浅草寺の雷門から御朱印巡りスタート

編集部のM美さんが、かわいい御朱印を集めたいと言うので、浅草へやってきた。
浅草で御朱印をもらって上野に向かって歩く

浅草の浅草寺、雷門で待ち合わせをした

仲見世通りを浅草寺へ。途中、揚げ饅頭を買って食べるM美さん。仲見世のお寺に近い場所にある「九重」さんでは1個からあげまんじゅうを売ってくれる。
浅草の仲見世通りにある「九重」さんのあげまん

あげまん(130円) 揚げたて!

熱々の揚げ饅頭をいただき、浅草寺へお参り。影向堂へ。御朱印はこちらでもらうのだ。さて、きょうは浅草周辺で御朱印をたくさんいただくぞ!

≫≫浅草御朱印散歩のルート
 

浅草寺、被官稲荷神社で最初の御朱印をいただく

浅草で最初の御朱印をいただく。被官稲荷の御朱印がかわいい

金比羅山で買ったというM美さんの御朱印帳。今日はこれに集めていく

ひとつめの浅草寺へ。御朱印はお参りした証なので、まずはお参りをしてから御朱印をいただこう。ご本尊などにカメラを向けるのは禁止されているところも多いので、気をつけてほしい。

また、御朱印をいただいたときにお支払いするお金を初穂料という。できれば、お釣りがいらないように支払をしたいところだ。
浅草寺の御朱印の初穂料はそれぞれ300円。

御朱印は「ご本尊聖観世音菩薩」(右)と浅草七福神の「大黒天」(左)、2ついただきました


■DATA
浅草寺
〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
開堂午前6時~閉堂午後5時
御朱印:各300円

その隣にある浅草神社へ行こう。浅草神社をお参りしたら、その奥にある被官稲荷神社にもお参り。
御朱印は「浅草神社」の授与所でいただける

浅草神社の末社としてその境内に祀られている被官稲荷神社


被官稲荷神社の御朱印は浅草神社の授与所でいただける。というわけで、さらに2つの御朱印をいただいた。
浅草神社・被官稲荷神社の御朱印はそれぞれ500円。

浅草神社(左)と被官稲荷神社(右)の御朱印


■DATA
浅草神社
被官稲荷神社
〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
御朱印:各500円

あっという間に4つの御朱印をいただいた。
それではランチにしましょう。
 

浅草名物「神谷バー」の「割烹神谷」でランチ!

神谷バーにやってきたけれど、3階に「割烹神谷」というのがあるのを見て、鍋が食べたいと言うM美さん。たしかに、この日は寒く、雨まで降ってきた。鍋で体を温めたい。というわけで3階へ。
神谷バー名物のデンキブランをいただこう。
浅草周辺で御朱印巡りの一休みで神谷バーへ

デンキブラン 280円

寄せ鍋をチョイス。1人前2040円で2人前から注文できる。けっこうコスパがいい。
浅草周辺で御朱印集めの休憩にごはん

体が温まる寄せ鍋1人前2040円(2人前から)

さて、お腹もいっぱいになったところで、次の目的地、今戸神社へ。
 

今戸神社は浅草の猫スポット! 招き猫の御朱印がかわいい

この今戸神社はM美さんが一番楽しみにしていたところだ。御朱印がかわいいとの噂を聞いたらしい。
浅草のかわいい御朱印をいただける招き猫発祥の今戸神社

今戸神社 台東区今戸1-5-22

境内には招き猫にまつわるいろいろなものがたくさん並べられていた。
浅草のかわいい御朱印をいただける神社には招き猫モチーフのじょうろが無数にある

招き猫モチーフのじょうろが無数にある

縁結びのパワースポットとしても人気だ。

 
浅草の今戸神社の御朱印

今戸神社の御朱印

■DATA
今戸神社
〒111-0024 東京都台東区今戸1-5-22
9時から 17時まで
御朱印:300円

お次は浅草富士浅間神社へ。
 

境内の富士山が⁉ 浅草富士浅間神社

江戸時代に盛んだった富士山信仰の神社。境内には富士山を模した山がある。
浅草富士浅間神社の富士塚

お参りしたあとぜひ富士塚に登ろう

社務所には誰もいらっしゃらなかったので、御朱印は、さきほどの浅草神社でいただく。
浅草神社で御朱印をいただいた

浅草富士浅間神社の御朱印

浅草富士浅間神社の御朱印、初穂料は500円だった。今度は吉原方面へ歩く。

■DATA
浅草富士浅間神社
〒111-0032 東京都台東区浅草5−3−2
御朱印:500円
 

吉原弁財天、吉原神社……カラフルな社殿が特徴

次は吉原弁財天。こちらはカラフルな社殿になっている。中には鯉が泳いでいる池があった。
 
とてもカラフルな浅草の弁財天で御朱印をいただく

吉原弁財天 台東区千束3-20-2

社務所はないので、こちらの御朱印は吉原神社でいただこう。
 
吉原弁財天の御朱印

吉原神社 台東区千束3-20-2

こちらが2社の御朱印となる。初穂料はそれぞれ500円。
蛇の絵が印象的な吉原弁財天の御朱印

吉原神社(右)と吉原弁財天(左)の御朱印

蛇の絵が印象的な弁財天の御朱印。
以前、吉原を散歩してときにもこの2社を訪れた。
鰻を食べて、新吉原界隈を歩く (全文) [散歩] All About
このとき、「吉原今昔」を買ったが、今もまだ売っていた。吉原に興味もある方は買ってみるといいだろう。

