楽で可愛いボトムス代表のワイドパンツは選び方で差が出る!

可愛くて楽チンなワイドパンツの後ろにある落とし穴とは

可愛くて楽チンなワイドパンツの後ろにある落とし穴とは

ついついいろいろなことが面倒になりがちな寒い冬。ファッションでも、特にボトムスでは「あったかくて着心地も楽チン」なワイドパンツばかり選んでしまってはいませんか?

確かにトレンドアイテムではありますが、履き方・選び方を間違うと、どっしり感が出やすいワイドパンツ……。ただでさえ太りやすい季節に、着ぶくれ感は絶対に避けたいところ……。

そこでこの記事では、楽チンなワイドパンツでもスッキリ見せられる簡単なコツについて、具体的にお伝えします。

どっしり感が出やすいワイドパンツの選び方&注意点は

大人のボトムスとして定着したワイドパンツ。楽だし、下半身のラインが目立たないのでよく履く、という方も多いですよね? でもワイドパンツは、面積が大きく広がって見えるので実は「どっしりした下半身」に見えてしまう要注意アイテムでもあるんです。
ワイドパンツ

ワイドパンツは細見えする箇所を意識して作ることが大事

まず注意したいのは素材感。人気のベロアやとろみ感のある素材など、柔らかな生地の太めパンツは締め付けがなく、パジャマのような楽チンさが魅力です。でもその反面シルエットの補正力はほぼゼロ……。

そのため、柔らか素材のワイドパンツのトップスは、ジャストサイズが鉄則! 短め丈、もしくは前だけでもウエストインがオススメです。どうしてもルーズなニットを合わせたい場合は上からベルトを巻くなど、とにかくウエストの位置がどこか、を意識するのがコツ。
ワイドパンツ,着やせ

ハリがある素材のワイドパンツは丸みを抑えてくれる

ハリのある素材や厚手のデニムは、足の丸みを抑えてくれるので着やせ効果も。引き締め効果のあるダークカラーを選ぶのもポイントです。太ももやヒップなど、丸みの出やすい部分をフラットに見せてくれ、ルーズになりすぎないのでオシャレ感もキープ。
ワイドパンツ

女性が気にする下っ腹部分を上手くカバーしてくれるタック入り

多少食べ過ぎても目立たないタック入りも優秀です。多くの女性が気にしている下腹部分や太ももの付け根にゆとりを持たせたデザインなので、つかず離れずでラインを自然にカバーしてくれます。

同時に、丈選びも重要なポイント。7分丈のワイドパンツで、華奢な足首をあえて見せると、例えタイツを履いていてもメリハリがつくので細見えします。9分丈のアンクル丈は足もとにできる隙間によって抜け感が出て、シューズともケンカしないので、一番使いやすいと思います。シューズは短めのショートブーツや、スマートなデザインが好相性。ペタンコ靴でもOKですが、少しでもヒールがあればよりスタイル良く見せることができます。

反対に10分丈のフルレングスは靴選びに注意が必要。広がった裾部分がシューズに触れてしまうと生地がたるみ、ワイドパンツの裾広がりなシルエットを崩してしまうのでNG。コーデそのものより足もとのもたつきが目に付くのでオシャレさも半減してしまいます。少しでもヒールがあるものや、甲が見えるバレエシューズ、スニーカーでもローテクなデザインなど、ボリュームがない靴だとより相性が良いです。

ワイドパンツの太さによってシューズ選びも異なるので、シルエットが裾までたるまず、きれいに維持できていればOKと判断し、靴とのバランスをチェックするのが重要です。

簡単なコツを知っておくだけで、どっしり見え&着ぶくれ防止に役立ちます。ぜひ取り入れてみて下さいね! 以上「太って見せない!ワイドパンツの選び方・コーデルール」でした。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。