本当に使える、最愛カーディガンとは?

オフィスファッションにも重宝するカーディガン

オフィスファッションにも重宝するカーディガン

冷房対策や日除けなどで活躍するカーディガン。これから秋に向けて、少し肌寒くなったときにも、1枚持っていると重宝しますね。

最近はプチプラでなんでも買える時代ですが、アラサー、アラフォーといった大人の女性になれば、1枚は上質な素材を使ったカーディガンをワードローブに揃えたいもの。

オールシーズン使えて羽織やアウターにもなるカーディガンは、意外と周りからも見られていますし、ニットは質感がおしゃれの仕上がりを左右します。ぜひ1枚はいいものをワードローブに揃えたいところです。

そこで紹介したいのが、「JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)」のカーディガンなのです。


質のいいカーディガンを選ぶコツとは?

では、いいカーディガンの基準とは何でしょうか?

■天然素材を使用したファインゲージニット
ファインゲージ(Fine gauge)はハイゲージともいい、ファインは「細い」「繊細な」の意で、 細かいゲージで編んだニットを指します(出典:Our Favorite Knit)。ニットの編み目は、ゲージの数値が高くなるにつれて、より細やかな編み目になります。

通常10~14ゲージくらいからファインゲージと呼ばれますが、今回紹介するジョン・スメドレーは、世界でも稀な30ゲージまで編む事ができます。ほかでは体感できないくらい、柔らかく滑らかな肌触りと軽い着心地を楽しめます。

ドレッシーかつエレガントな印象を持つジョンスメドレーのカーディガンは、一度着用すると他は着られないと感じられるほどで、末永く愛用する方が多いんだとか。かくいう私もクルーネックカーディガンを愛用中です。本当に滑らかな肌触りで、着ていて心地いい一品ですよ。

■流行に左右されないベーシックなデザイン
流行に左右されないベーシックな形も長く愛用できるポイントのひとつ。一方で、カラーバリエーションは豊富なので飽きも来ず、リピートしたくなるはず。

■伝統とこだわりを感じるプロダクト
ジョン・スメドレーは、産業革命の初期1784年、イギリス・ダービシャー州マトロックのリーミルズに、ジョン・スメドレー氏とフローレンス・ナイチンゲール女史の叔父にあたるピーター・ナイチンゲール氏の両氏によって設立されたブランド。現在も家族によって経営されており、2世紀以上にわたって築き上げられた、信頼の置ける手作業による仕上げ技術を保持しながら、更なる革新を続けています。

この大量生産、大量消費の今の時代に、手作業にこだわって物作りをしているところに共感と愛着を覚えます。3万円以上と値段は確かに高いのですが、生産者のこだわりが感じられて、プロダクトの背景も愛せますよね。


一番使えるカーディガンとは? 色・形・デザインは?

一番使えるカーディガンとしては、ベーシックで着回ししやすいものをおすすめします。
・クルーネックカーディガン
・Vネックカーディガン
・ロングカーディガン

の3種類が着回ししやすくて使いやすいでしょう。色は、黒やネイビー、肌なじみのいいベージュなど加えて、イエローや鮮やかなブルーなど差し色カラーを揃えるのがよいでしょう。

また、2着目には、ボーダーやレースなど、柄や素材で変化をつけるのもおすすめです。

それでは、ジョンスメドレーから、持っておきたい本当に使えるおすすめカーディガンを5点ピックアップします。


クルーネックニットカーディガン

JOHN SMEDLEY

クルーネックニット 3万3000円(税抜)/JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)

定番の長袖クルーネックニット。ボトムを選ばない合わせやすい丈感と万能なアレンジ力が魅力のアイテムです。1枚での着用はもちろん、インナーにシャツを合わせたり、半袖ニットとのツイン着用もおすすめです。

JOHN SMEDLEY

ボーダークルーネックカーディガン 3万5000円(税抜)/JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)


バリエーションとして持っておきたいのが、デザイン性の高いボーダークルーネックカーディガン。どんなボトムスとも合わせやすいバランスの良いシルエットで、1枚で着ても様になります。左右でカラーが反転している、印象的なボーダー柄なので、コーディネートのアクセントになります。

JOHN SMEDLEY

レース編みクルーネックカーディガン 3万4000円(税抜)/JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)


こちらは、フェミニンなレース編みのクルーネックカーディガン。ジョン・スメドレーの過去のアーカイブから引用したレース柄を使って、カーディガンと半袖ニットが登場しました。ウールですが真夏以外は着用可能。半袖ニットとツインで着ても、腕周りがかさばらないよう工夫されています。レースは女性だけが着られる永遠のアイテム。黒などのダークカラーを選べば、甘くなりすぎず、大人のフェミニンスタイルを楽しめる1枚です。



Vネックカーディガン

JOHN SMEDLEY

Vネックカーディガン 3万3000円(税抜)/JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)

定番のVネックカーディガン。合わせやすい丈感と、1枚でも着られるネックラインで、フェミニンなスタイリングにおすすめです。今の時期は、日除けや冷房対策としても活用できるので、ワードローブに揃えておくと、何かと重宝します。


ロングカーディガン

JOHN SMEDLEY

ロングカーディガン 3万9000円(税抜)/JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)


ゆったりと長めに羽織れるロングカーディガンは今季も旬アイテム。袖をくしゅくしゅと引き上げて、細い手首を見せるのが◎。スカートスタイルにも、パンツスタイルにも、サラッと羽織れるので着回し力抜群です。

以上、ジョン・スメドレーの本当に使えるカーディガンはいかがでしたか? ほかにはない滑らかな肌触りをぜひ試してみてください。
 
========================================
【取材協力】
JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)
========================================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
ZARAで見つけた12のトレンドキーワード【2017年秋冬】
atmosに聞いた! 2017秋売れているスニーカーTOP5
GUのデザインジーンズがお値段以上!おすすめの5本
人気再燃! MCMの2017-18年秋冬の新作バッグ
コスパ腕時計6型!予算1~3万円台のおすすめは?
ユニ×イネス、待望の2017年秋冬コレクション発売!

▼注目のファッションまとめ記事はこちら
アンダー1万円で見つけた! この夏のトレンドバッグ10選
出産祝いやギフトに!センスいいねと言われるベビーアイテム10選
大容量で軽くて高見え!コスパがいい「通勤トートバッグ」8選
3000円以下で買える! オフィスで使えるキレイめパンプス10選
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。