■DATA
吉原弁財天
〒111-0031 東京都台東区千束3-22
御朱印:500円

吉原神社
〒111-0031  東京都台東区千束3丁目20番2号
御朱印:500円
 

浅草鷲神社でなでおかめをなでる

次は浅草鷲(あさくさおおとり)神社に向かう。酉の市発祥の神社だそう。
浅草大鷲神社は酉の市発祥の神社

浅草 鷲神社 台東区千束3-18-7

浅草鷲神社の名物ともいえるのが「なでおかめ」。大きなおかめの、どの部分を触るかでご利益が変わってくるのだそうだ。M美さんは顔じゅう撫でまわしていた。僕は金運にいいという鼻を撫でてみた。
浅草大鷲神社の御朱印代は500円。

熊手や「なでおかめ」が描かれている御朱印(左)

こちらの神社は椅子もあり、お茶などが自由に飲めるのがうれしい。さて、ここから入谷方面へ歩く。

■DATA
浅草鷲神社
〒111-0031 東京都台東区千束3丁目18−7
御朱印:300円
 

秋葉原から松が谷に移転した秋葉神社

松が谷にある秋葉神社までやってきた。
もともとは秋葉原駅のところにあった、神社。秋葉さんと人々に親しまれ、秋葉さんの原っぱということで、秋葉原という地名になったんだそうだ。駅ができることで、こちらに移転してきたそうだ。

以前の記事で、秋葉原駅から秋葉神社まで歩いている。
おそれ入谷の元祖カツカレーの店を訪ねる (全文) [散歩] All About
 
浅草にある秋葉神社は火防(ひよけ)のご利益がある神社

秋葉神社 台東区松が谷3-10-7

御朱印は、社殿のすぐ隣の社務所でいただく。
秋葉神社の御朱印代300円

秋葉神社の御朱印


そろそろ陽が落ちてきたので、次が最後かな。矢先稲荷(やさきいなり)神社に向かう。

■DATA
秋葉神社
東京都台東区松が谷3-10-7
御朱印:300円
 

かっぱ橋道具街から足を伸ばして矢先稲荷神社で御朱印を

かっぱ橋道具街からほど近い場所にある矢先稲荷神社。ぶらぶら散歩がてらに寄ってみるのもいいロケーションだ。
学業、人徳の成就などにご利益があり浅草周辺の御朱印巡りにもおすすめ

矢先稲荷神社 東京都台東区松が谷2-14-1

拝殿の天井には、神武天皇の時代から昭和にいたる日本馬乗史を描いた絵馬が奉納されていて、圧巻だ。
御朱印以外にも目を引くものが

馬と人の歴史がわかる天井の絵

御朱印はこちら。
御朱印代は300円。

馬の象形文字が印象深い矢先稲荷神社の御朱印


さて、数えてみると、なんと11もの御朱印をゲット!

■DATA
矢先稲荷神社
〒111-0036 東京都台東区松が谷2丁目14−1
御朱印:300円

歩いてJR上野駅へ。なんと、ジャイアントパンダの像にシャンシャンが加わり親子になっていた。
 
浅草から上野の道中でパンダ発見!

以前は1頭だったジャイアントパンダが2頭に!

ということで、ここで本日のお散歩は終了。上野駅から電車に乗ったM美さんから、こんな画像が!
1個から買える。浅草周辺の御朱印巡り終わりにおすすめ

エキュート上野の「餡舎ひよ子」で売られているパンダの大判焼き

揚げ饅頭に始まり、大判焼きで終わった散歩。御朱印もたくさん集められてめでたし、めでたし!

【関連記事】
東京で御朱印をいただくなら! かっこいい&かわいい御朱印巡り
東京メトロ24時間乗車券で行く縁結び神社めぐり
パンダのシャンシャンで盛り上がる街上野でご朱印散歩
東京で御朱印集め!半日で楽しめる有名神社6社巡りコース
東京メトロ24時間乗車券で行く縁結び神社めぐり
 

浅草御朱印巡りの地図とルートのおさらい



今回の散歩は以下のようなルートで神社仏閣を巡った。ぜひ参考にしてほしい。

雷門前

浅草寺
浅草寺の御朱印┃ご本尊聖観世音菩薩

浅草寺┃ご本尊聖観世音菩薩

浅草寺の御朱印┃大黒天

浅草寺┃大黒天



浅草神社
浅草神社の御朱印

浅草神社


被官稲荷神社
被官稲荷神社の御朱印

被官稲荷神社


神谷バー

今戸神社
今戸神社の御朱印

今戸神社の御朱印


浅草富士浅間神社
浅草富士浅間神社の御朱印

浅草富士浅間神社


吉原弁財天
吉原弁財天の御朱印

吉原弁財天


吉原神社
吉原神社の御朱印

吉原神社


浅草鷲神社
浅草鷲神社の御朱印

浅草鷲神社


秋葉神社
秋葉神社の御朱印

秋葉神社


矢先稲荷神社
矢先稲荷神社の御朱印

矢先稲荷神社


上野駅


※ 画像はすべて2018年撮影
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。