結婚を控えたカップルのほとんどが購入する結婚指輪。結婚指輪は結婚した2人の絆の証として、結婚式などで交換するのが一般的。左手薬指にはめ続けることで、周囲に婚姻を知らせ、2人で交わした結婚の誓いやお互いへの思いを忘れずにいるという役割を果たしてくれます。

一生という長い期間、肌身離さず付け続けたくなる結婚指輪とはどんなものでしょう。30代のオトナ世代に支持されるブライダル専門店 EXELCO DIAMONDが提案する結婚指輪の選び方と、人気の高い4つの特徴的デザインの結婚指輪をご紹介します。

30代が選ぶべき、結婚指輪の選び方と扱い方

結婚式での指輪交換

婚姻の象徴である結婚指輪。つけ続けることで家族やパートナーへの思いが増すことも


■価格
結婚指輪の費用の相場はふたりで約27.2万円(30~34歳の平均値・ゼクシィ結婚トレンド調査2017首都圏調べ)。年代が上がるほどに、予算も高くなる傾向にあるようです。EXELCO DIAMONDではシンプルなタイプの指輪は8万円から揃います。

ここで知っていて欲しいことは、指輪の価格は素材の値段に比例する、ということ。金属の量が増えれば価格は上がりますが、その分強度も望めます。30代からつけるジュエリーはデザインも大切ですが、重厚感・高級感も考慮に入れたいですね。

■購入時期
結婚指輪は、結婚式の準備が始まる前までに購入しておくことをおすすめしています。結婚式の準備が始まると、何かと忙しくなりゆっくり選ぶ暇がなくなるかもしれません。注文から完成まで1.5~2カ月ほどかかるため、少なくとも結婚式の半年前までに用意するのがおすすめです。

■デザイン
ペアリングを選ぶ率は全体の3~4割。デザインだけで280種類を超えるバリエーション豊富な専門店だからこそ、2人それぞれのこだわりを叶えるリングを見つけてほしい。ペアにこだわらず、お互いが長く愛用できる指輪を選ぶのも、多様性を認める今の時代に合っていると言えるのではないでしょうか。セミオーダーだからお揃い加工を施したり、刻印やシークレットストーンを入れることでペアを演出できます。また、指輪や石に込められたストーリーで2人の指輪の結びつきを感じるという声も。

■サイズ
EXELCO DIAMONDでは、リングのサイズ選びについても重視しています。結婚指輪が初めてのジュエリーという方は結構多く、きついのが嫌でゆるめを好まれる方がいらっしゃいますが、骨格や指の形、生活スタイルによって程よいサイズ感が違ってきます。

■取り扱い方
結婚指輪をお買い求めになったお客様には、扱い方についても丁寧な説明を心がけています。プラチナは本来柔らかい金属なので、入浴や家事など外すべきシーン、歪みや石落ち、サイズ直しのリスクも理解した上で、長く使っていただくためのコツをお話しします。オトナ世代だからこそわかる、大切な品の扱い方をこの機会にも理解して頂ければと思います。

何歳になっても愛されるシンプルな結婚指輪

一生つける指輪ですから、何歳になっても違和感のない「シンプル」な結婚指輪が人気です。シンプルといえどもデザインは千差万別で、小さなダイヤをあしらったものやウェーブ、ヘアラインなどの加工が個性を演出します。

■幸せを運ぶ鳥「マリアージュオワゾー
ヨーロッパでは幸せの象徴として扱われる鳥。鳥の羽をかたどったしなやかな曲線はダイヤモンドを優しく包み、女性の元へ幸せを運びます。オーソドックスなストレートのラインは飽きる事なく使える逸品です。
Mariage Oiseaux(マリアージュ オワゾー)(画像:EXCELCO DIAMOND)

Mariage Oiseaux(マリアージュ オワゾー)(画像:EXCELCO DIAMOND)


■2人の絆がリボンのように結ばれる「リアンフィニ
リボンをイメージしてデザインされたリアンフィニの結婚指輪は永遠を示すインフィニティのよう。柔らかな質感が指に馴染み、2人の愛を永遠につないでいきます。流れるようなラインで埋め込まれたダイヤモンドがあらゆる角度から新婦の左指を彩ります。
Lien Infini(リアンフィニ)(画像:EXCELCO DIAMOND)

Lien Infini(リアンフィニ)(画像:EXCELCO DIAMOND)


卓越した職人技が光るミル打ちのリングは唯一無二の美しさ

EXELCO DIAMONDならではの正確な「ミル打ち」が施されたリングも指名買いの多いアイテムです。狂いなく巡らされたミル打ちはアンティークレースのような繊細な美しさで、どの瞬間に眺めてもうっとりしてしまいます。

