ダウンウエアの着こなし強化書 重たく見せない華麗テク

ダウンジャケット、ダウンコート

海外スナップに学ぶ、ダウンジャケットの着こなし・コーディネート術

羽毛ならではのぬくもりがうれしいダウンウエア。妙に着ぶくれして見えないよう、着こなしを工夫したいところ。近頃はデザインのバリエーションが広がってきたのに加え、着こなしの大技・小技も登場。愛用者が続々と増えています。ボリュームを活かして、細感を引き出すこともできるから、この冬は新スタイリングをマスターして、着回しをバージョンアップしてみませんか。

フェミニンなアイテムと合わせることでコントラスト

ダウンアウター

ダウンジャケットに花柄ワンピの好コントラスト 
(c)Rie Miyata


ダウンアウター

ふんわりダウンと軽やかミニプリーツでメリハリを (c)Rie Miyata


ダークフラワーのワンピースのようなフェミニンなアイテムに合わせると、ダウンジャケットとのコントラストが活きます。アウターのアクティブで実用的な雰囲気と、花柄のエレガンスが互いを引き立て合います。もこもこに見せない着方は羽織り物の前を開けるのがコツ。アイキャッチーなデザインバッグを持つと、ダウン特有のカジュアル感を遠ざけられます。

ダウンアウターの装いにガーリーさやきちんと感を添えてくれるのがブリーツ加工のワンピースやスカート。ミニ丈を選べば、若々しくコンパクトな着映え。トートバッグやキャンバス地バッグは普段着っぽさを強調してしまうので、あえてデザイン性のあるバッグや小ぶりのバッグを引き合わせるといいでしょう。


ボリュームを逆手に取って細感アピール

ダウンコート

ダウンコートとブーツをホワイトで統一 
(c)Rie Miyata


ダウンコート

ボウタイブラウスやビジューバッグで華やかに盛る (c)Rie Miyata


ボリュームたっぷりのダウンコートを着る場合は逆にその量感を活かしたコーデが正解。ボトムスをシャープにすることで足がすらっと見えます。スキニージーンズとショートブーツのコンビネーションでさらに細感をアピールして。

羽織り物でボリュームを出して、ボトムスをタイトに仕上げるめりはりコーデが細感を引き出す方程式。内側に着込むトップスに遊び心のあるウエアを選ぶと、着姿がファニーに。バッグやアクセサリーで派手めのタイプをチョイスしても、量感の豊かなダウンならトゥーマッチに見えません。


着こなしにも変化 新技は「肩落とし」

ダウンコート

ストリートとレディーライクの融合が新鮮 
(c)Rie Miyata


ダウンコート

ショール感覚でダウンを羽織って (c)Rie Miyata


ダウンジャケットの着方に新技が登場しています。近頃、人気を得ているのは、襟抜きのような感じで肩からずらし落とすアレンジ。だらしなく見えないように気をつけながら、程よく肩を出すと、女っぽいムードを醸し出せます。ボリュームのあるスカートやワイドパンツのときに使いやすいテクニックです。

そんなに寒くない日は思い切って両肩をはだけてアウターを背中側に落とす着方も試せます。背中にドラマが生まれる点でもダイナミックな見え具合に。ジャケットの袖に腕を通さない肩掛けは広く浸透してきましたが、こちらはさらに一歩先の着こなしにトライしてみたい人におすすめです。


個性派ダウンで見た目も気持ちも弾ませて

ダウンアウター

トレンドカラー「ウルトラバイオレット」に注目 (c)Rie Miyata

ダウンアウター

ボーダー柄で弾むような「柄×柄」コーデ 
(c)Rie Miyata


ダークカラーの無地というイメージが強かったダウンアウターのデザインにバリエーションが広がってきました。ピンクやマルチカラーなど、色の面でも選択肢が増えています。ウルトラバイオレット(すみれ色)系アウターの内側に来たのはマルチカラーのニットトップス。お揃いのマルチカラーのバッグでおしゃれにコーデしています。

グリーンやイエローを迎えたマルチカラーのボーダー柄アウターがフレッシュな表情。さらに、ニットトップスも別色のボーダー柄で弾むような「柄×柄」コンビネーション。これならダウンルックも重たく見えません。

かさばって見えがちなダウンコーデですが、細身ボトムスや肩落とし、斬新カラーなどのスタイリングを工夫すれば、軽やかな装いに仕上がります。ぬくぬく感に包まれながら、新テクニックを組み合わせて冬のおしゃれを楽しんでくださいね。

【関連記事】
冬の着ぶくれ感をオフ! 大人レイヤード実例×10
冬のワイドパンツコーデ。アウターとの正解バランス
賢い「冬セール」の戦法!買うべき品の見つけ方
「ぬくぬくファー&ボア」アウターコーデ
「赤アイテム」!一点投入で旬な着こなし

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。