実家を二世帯に改築。予算は2000万円を考えています

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、保険商品で資産形成しているため、月の保険料が9万円超という32歳の会社員男性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

 
実家を二世帯に改築。予算は2000万円を考えています

実家を二世帯に改築。予算は2000万円を考えています




■相談者
りょうちんさん(仮名)
男性/会社員/32歳
関東/実家で親と同居

■家族構成
祖母(80代)、両親(ともに50代)、妻(専業主婦/20代)、長男(2歳)、次男(0歳)

■相談内容
現金の貯蓄が少なく、また将来の子供の教育費などが不安です。老後も心配の種なので、保険商品で資産形成を行っています(保険類は医療保険以外は100%以上の返戻率)が、それでも大丈夫か不安です。妻は長男の出産前から仕事を辞め、現在も専業主婦ですが、次男が今年末で1歳になるので、来年度に保育園に預けられたらパート程度で就業したいと考えています。しかし待機児童が多い地域なので、どちらかしか入れない、別々の保育園になる場合などは、次男が幼稚園に入るまで就業しないことも視野に入れています。また、妻が確実に働き始められる3年後ぐらいに二世帯住宅への増築も検討しています。予算は流動的ですが、2000万円程度かけたいと考えています。加えて、共働きになればiDeCoと投資に資金を回したいとも考えています。ご確認宜しくお願い致します。

■家計収支データ
相談者「りょうちん」さんの家計収支データ

相談者「りょうちん」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)加入保険について
1.夫/医療保険(定期タイプ、入院5000円)=保険料3000円
2.妻/医療保険(定期タイプ、入院1万円)=保険料6000円
3.長男/学資保険(払込期間15年、18歳満期、満期金325万円)=保険料1万5000円
4.夫/終身保険(死亡保障200万円、払込期間10年、37歳払い込み終了=解約返戻金130万円)=保険料1万円(長男・学資保険代わり)
5.夫/終身保険(死亡保障650万円、払込期間15年、46歳払い込み終了=解約返戻金530万円)=保険料2万8000円(次男・学資保険代わり)
6.夫/終身保険(死亡保障1000万円、払込期間29年、60歳払い込み終了=解約返戻金900万円)=保険料2万6000円(老後資金用)
7.夫/終身保険(70歳払い込み終了、死亡した年齢から70歳までの差の年数分、毎年50万円が年金として受け取る)=保険料6000円

(2)増築費用について
2000万円はあくまで増築費用のみで諸経費は別途かかることを考慮して、借り入れを検討する。両親からの援助はない。

(3)ボーナスの使いみち
9割を手数料がかからない自動車ローンの繰り上げ返済に使用し(1年後に完済予定)、1割は家族旅行。ローン返済が終われば、その分は全て貯蓄にまわす予定。

■FP深野康彦の2つのアドバイス
アドバイス1 現金を増やすことを最優先に
アドバイス2 妻の収入が今後のマネープランを左右する
 

アドバイス1 現金を増やすことを最優先に

家計を見る限り、目立って無駄な支出はさほど見当たりません。現金貯蓄が少ないのは、支出が多いのではなく、資産づくりをすべて保険商品でしているためです。その意味で、資産づくりは確実にしていると言えます。

とは言え、手元資金=貯蓄が50万円であること、保険料コストが月9万4000円であることを考えると、保険商品に資産配分が偏っていると言わざるを得ません。資金の流動性がないため、急に資金が必要なときに対応できないというリスクがあります。もし、そのためにローンやキャッシングを利用すれば、利息という余分なコストを抱えます。保険商品はすべて元本割れはしないということですし、貯めやすいというメリットもありますが、少なくとも、これ以上保険加入はしないことが大切です。

したがって、今すべきは現金を増やすことです。1年後に自動車ローンが終わり、またボーナスの9割をこれまで同ローンの繰上返済に充てていたとのことですから、それも合わせて貯蓄に回るとなると、年間で90万円貯蓄額がアップします。結果、現状の月2万5000円の貯蓄と合算して年間120万円。少なくとも、1年後から、実家の改築でローンを組むまでの2年間は、このペースで貯蓄が可能であり、ぜひその金額を目指してほしいと思います。
 

アドバイス2 妻の収入が今後のマネープランを左右する

次に、現状で各資金が用意できるかどうかですが、教育資金は、保険商品で用意できるのが985万円。私立大学文系で卒業までに大学にかかる費用は平均390万円、理系で520万円ですから、2人分の大学費用はほぼ用意できると考えていいでしょう。ただし、受験のための進学塾費用や大学への通学費用、また東京や関西等、自宅通学できない大学に進学した場合、仕送りが別途発生(平均で月8万円ほど)します。そこは頭に入れておいてください。

住宅資金は、必要となるのが予定では3年後。二世帯住宅への改築費用として考えている2000万円を、仮に全額借り入れした場合、30年返済、全期間固定で金利1.5%とすると、毎月の返済額は6万9000円。家計は赤字になりませんが、年間で80万円支出が増えますから、35歳からは年間貯蓄がそれまでの3分の1、40万円に減ります。そのままのペースなら、60歳で手持ち資金は1300万円ほど。教育資金が学資保険の満期金等でカバーできるなら、これに退職金と、りょうちんさんの終身保険の解約返戻金900万円を加えた金額が老後資金となります。

気になるのはこれで老後資金は足りるかどうか。しかし、老後生活においてはまだ不確定要素があるため、断言はできません。ただし、先の試算では、住宅ローンの完済が65歳ですから、りょうちんさんも言われているように、奥様が働くことで貯蓄ペースを高く維持していくことが、今後のマネープランの大きなポイントになるかと思います。

具体的には、住宅ローンと同額程度、パート収入から月7万円を貯蓄ができれば理想的。30年間継続できれば約2500万円、貯蓄を上乗せできます。そのうち、一定額をiDeCoに回したいとのことですが、口座の名義は収入の高いご主人にしてより節税効果を受けましょう。また、iDeCoには口座管理料や手数料コストが発生します。金融機関によってその金額は異なりますので、事前によく調べておくことをおススメします。
 

相談者「りょうちん」さんより寄せられた感想

アドバイスを頂戴し、夫婦共に安心できたというのが本音です。自分たちに足りていなかったであろう現金の貯蓄が、やはり必要なものと捉えることができ、今後の計画をどのように進めるべきか理解できました。またどの程度金額がショートする可能性があるかも理解できたので、妻も具体的な金額目標を持って仕事を探すことに取り組めます。本当に相談して良かったと思います。夫婦でしっかり協力・相談しながらマネープランを考えつつ、生活していきたいと思います。ご協力ありがとうございました。



教えてくれたのは…… 
深野 康彦さん  
 
undefined

 

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武

【関連記事をチェック!】
31歳貯金360万。住宅ローンと学費、老後資金が心配
29歳貯金500万。老後の備えを何もしておらず心配に
36歳貯金40万。頭金ナシで4000万円の住宅購入したい
36歳子ども2人。貯金ゼロで毎月7万円以上の借金返済
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。