離婚を人生のマイナスにしないためには、準備が必要!

離婚して得する人と損する人の違いは、「5つのルールを知っているか」どうかにある

離婚して得する人と損する人の違いは、「5つのルールを知っているか」どうかにありました!

3組に1組の夫婦は離婚すると言われる時代。誰でも一度は「私たち、別れたほうがいいのかな……」「この人とずっとこの先もやっていかれるのかしら?」といった不安が頭をよぎった経験はあるのではないでしょうか。

実際に、離婚を決めた人たちには、幸せになれる人と後悔する人がいます。その差はどこにあるのでしょうか?

今回は、離婚を経験したことが人生のマイナスにならないために、離婚を迷っている段階から準備、検討すべき5つのことについてお話ししましょう。

離婚後の生き方をリアルにイメージしてから、準備スタート!

離婚で損をしない&後悔しないためには、いざというときに冷静に判断できるよう、客観的に心の準備を進めておくのが正解です。

まずは「離婚後の自分の生き方」をリアルにイメージしましょう。

離婚をすることが目的ではなく、離婚後に続く毎日を幸せに過ごしていくことが目標です。そのためにも、離婚をした後、自分がどんなふうに暮らし、何に幸せを感じる毎日なのかを具体的にシミュレーションしてください。そういう身近なことから、離婚で損をしない&後悔しない人生はスタートします。

ルール1.経済的な環境を整える

離婚後の生活を安定させるためには、経済的に安定することが欠かせません。すでにフルタイムで働いていたり、確実に自立できる見込みがあったりする場合はOKですが、もしもそうでない場合は離婚を決める際に大きな課題となります。

「仕事のことは、別れてから考えよう」「働き口は離婚してからでも見つかるはず」といった感覚で、実際に離婚をしてから問題が生じるケースも少なくありません。「もらえるはずの慰謝料が支払われない」「あてにしていた両親からの援助が受けられなくなった」ということも考えられます。

離婚後に困らないためにも、結婚生活をしている間に収入につながる資格を取得しておいたり、就職先を決めて働きはじめたりしておくことが大事。経済的な環境を整えてから離婚の話を切り出すくらいでもタイミングとしては遅くはないのです。

ルール2.離婚経験者の話を聞く

一人で離婚のことで悩み、決断をくだすのはなかなか難しいもの。冷静な判断ができないこともあれば、知識が足りないことで損をしたり後悔したりすることも考えられるからです。

離婚で悩んだり迷ったりすることがあれば、信頼できる離婚経験者や夫婦問題のプロに相談するのがおすすめです。NPO日本家族問題相談連盟が主催する座談会や勉強会などで、同じように離婚に悩んだり迷ったりしている仲間と出会い、本音を打ち明けてみるのも心が軽くなる方法のひとつ。夫婦問題の解決の糸口が見つかることもあります。

ルール3.夫婦の財産を正しく知る

離婚をしたことで、必要以上に経済的なダメージを受けないためには、夫婦の財産を正確に把握しておくことが大切です。

「夫にどれくらいの資産があるのかわからない」「夫の口座を知らない」という人は意外と多いものですが、もしも離婚を考えているなら、夫婦関係が悪化する前にしっかりと知っておく必要があります。結婚生活をしている間に夫婦で築いた財産は、たとえ妻が専業主婦で無収入の状態であっても、離婚する際に公平に清算するということが決まっているからです。預貯金や不動産はもちろん、貯蓄型の保険や自動車、貴金属やゴルフ会員権なども、すべて折半すべき財産に含まれます。

>>次のページでは、離婚を回避する可能性も含めた「離婚で損をしないためのルール」をご紹介します!