますし、右のカーキのようにリボン結びをするとキュッとウエストが締まり、大人可愛い雰囲気に仕上がります。

またベルトなしでも着用でき、腰回りがスッキリとした印象。モードな着こなしとも、デコラティブなトップスとも相性◎。ぴったりしたカットソーや大人なシャツ、スポーティーなゆるスウェットなど、あらゆるテイストのトップスを今年らしいバランスに仕上げてくれる万能スカートです。

フロントに切り替え入りの上品なきれいめフレアスカート

GU ハイウエストフレアミディスカート 1490円(税抜)

GU ハイウエストフレアミディスカート 1490円(税抜)

フロントに入った切り替えでアクセントをプラスし、ただのフレアスカートで終わらせないのが、さすがGU。ハイウエストフレアミディスカートは、カジュアルにもきれいめにも着こなせてコスパも抜群。ウエストにタックが入っていて、きれいな落ち感のフレアが楽しめます。

少し厚手の生地で、今から履ける素材感も嬉しいポイント。今の時期はニットを合わせて、春になったらカットソーやシャツを合わせて大人可愛いスタイルに仕上げるのがおすすめ。普段コンサバや甘めなテイストがお好きな方のワードローブにしっくり馴染むデザインです。このプライスでこのクオリティは迷わず買いたい!

春夏のトレンド、爽やかな大きめチェックを美シルエットで先取り

GU,チェックナローミディスカート

GU チェックナローミディスカート 1990円(税抜)

秋冬のグレンチェックに続き、春夏はマドラスチェックなど大きめで涼やかなチェックが流行る、と話題。全体にチェック柄を使用したスカートはボリュームが出そうですが、このチェックナローミディスカートは縦長のタイトなシルエットなので、すっきりとスタイル良く見えるのが特徴です。

ウエスト周りは、前はスッキリしたルックスを保ちつつ、後ろがゴムになっていて履きやすさも抜群。バックには少しスリットも入っていて足さばきが良く、タイトスカートにありがちな窮屈さはゼロ。落ち着いた色味なので、きれいめなオフィスコーデにも、スウェットやカットソー、スニーカーを合わせた休日のカジュアルコーデにも使え、いろんなテイストの着こなしが楽しめるのも嬉しいアイテムです!

とろみ素材のトレンチコート風デザインが新鮮

GU トレンチAラインスカート 1990円(税抜)

GU トレンチAラインスカート 1990円(税抜)

清楚な膝下丈のトレンチAラインスカートは、トレンチコートのディテールを取り入れた新鮮なデザイン。合わせやすく、かつ旬な雰囲気を取り入れられるきれいめスカートは、変化のつけにくいオフィスコーデにもぴったり。ニットやカーデ、カットソーなどに万能に合わせられ、大人の女性が着回しやすいアイテムです。トレンチのトラッド感を生かしたシックなベージュとネイビーのカラバリも絶妙。

都会的なアスレジャースタイルが楽しめるアシメスカート

GU アシンメトリックヘムミディスカート

GU アシンメトリックヘムミディスカート 1990円(税抜)

裾がアシンメトリーにカットされているアシンメトリックヘムミディスカートは、使いやすさとオシャレな抜け感が両方楽しめるアイテム。左右非対称にすることで動きが生まれ、普通のコーデでもどこかオシャレに見える、という効果が。

カラバリもホワイト、ブラック、ブルーとパキッとした色使いで都会的な印象。アスレジャースタイルを楽しむのにもぴったりです。こちらはレアな超大型店・オンラインストア限定アイテム。パーカーやTシャツなどを合わせてアクティブな雰囲気にまとめるのもオススメです。

いかがでしたか?これ一点で春気分が楽しめるスカートをぜひ取り入れてみて下さいね!以上「GUで見つけた!2490円以下の大人な春スカート5選」でした。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。