玄関に収納があっても、靴がいつの間にか増えてしまっていたり、靴以外のものを置いたりして、気づいたら雑然とした空間になっていた……なんてことはありませんか? 

玄関は住まいの印象を左右する場所なので、年末年始が近づき来客が増える時期には、より気になるものです。そこで今回は、すっきりとした玄関をつくる収納リフォームをご紹介しましょう。

なぜ散らかる?靴だけじゃない、玄関に置いてあるモノ

玄関で靴を履く子ども

家族が増えたり子どもの成長に伴い、モノが増えていくのは当然のこと。玄関の場合、靴をしまう場所が足りずいつも出しっぱなし……というご家庭も多いようです。

玄関には、靴以外に置いてあるモノがたくさんあります。例えば、傘、スリッパ、屋外で使う子どものおもちゃや趣味の道具のほか、コートやカバン、掃除用具など置いているご家庭も多いでしょう。

ご家族の人数が多い場合、靴の収納場所が不足しているケースが多いようです。1足でも多くの靴をしまおうと、市販の収納グッズを活用している方もいるのではないでしょうか。
家族人数と靴の数

一家族が持っている靴の平均数の目安。家族が増えると、その分収納を増やす必要があることが分かります。


また、たくさんのモノを置いているため、玄関収納の量が足りないと感じている方は多いようです。ある調査によると、靴の収納はもちろん、靴以外の収納も足りないと答えた方が半数近くもいました。
参考データ/出典:関電不動産開発株式会社「シエリアクラブアンケート(玄関周りの悩みについて)」

参考データ/出典:関電不動産開発株式会社「シエリアクラブアンケート(玄関周りの悩みについて)


置いてあるモノが多い玄関こそ、家族の人数や、暮らし方に合う収納がないと、いくら片付けてもお客様にお見せできるような“すっきりとキレイな空間”にはなりません。

また、収納自体が汚れていたり、古い印象を与えたりする物では、きちんと片付けても美しい空間にはなりにくいでしょう。

手軽なリフォームで、玄関の収納力をアップ!

玄関をすっきりさせるのは、収納を見直してみましょう。現在の靴や傘などがちゃんと収まるよう収納力をアップさせれば、お客様が来ても恥ずかしくないキレイな玄関になります。 

新しい玄関収納にリフォームすると印象は一新されますし、持ち物の量に合ったタイプを設置すれば、“出しっぱなし”もなくなります。そうすれば、いつお客様が来ても慌てずにお迎えできる空間になるはずです。
玄関

靴、傘、小物etc. 玄関は、いつのまにか増えたモノで“ごちゃごちゃ”としがちな場所。スペースや持ち物の量に合わせた玄関収納のリフォームで、スッキリとした空間をつくりませんか?


玄関収納のリフォームというと、スペースにぴったりと合わせた「造作収納」をイメージするかもしれません。しかし、造作収納は工事費用が高く、工事期間も長くなりがちです。

その点、住宅設備メーカーが扱っている玄関収納ユニットは、造作収納のようにスペースの幅や高さに合わせてキャビネットを選べるのに、工事費用は半分程度ですみます。

LIXILの玄関収納なら、サイズのバリエーションが豊富なので、玄関の広さや収納したい物の量に合わせて、ぴったりの形を選ぶことが可能です。工事期間も最短で1日~と、手軽に収納力をアップするリフォームができます。
LIXILの玄関収納

LIXILの玄関収納は、5つの形、2つの奥行が選べます。さらに、特注対応が可能なキャビネットなら、間口や高さにあわせてピッタリと仕上げられます。



すっきりと美しい玄関スペースをつくるコツ

玄関収納を選ぶとき、扉の色・デザインに迷う方はとても多いです。

扉の色は、廊下の色と合わせるとコーディネートしやすく、ちぐはぐな印象を与えません。ただ、廊下や玄関に置く家具は玄関収納だけというご家庭の場合、空間のアクセントになるような色を選ぶのも素敵です。
ローカウンター型の玄関収納

廊下の床材と同じ表面材を用いたローカウンター型の玄関収納。空間に統一感がうまれ、よりすっきりとした印象にまとめられます。

トール型の玄関収納

濃いブルーが印象的な、トール型の玄関収納。空間のアクセントになり、“こだわり感”も演出できます。


古い住まいの場合、玄関に置き型の収納、いわゆる“下駄箱”を置いているケースが多いでしょう。リフォームのために下駄箱を移動すると、下駄箱の裏側の壁紙にカビが生えていたり、静電気で黒ずんでいたりすることが結構あります。

せっかく玄関収納を新しくしても、汚れた壁紙に目が行くとちょっと残念です。こんなときは、新しい玄関収納とマッチする壁紙に張り替え、たたきや照明器具も合わせて交換して、玄関空間全体を一新させることをおすすめします。

玄関を「飾る楽しみ」がある空間に

私がよくお客様にご提案するのが、玄関に飾るスペースをつくることです。

立った時に目に入りやすい高さ約1~1.5mに飾るスペースをつくり、そこに植物や子どもの作品、家族やペットの写真などを飾ると、明るく楽しい雰囲気を演出できます。季節に合わせてあしらいを変えるのもよいですね。
玄関ディスプレイのイメージ

玄関ディスプレイのイメージ。美しく整えた玄関に様々なアイテムを飾ることで、お客様に“おもてなしの気持ち”を表現しましょう。


または、壁面に、LIXILの壁材「エコカラット」を貼るのもお勧めします。「エコカラット」には、空気中の余分な湿気を吸収し、生活臭を軽減する効果があるため、玄関で多い“ジメジメする”“ニオイが気になる”という悩みの解決にも役立ちます。
エコカラット

「エコカラット」は、壁に貼るタイプのほか、パネル化された「ワンタッチパネル」タイプがあります。金具とネジで固定するだけで取り付けられる「ワンタッチパネル」なら、より手軽に明るく快適な場所をつくれます。


玄関がすっきりと美しい空間になると、飾った物がより映えるようになり、楽しみも倍増するはずです。記事を参考にして玄関収納をリフォームして、お客様に自慢できるような空間をつくってください。

【関連情報】
玄関収納
エコカラット
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。