バームとは?乾燥肌にオススメな理由は?

g

乾燥する季節は保湿力の高いバームがオススメ

最近よく耳にするバームとは? 何の材料からできていて、どんな効果があるのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

市販されているバームは、ミツロウやワセリンなど油脂性の高い成分を半固形状にしたものが一般的。

常温では半固形状ですが、肌にのせると体温でバームがオイル状に溶け出し、肌に伸ばしやすいテクスチャーになるのが特徴の1つです。私のように、このテクスチャーが好きという人もいるのでは?

油脂性に高い成分を持つため、通常のお手入れの最後に塗ることで、水分などを閉じ込める、いわゆる蓋の役割をしてくれます。潤いを逃さないために使用する、乾燥対策の最後の仕上げにうってつけなのです。

また、乾燥で皮がむけてしまったり、ごわごわしたり、かゆみが出ている肌でも傷口にしみこみにくいので、優しくケアできます。しかも、合成着色料や合成保存料などを配合せず、自然由来の低刺激な成分が多く含まれているため、敏感になっている肌や季節の変わり目で揺らいでしまった肌にもオススメ。

クリームとバームの違いは?

t

体温でバームが溶け出す感じが好き!


ちなみに、クリームとの違いは下記のとおりです。

クリーム:
テクスチャー柔らかい。水になじみやすいため肌への浸透力がよい。
ただし、傷口などにもしみやすいというデメリットもあります。

バーム:
テクスチャー硬い。浸透力が弱く蓋という役割。潤いを逃さない、浸透しないため、揺らいだ肌でも使えるなどのメリットもあります。



バームのオススメの使い方

バームのことがわかったら、次はバームのオススメの使い方をご紹介します。

【バームの使い方1】紫外線予防
バームの中でもシアの木の種子から作られる植物油脂成分「シアバター」配合のものは、紫外線予防効果が期待できます。近所の買い物や洗濯物を干す、ゴミ出しなど短時間の外出などに。また、肌が敏感になっている時の紫外線予防にもオススメです。

ただし、あくまでも短時間のみ。屋外でのスポーツや長時間の外出には適しませんのでご注意ください!

【バームの使い方2】リップクリームやメイク直しにも
s

リップグロス代わりにも使えます

リップクリームには、バームに配合されている成分に似たロウが含まれているため、リップクリーム替わりにも使えます。また、ツヤを出すことにも適しているので、リップグロス替わりや、頬に使えば小じわを隠したツヤ肌に。指でトントンつければ程よいツヤ感を演出してくれます。また、メイク直しの際に綿棒につけて使用すれば、気になる部分のみメイクオフすることもできます。

【バームの使い方3】ネイルや髪など全身に使える
バームはハンドクリームとしても使える

バームはハンドクリームとしても使える

顔はもちろん、ハンドクリーム替わりやボディクリーム替わりにもつかうことができます。
また、ヘアオイルやヘアバターの代わりに髪に使用することも可能。しっとり感とツヤ感をの両方を与えることができます。その際、適量を手に取り少し柔らかくしてからなじませるように。もちろん、ネイルオイル代わりにも使えます。

個人的には花粉症の症状が出る時期は、鼻をかむ前に鼻の周りにバームを塗ってからかむようにしています。こうすることで、皮めくれやカサカサ防止に。かんだ後にもう一度塗るとより効果的です。

次のページでは、私が実際に使ってこれはオススメ!というバームを4品ご紹介します。