家計の足しに空いている時間を有効活用する副業

家計の足しに空いている時間を有効活用したいと、副業を考えている人は増えています。副業といっても、その種類は多岐に渡っていますので選び放題なのですが、何をしたら良いのか分からないという人も多いようです。

料理が得意なら料理を教えて収入を得ましょう。参加者と楽しく過ごせば収入プラスαの効果も?

料理が得意なら料理を教えて収入を得ましょう。参加者と楽しく過ごせば収入プラスαの効果も?



主婦ならでは目線で副業を楽しむ

特に主婦の間で副業を考えている人は多いのですが、パートタイマーやアルバイトで働くといっても日常的に時間的な拘束があるのは無理、急に家の用事で休まなくてはならない等で働きに出ることが難しいこともしばしば。そのようなケースでは、在宅で副業するのが一番です。

最近では料理を教えて報酬を得るという副業に人気が集まってきています。自分で集客するのは難しいと思いますので、この場合には専門サイトに登録し、代わりに集客して貰うという方法があります。サイトの信用力がありますので、ただやみくもに自分で集めるよりも簡単ですが、コンテンツが悪ければお客様は集まりません。ビジネス感覚も必要になりことは、肝に銘じておきましょう。

開催場所は自宅になりますが、開催日は自分の都合で設定することができますので、レッスン時間は家族が留守にしている昼間にする、集客メインなら土日祝日に日程を設定することができるので自由度は高くなります。とはいえ、ただ料理を教えると言ってもなかなか集客は難しいようです。他と差別化するために、パーティ料理、キャラ弁作り等、差別化が必要です。

教えるのはちょっと……と言うのなら、自分が料理をしてゲストに食事を楽しんで貰うというのもアリです。

いずれの場合もおもてなしの心が必要になりますし、参加してくれる生徒やゲストの方々と同じ目線で分かち合う姿勢が求められます。登録するためには、募集サイトごとに条件がありますので、確認してみて下さい。

スキマ時間でお金を稼ぐ

午前中の2~3時間だけ、夕方だけなど、空いている時間を活かして副業したいという場合なら、介護ヘルパーの会社に登録する方法もあります。

介護なんてできないと思うかもしれませんが、介護ヘルパーの会社で求められる仕事は身体介護だけではなりません。生活援助と言って、掃除やゴミ出し、料理や洗濯、病院への付き添い等をサポートする仕事がありますので、チャレンジしても良いでしょう。気になるのはホームヘルパーの資格についてですが、生活援助のみを行う場合には資格は不要。その点から考えても、取り組みやすくやりがいのある仕事なのではないでしょうか。

先に掲げた家事全般ができれば良いのですが、苦手なものがある、できればやりたくない内容があれば事前に申請をして、自分ができることのみでスタートすると良いでしょう。

副業とはいえ、相手となるのは生身の人間です。ある程度、相手にあわせることは必要ですし、料理をする場合には、相手の好みに合わせることも必要です。気配りは欠かせません。

少しばかり面倒なイメージがある仕事ではありますが、話し相手としての役割もありますので、面倒見が良い人や社交的な人には向いている副業です。興味があれば、是非、チャレンジしてみて下さい。

【関連記事をチェック!】
趣味を活かしてプチ稼ぎも!最近人気のネット副業は?
副業の平均収入は3万4698円?副業している人は12%
空き時間にプチ稼ぎ!今注目の副業は


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。