諦めきれない恋にサヨナラ!

未来のない恋は、今年中に手放なそう!

未来のない恋は、今年中に手放なそう!

本気で好きになった相手との別れは辛いものです。
長い間、思い続けた相手だったり、一緒にいるときに幸せをくれた相手だったり、自分の魅力を引き出してくれるような相手だったりすると、そう簡単には諦められないものでしょう。

でも、その恋、今年中に手放して、スッキリしませんか?
今回は、諦められない恋から抜け出すために、どんなことを考えたらいいのか?について紹介します。


考え方1:「もう無理なんだ」と理解する

恋愛は1人だけの気持ちではできないものです。相手の気持ちが冷めてしまったときや、相手はもう他の人に心を奪われてしまっているときに、何をしても効果はないものです。

それでも、もし相手があなたのことをまだ気になっていたら、いつか必ず連絡がくるでしょう。逆を言えば、「今、連絡が来ない」ということが、「今の相手の答え」でもあるのです。
“サイレントの答え”というのは、強い意思がないと事実を受け止められないものですが、現実を理解することは重要なことです。

ただし、「もう無理なんだ」と理解しつつも、自分を追い詰めないことも大切です。
実は、相手を振るときに、本当の理由を言わない人というのも意外と多くいます。そんなときに徹底的に事実を追求して、心に深い傷を負ってしまう人もいます。

たとえ相手に他に好きな人ができたから別れたのだとしても、その事実を別れる直後に知るのと、別れて相手への気持ちが冷めてから知るのでは、心のダメージの大きさは変わります。
「物事に白黒をつけてスッキリしたい」という人は少なくありませんが、本当にその真実をどこまで知った方がいいのか、というと難しいものです。

例えば、信じ切っていたパートナーに他に好きな人ができてしまったから別れたのだとしたら、男性(女性)不信になるほどのショックを起こす人もいるでしょう。逆に、パートナーが不治の病にかかって、「1人でひっそりと息絶えたい」という人生観から別れたがっているのだとしたら、その出来事は「最愛な人を失う悲劇」になります。

つまり、真実が分からないままだと、「最悪な出来事になる可能性」も「悲劇な出来事になる可能性」もあるわけです。でも、相手が本当のことを言わない限り、結局は、どちらであれ日常生活を変わらず過ごしていくものです。
つまり、どちらであっても、相手は別れたがっていて、また自分自身の生活は変わらないのに、果たして、その真実を知って、トラウマを作ったり、悲しみに暮れたりといった状態にする必要は、本当にあるのでしょうか?

真実が分からないときは、わざわざ知らなくても毎日の生活は変わらないもの。だったら、自分の都合のいい事実を作ってしまった方が、まだ幸せに生きられるとも言えます。
日常生活は変わらないのに、真実をわざわざ知って自分を追い込む必要はないのです。
もちろん知りたい気持ちは、誰にでもあるもの。でも、グレーにしておく生き方も、またあるのです。

あなたが分かっている確かなことと言えば、「相手は別れたがっている(※片思いの場合は、付き合いとは思っていない)」ということ。「だったら、別れてあげる(諦めてあげる)」と思えるくらいの広い心とプライドを持った方が、自分のためにもいいでしょう。もう、自分を追いつめるのは、止めませんか?

中には、別れを切り出した相手から連絡が取れなくなると、相手の家や職場まで行ってしまう人もいます。気持ちは分からなくはないのですが、そんな人が知っておいた方がいいことがあります。それを次のページで紹介します。