おしゃれ? ダサい? 全身黒コーデ

全身黒のコーデの方を多く見かける秋冬シーズン。全身を黒でまとめるスタイリングは上手くいけばおしゃれ見えが叶うのですが、逆に上手くまとめられないと「地味・暗い・ダサい」という残念な評価につながってしまうことも……。

なぜなら、黒という色は、モード感やフォーマルなどの上品で落ち着いたイメージから、厳粛、威圧感、地味といった暗いイメージまで、さまざま表情を持っています。相手に与える印象も強いので、実はコーデにテクニックを要するカラーでもあります。

では、どうしたら全身黒コーデでもダサくならないのか、今回はそのポイントを3つ伝授します!


1.キレイめ×カジュアル要素をミックスする

WEAR

出典:WEAR


全身黒のコーディネートを成功に導くコツは、キレイめ×カジュアル要素をミックスすること。例えば、キレイめのブラックワンピースやオールインワンを着たら、足元はスニーカーでカジュアル要素をプラス。または、キレイめのタイトスカートのトップスにパーカを投入するなどのコーディネートがおすすめです。

ポイントは、キレイめ要素がカジュアル要素を少し上回るくらいのバランスにすること。これを守れば、全身黒コーデのおしゃれ見えが簡単に実現します。

画像は、ブラックのワンピースにブラックのショルダーバッグ、ブラックのスニーカーを合わせたコーデ。キレイめのワンピとバッグに、あえてスニーカーで抜け感を作ることで、今どきのこなれ感を醸し出しています。


2.重さを軽減する、軽やかな異素材をミックス

WEAR

出典:WEAR


黒は、細く見せてくれる引き締め効果や大人っぽさと落ち着いた印象を醸し出す色。それらを活かして上手くまとめるには、全体を重たいイメージにしすぎないことがポイントになります。

そこでおすすめなのがさまざまな素材を取り入れること。とくに、重い印象にならないようにレースなどで透け感を取り入れると、こなれ感が出ておすすめです。例えば、レーススカートのトップスにニットを合わせる、サテンのパンツにはレーストップスを合わせるなど、上下で異素材をミックスするとおしゃれ見えが叶います。

画像は、程よい光沢のあるサテン生地のキャミペプラムオールインワンのインナーに、レースのトップスを合わせたコーデ。レースの程よい透け感があるおかげで、洗練された印象になっています。

 

3.白やカラフルな色を、差し色として取り入れる

WEAR

出典:WEAR


全身黒の威圧感を軽減してくれる、白や赤などを適度に投入するだけで、重たい印象の黒コーデに抜け感が生まれます。

例えば、ブラックワンピに白いスニーカーを合わせたり、赤いシューズ持ってくるなど、差し色を入れるだけでコーデ全体がおしゃれにまとまります。

画像は、大人顔のブラックワンピースに、「CONVERSE(コンバース)」のホワイトスニーカーを合わせてカジュアルに転ばせたスタイリング。スニーカーとバッグが白なので統一感が出る上、コーデに軽やかさが生まれています。


以上、全身黒コーデでもダサく見えない3つのポイントをお伝えしました。これを参考に、黒コーデを成功に導いてくださいね!

========================================
【取材協力】
WEAR(ウェア)
========================================


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。