ツナ缶でパパッと温サラダ風!ツナと水菜の和えうどん

所要時間:5分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物うどん

 

人気のツナ缶レシピはコレで決まり! ツナと水菜の温うどん

今や100均でも買えるほどコスパがよく、買い置きもできる缶詰を使ったアレンジレシピは忙しいママや一人暮らしの方に大人気です。冷凍うどんも冷凍庫にストックできるので、味だけでなく手軽さの相性も抜群!

作り方は基本的に混ぜるだけ。つるつるの食感とコシが楽しめる冷凍『稲庭風細うどん』を使うことでより手軽に作れます。電子レンジ(600wで3分20秒)調理すれば、水菜を茹でる際に同時進行できるので、さらに時短になりますよ。

また、旬の水菜は生でもおいしく食べられる野菜ですが、サッと湯通しすることで、ツナやうどんとの馴染みがよくなります。ラップをふんわりとかけて電子レンジ蒸しするだけでもOKです。ハリハリとした水菜の歯ごたえとツナのコクが、コシが強くてなめらかなのど越しの『稲庭風細うどん』と調和して、いくらでも食べられそうな無限レシピに早変わり。とろ~り半熟卵を絡めれば、おいしさもボリュームも倍増ですよ。時間のない時でもすぐに作れる時短レシピ! 今日からご家庭の定番になるはずです。


ツナと水菜の和えうどんの材料(1人分

ツナと水菜の和えうどんの材料
冷凍うどん テーブルマーク冷凍『稲庭風細うどん』1玉
水菜 約50g(2束)
1個(半熟温泉卵)
白だし 小さじ1(お好みで)
【A】
ツナの缶詰 1缶70g(汁気を切っておく)
昆布茶 小さじ1強(顆粒)
オリーブオイル 小さじ2

ツナと水菜の和えうどんの作り方・手順

ツナと水菜の和えうどんの作り方・手順

1:水菜を切る

水菜を切る
水菜は根本を切り落とし、食べやすい長さに切ります。

2:水菜を茹でる

水菜を茹でる
鍋に熱湯を沸かし、水菜をさっと湯通しして、水気を切っておきます。

3:テーブルマーク冷凍『稲庭風細うどん』をレンジ加熱する

テーブルマーク冷凍『稲庭風細うどん』をレンジ加熱する
冷凍『稲庭風細うどん』を電子レンジ600wで3分20秒加熱します(500wの場合3分30秒)。           

4:ボウルに【A】を合わせる

ボウルに【A】を合わせる
ボウルに【A】を合わせておきます。 ツナの缶詰は油漬けでもノンオイルでもOKですが、「ツナの缶詰の汁」をとっておきましょう。

5:うどんと水菜を順に入れて和える

うどんと水菜を順に入れて和える
レンジ加熱した熱々のうどんをボウルに加えて、和えます。水菜も加えてよく混ぜ合わせます。  うどんと具材が混ざりにくい場合、調味を兼ねてあとから「ツナの缶詰の汁」を加えるとよりおいしく仕上がります。油漬けのツナの缶詰の場合は、オリーブオイルの量を減らして調整しましょう。

6:半熟温泉卵をのせて、盛りつけ

半熟温泉卵をのせて、盛りつけ
うどんを皿に盛りつけたら、半熟温泉卵をのせます。お好みで、白だしをかけて召し上がれ。


冷凍うどんと相性抜群! 昆布茶を使ったお手軽レシピ

箸が止まらない、無限レシピに早変わり!

箸が止まらない、無限レシピに早変わり!


今回、調味に使ったのは「昆布茶」のみ。お湯を注いで飲む顆粒タイプの昆布茶は調味料としても優秀で、うどんとの相性も抜群です。昆布のエキスはもちろん、砂糖や塩もほどよく含まれているので、旨味調味料として使えるのです。お使いになるものによって多少塩分が異なりますので、お好みで白だしを加えて味を調えましょう。テーブルマークの公式ホームページでも、昆布茶を味つけに使った「うどんカルボナーラ」を紹介しています。合わせて作ってみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。