■王妃「エリザベート」の名にふさわしい、選ばれし女性に
ベルギー王妃の名を冠したリングは“選ばれし女性のために”というストーリーを持ちます。正確なミル打ちで縁取られたデザインは特別な気品を漂わせます。サイドからの表情も美しいと評判のリング。同シリーズの婚約指輪と重ねると王冠のデザインが浮かび上がります。
Elisabeth(エリザベート)(画像:EXCELCO DIAMOND)

Elisabeth(エリザベート)(画像:EXCELCO DIAMOND)


■新たなる人生の幕開けを示す「ルヴォワール
フランス語でヴェールを意味する“ルヴォワール”。新郎が新婦のヴェールを上げるときが、新しく始まる2人の人生の幕開けです。精緻で優雅な曲線とミル打ち、ダイヤモンドの組み合わせはどんな女性も心踊る愛らしさ。美しいアンティークレースのようなデザインはヨーロッパ発のブランドならでは。
Le Voile(ル ヴォワール)(画像:EXCELCO DIAMOND)

Le Voile(ル ヴォワール)(画像:EXCELCO DIAMOND)


ダイヤモンドの輝きをずっと眺めたくなる、エタニティの喜び

近年注目を浴びている「エタニティ」リングはEXELCO DIAMONDが最も得意とする、ダイヤモンドがぐるりとあしらわれた豪華なリング。EXELCO DIAMONDはメレダイヤにもハート&キューピットが見られるクオリティを誇り、他に類を見ない美しい輝きを左指に留め置く事ができます。

■美しい七色の光「ディスパーション」を放つ結婚指輪
キラキラときらめくダイヤモンドの光を表す“ディスパーション”シリーズのハーフエタニティが一番の人気。モダンかつエレガントなエタニティはどんな指にも似合います。エタニティには珍しい鍛造プラチナを用いているので華奢な太さでも強度は保証されています。好みや使い方に合わせてダイヤの留め方も選べます。
Dispersion(ディスパーション)上/Dispersion 01爪留め1.7mm、下/Dispersion 03彫り留め1.3mm(画像:EXCELCO DIAMOND)

Dispersion(ディスパーション)上/Dispersion 01爪留め1.7mm、下/Dispersion 03彫り留め1.3mm(画像:EXCELCO DIAMOND)


カスタマイズも楽しい!セミオーダーならではの鍛造プラチナ

最もシンプルなミニアチュールのシリーズも多くのカップルに選ばれています。セミオーダーならではのカスタマイズが楽しめるこのラインは、リングの太さも石も加工も自由に選ぶ事ができ、世界で2人だけのお揃いをオーダーする事が可能。

■結婚指輪にオリジナリティを。「ミニアチュール
“細密画”の意味を持つミニアチュール。強度の高い鍛造プラチナとしては珍しく、サイズ直しも可能なこのシリーズは、オリジナリティを大事にするカップルにオススメ。太さやベースライン、ミル打ちやヘアライン加工、石のチョイスなど、組み合わせは無限大。一生の記念になる、自分たちだけの指輪選びが楽しめますよ。
Miniature(ミニアチュール)上/ 2.7mmフラット、中/ 2.7mmフラットundefined上下レースミルundefinedレース留め3ピース、下/ 2.5mmundefinedVラインundefinedミル留めundefined4点留め(画像:EXCELCO DIAMOND)

Miniature(ミニアチュール)上/ 2.7mmフラット、中/ 2.7mmフラット 上下レースミル レース留め3ピース、下/ 2.5mm Vライン ミル留め 4点留め(画像:EXCELCO DIAMOND)


品質に自信があるからこそ丁寧に伝えたい、専門店の結婚指輪

結婚式での指輪交換

大切な結婚指輪を丁寧に選ぶことで、一生大切にするという思い入れと愛着が生まれるはず

一生に一度、大切なパートナーと選ぶ結婚指輪だから後悔のないように選んでほしい、というのが私たちEXELCO DIAMONDのスタッフの思い。ダイヤモンドや指輪の品質に自信があるからこそ、持てる知識を総動員して2人にあった提案をしたいと考えています。良いものを知り、自分に似合うものが見えてきたオトナ世代の方にこそ、実際に手に取っていただきたいリングばかりです。


<関連サイト>
ブライダルリング専門店「EXCELCO DIAMOND」が支持される3つの理由
婚約指輪・結婚指輪のことをプロに聞きたい・相談したい

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。