家について気になるところは数多くあるけど、予算感と手間のかかり具合がわかりづらいリフォームをするのは……と考える方は多いはず。しかし、リフォームすると気持ちはリフレッシュし、暮らしは便利で快適になります。そこで今回は、100万円でできるリフォームプランをご紹介。リフォーム計画のヒントにしてください。

「予算100万円」でできるリフォームって?

リフォーム費用の目安は分かりにくいもの。自分たちで予算は立てられても、予算内でどのようなリフォームができるのか見当がつかない……という方が大半です。

そこで参考にしたいのが、「リクシルPATTOリフォーム」のWEBサイト。リフォーム内容別に、商品代金と工事費を含んだ概算価格が明示されています。

次からは「リクシルPATTOリフォーム」の商品ラインナップを元に、100万円以内でできるリフォームのプラン例を紹介しましょう。


【プラン1】キッチンを丸ごと変えてリフレッシュ
床や壁はそのままで、今のキッチンをホーロー製キッチンに交換(約23~35万円※参考価格)し、コンロ(約11~31万円※参考価格)と水栓(約3~7万円※参考価格)も交換するプランです。
キッチンのリフォームプラン

水や湿気、汚れやキズにも強いホーロー製のキッチン。レンジフードとコンロ前の壁は含み、加熱機器、水栓、キッチンパネルは含まれません。


キッチンのリフォームプラン

ガス、IHともに、最新のビルトイン型のコンロがラインナップ。


キッチンのリフォームプラン

レバー操作で使いやすいキッチン水栓。浄水器内蔵タイプも選べます。


【プラン2】洗面化粧台とトイレを交換して収納量アップ
今の洗面化粧台を、ミラーの裏側に収納が付いたタイプの洗面化粧台(約9~17万円※参考価格)へ交換。トイレはキャビネットつき(約20~32万円※参考価格)へ交換して収納量をアップ。
洗面化粧台のリフォーム

洗髪シャワー水栓タイプの洗面化粧台で、空間にフィットできる間口サイズが選べます。電気温水器セット約14~23万円※参考価格を選択すれば、給湯配管のない場所でもお湯が使えるようになります。


キャビネット付きトイレ「リフォレ」

キャビネット付きトイレ「リフォレ」なら、手軽に収納スペースをつくれます。


【プラン3】玄関ドアと玄関収納を交換して、玄関まわりを一新
玄関ドアを、壁や床を壊さずに新しいものに交換(約25~51万円※参考価格)し、玄関収納もスペースと収納量に合わせたタイプへ交換(約8~18万円※参考価格)。すっきりと美しい空間に一新しましょう!
玄関のリフォームプラン

写真左より、一般地域向け、採風タイプ、寒冷地向けなど、さまざまな玄関ドアがラインナップ。工事は1日※で完了し、壁や床などを傷める心配もありません。※現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。


玄関のリフォームプラン

形やサイズ、扉のカラーバリエーションが豊富な玄関収納。間取りやインテリアにぴったり合うタイプが選べます。


住みながら行えるリフォームは満足度が高い

100万円の予算ですが、組み合わせ次第でいろいろなリフォームができることがわかりましたね。リフォームする理由としては、住宅設備が故障しそう、古くなり掃除してもキレイにならない、使い勝手が悪い、収納が足りなくて片付かないなどがあると思います。

LIXILがリフォーム経験者に実施した調査によると、リフォームした場所はキッチンや浴室、洗面、トイレなどの水まわりが最も多く、次に内装のリフォーム、外装のリフォームと続いています。
出典/住宅リフォーム満足度に関する意識調査(LIXIL)

出典/住宅リフォーム満足度に関する意識調査(LIXIL)*クリックすると拡大します


私の事務所にも、水まわりをリフォームしたいという方がたくさん相談に訪れます。水まわりは毎日必ず使う場所なので、水アカや油分などの汚れがたまりやすく、目につきやすいもの。

また長く暮らすと、家族構成やライフスタイルが変わり、収納場所が足りなくなったり、使い勝手が合わなくなることもあるでしょう。
キッチンの掃除

長年使用したコンロやレンジフードは掃除してもキレイになりにくいもの。そうなるとお掃除のストレスもたまりがちに……。


リフォームした方に聞くと、95.3%がリフォーム内容に満足しています。

その理由は「住みながらリフォームできたから」がトップ。仮住まいが必要になるような“大規模リフォーム”ではなく、住みながら行える“手軽なリフォーム”は、満足度が高いことが伺えます。
出典/住宅リフォーム満足度に関する意識調査(LIXIL)

出典/住宅リフォーム満足度に関する意識調査(LIXIL)


また、満足している理由の2位は「予定通りの予算でリフォームができたから」でした。

無理のない範囲で予算を決めたうえで、リフォーム費用の目安をイメージしながら計画を進めることもポイントになりそうです。

リフォームの費用はきちんと確認を

最初にご紹介した「リクシルPATTOリフォーム」の費用の目安は、商品代金と工事費の合計金額です。工事費には現地調査・配送・取付諸経費が含まれています。

各費用は、商品仕様や工事範囲、リフォームする家の地域状態によって異なるため、一概にいくらとは言えません。正確に知りたい場合は、リフォーム会社に現地調査を依頼し、見積もりを作成してもらいましょう。ほとんどの会社が見積もり作成は無料で行ってくれます。

でも、いきなりリフォーム会社に連絡するのは不安……という方は、「リクシルPATTOリフォーム」の専用コールセンター(フリーダイヤル 0120-810-786)に相談するという方法があります。担当者が丁寧に対応してくれ、ご自宅の近くのリフォーム会社(“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ)を紹介してくれます。

信頼できるリフォーム会社を見つけよう

見積もりを依頼するときに「予算100万円」と伝えても、会社により提案されるプラン内容と金額は異なると思います。そのとき、なぜこの提案になったのかを必ず質問しましょう。質問に対する受け答えを通じて、誠意のある会社・担当者かどうか分かるはずです。

さらに、予算に収めようと細かな調整をしてくれたり、プランを工夫してくれたりする会社なら、信頼してリフォームをお願いできると思います。
ぜひそのような会社を見つけて、手軽なリフォームで家と暮らしの悩みを解決してくださいね。


【関連情報】
リクシルPATTOリフォーム
フリーダイヤル 0120-810-786
【受付時間】9:00~18:00(年末年始、夏季休業日を除く)
http://www.lixil.co.jp/reform/patto/

※この価格は、各商品に応じて、2016年11月、2017年1月、同年4月、10月、11月のいずれかの時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データの上下10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。(消費税別)住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。商品仕様により価格が異なる場合があります。詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。