心の闇に飲み込まれそうな夜は、どう過ごす?

孤独な夜に飲み込まれそうなとき、どうする?

孤独な夜に飲み込まれそうなとき、どうする?

失恋、片思いなど、恋がうまくいかなくて辛くて寂しい夜は、心の闇に襲われそうになることもあるものです。そんなときに1人でいると、心が潰れそうになることもあるでしょう。
今回は、孤独な夜に飲み込まれないためにやるべき3つの方法を紹介します。


方法1:気の置けない友達と話す

大切な恋が終わったときや恋がうまくいかないときは、自分がこの世界でたった1人になってしまったような孤独感を感じるものです。
でも、あなたは1人ではありません。
親、兄弟、友人など、あなたの幸せをいつも見守ってくれている人は、必ずいるはずです。

こんな夜は、その大切な人と話すようにしましょう。できれば、その相手は、自分のことをよく理解してくれて、素直に自分の気持ちを話せるような人にした方がいいです。単に楽しい会話をするだけの人だと、今の自分の思いをただただ誤魔化すだけになってしまいますしね。

会って話した方が心は落ち着きますが、それが難しい時は電話やメールなどで心を通わせましょう。それでも自分は一人ぼっちではないことを実感できるものです。
結局、「誰も私のことなんて気に留めてくれない!」なんて思っている時は、心が閉じています。自分で自分をどんどん孤独に追いやっていることにも気づきましょう。

大好きな友達とすぐに会えない時は、次に会う約束をしてみましょう。そんな風に楽しみを増やしていくと、それを励みに日々の生活を過ごすことができますしね。

逆に、こんな心が弱っているときにしてはいけないことは、むやみに夜の街に繰り出すことです。そんな自暴自棄な状態の時は判断力が弱っているし、気が合わない人と会ってしまったら、さらに孤独感を強くしてしまいます。また、新しい出会いを求めるにしても、一旦、心を落ち着かせてからにしましょうね。

次に紹介する方法は、あるアイテムを使います。次のページをご覧下さい。