忙しい朝の救世主!時短ファッション5選

WEAR

(左)出典:WEAR (右)出典:WEAR


仕事や家事、プライベートに忙しい毎日を過ごしているみなさん。特に朝は時間との戦いですよね。寝坊した日はもちろん、ゆっくり服を選んでいる余裕がない人、お手入れに時間をかけている暇がない人も多いはず。

合言葉は「何も考えず、ただ着るだけで、即きちんとコーデが完成!」――そんな時短ファッションテクを覚えておけば、忙しい朝の救世主になること間違いなし。今回は、平日5日間を網羅できる5つの組み合わせをピックアップしてみました。早速、見ていきましょう!


1.ポリエステルやナイロンのカシュクールワンピ

WEAR

出典:WEAR


カシュクールワンピとは、前身頃を着物のように打ち合わせるタイプのワンピースを指します。Vネックのようにデコルテが覗くため、1枚で女性らしく、エレガントに見えます。しわになりにくく、お手入れが簡単なポリエステルやナイロン素材を選べば、忙しい朝にぴったりです。後ろ下がりのヘムラインのものを選べば、テクニックいらずでこなれ感を演出できますよ。

写真のワンピースは、「apart by lowrys(アパートバイローリーズ)」のもので、カシュクール部分に隠しボタンがあるタイプ。1枚で着るときは露出が気にならない仕様ですが、レースタンクなどの見せインナーと合わせるときはあえてボタンを外して着るとラフな印象に。共布のリボン付なのでブラウジングして、シルエットに変化をつけることも可能。肌寒さを感じる場合は、カーデを合わせれば、年間を通して着られます。


2.流行カラーのオールインワン

WEAR

出典:WEAR


コーデを考える暇のない朝は、そのまま着るだけでOKな時短ファッションアイテムが頼れる味方。オールインワンも時間がない朝にぴったりの1枚です。定番のブラックはもちろん使えますが、これから買うなら、今季注目を集めているマスタードイエローを選んでみて。

ただ、お目立ちカラーのオールインワンは1枚でインパクトがあるので、「また同じ服?」と思われそう……という人は、着こなしの幅が広がる機能派アイテムを選ぶのがおすすめ。例えば、写真のオールインワンは、「ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)」のもので、どちらを前にしても着用できる2WAYタイプです。ウエストに共布のリボンが通してあり、両サイドから絞ってウエストを調節することが可能。便利なポケットも付いていて、機能性も抜群なので、どんなシーンでも役立ちそうです。
 

3.キレイ色スカート

WEAR

出典:WEAR


春夏から引き続き人気なのが、レッドやイエロー、鮮やかなブルーといったキレイ色スカート。コーデに投入した途端、トレンド感はもちろん、きちんと見えも叶えてくれる秀逸アイテムです。パッと目を引く華やかな色を着ると、女っぷりも気分も上がります。

写真で着用されているのは、「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」の赤スカート。タックを効かせたフレアシルエットがフェミニンさを演出し、洗練された印象に。前後差のあるイレヘムデザイン(イレギュラーな裾という意味)のスカートは、こなれ感をプラスしてくれるのでテクニックいらずです。定番のボーダートップスのほか、シャツやTシャツなどとあわせるだけでおしゃれに見えます。シンプルなデザインのキレイ色スカートをワードローブに色違いで揃えておくのもおすすめです。


4.ひとクセアイテムのモノトーンコーデ

WEAR

出典:WEAR


ブラック&ホワイトのコーデは失敗しない組み合わせとして根強い人気。オフィススタイルに活用している方も多いのでは?

モノトーンの場合、シンプルすぎるデザインだと平坦に見えてしまうこともあるので、すこしデザイン性のあるものを選ぶのがコツ。こちらは、「Discoat Parisien(ディスコート パリシアン)」のボリュームたっぷりのブラウスに、同じくディスコート パリシアンの肩ひも付きワイドパンツを合わせたコーデ。

ブラウスは今年トレンドのバイオ袖で、立体的でやわらかなシルエット。パンツは肩紐がワンポイントになるだけでなく、ハイウエストデザインで脚長効果もプラスしてくれます。

写真のコーデでは、バッグに今季トレンドのファーアイテムを投入していますが、余裕があればベルトでウエストマークするなど、小物で遊び心を加えると、よりおしゃれ度が高まります。


5.抜き襟シャツ×タイトスカート

WEAR

出典:WEAR


きちんと見えを叶えてくれる最強の組み合わせが、シャツ×タイトスカート。でも、あまりにカッチリしたシャツだと、シワやヨレが気になってしまうことも……。

そこで忙しい人こそ取り入れたいのが、ゆったりとしたビックシルエットシャツやスキッパ―シャツです。コットン100%だと気になりがちなシワも、こなれ感に変えてくれるのがうれしいところ。抜き襟の着こなしをしたり、深めVネックのものを選んだりすると抜け感が出て、おしゃれ度もアップ。時間がない朝も、このコーデを実践すれば、失敗がありません。

カラーは、モノトーンはもちろんですが、写真のようなベージュ×ブラックなどの配色もおすすめ。こちらは、「MODE ROBE(モードローブ)」のVネックスキッパーシャツを活用したコーデ。美しいデコルテを演出してくれる上、上品かつ大人っぽい印象に。トレンドのタイトスカートも、巻きスカートタイプのラップデザイン&長さの異なるアシンメトリーデザインを選ぶことで、おしゃれ度をプラス。短すぎず長すぎないミディ丈ながら、セクシーさも感じさせます。


以上、何も考えずにただ着るだけで、即きちんとコーデが完成する時短ファッション5選でした。忙しい朝でも、これを参考にすれば手抜きに見えず、きちんと見えするコーデに仕上がるので、ぜひ実践してみてくださいね。

========================================
【取材協力】
WEAR(ウェア)
========================================


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。