綿棒とオイルだけで小鼻の角栓がごっそり取れる?

綿棒で毛穴の角栓が撮れるって本当?

綿棒で毛穴の角栓が撮れるって本当?

綿棒とオイルで毛穴の角栓オフする方法を解説します。

最近SNS上では、綿棒とオイルを使ったある毛穴ケアが注目を集めています。用意するものは、綿棒とオイルだけ。綿棒にたっぷりとオイルをしみ込ませ、その綿棒で小鼻をくるくるとマッサージするというものです。

「角栓がごっそりとれる」「ブツブツのイチゴ鼻がツルツルになる」と口コミで話題なのですが、果たしてその真相はいかに? ガイドが実際に検証してみます。


そもそも、角栓って何? 取ったほうが良いの?

undefined

ブツブツとした黒ずみの目立つイチゴ鼻……なんとかしたい!


毎日きちんと洗顔やクレンジングをしているのに気になるのが、毛穴に詰まった角栓。まずは角栓とは一体何なのか、おさらいしてみましょう。

毛穴をふさぐように白くポツポツ見える角栓の正体は、皮脂腺から分泌された皮脂と毛穴周りに溜まった古い角質とが混ざり合ったもの。皮脂は3割程度で、残りの7割は角質(タンパク質)といわれています。角栓=皮脂の固まりと思いきや、主な成分はタンパク質なのです。

嫌われ者のイメージが強い角栓ですが、外部から毛穴に異物や細菌が侵入するのを防ぐという役割も担っています。また、皮脂や角質は絶えず生み出されているので、角栓を取り除いても数時間後にはまたできてしまう……というのも、ある程度は仕方がないこと。

では、角栓は取らなくて良いのかといえば、そんなことはありません! ターンオーバーの乱れによって角栓がうまく排出されずにいつまでも毛穴に留まると、毛穴を押し広げて目立たせてしまったり、表面が酸化してブツブツとした黒ずみになったり、アクネ菌が増殖してニキビの原因になったりすることも。そのため、定期的なお手入れは必要なのです。

硬くなった角栓をオイルでゆるめて綿棒で絡めとる!

undefined

メイクの仕上げやリタッチに欠かせない綿棒。スキンケアにも効果を発揮?


それでは、綿棒とオイルを使ったケアは角栓対策にどんな効果が期待できるのでしょうか? 肌が乾燥して硬くなると、毛穴に詰まった角栓も硬くなって排出されにくくなります。また、オイルは肌なじみが良く皮脂との親和性も高いため、毛穴周りの皮膚を柔らかくする効果が期待できます。つまり、硬くなった角栓をオイルでゆるめ、綿棒でマッサージしながら絡めとるというケア理論だといえます。


綿棒とオイルで毛穴の角栓をオフするやり方
1.オイルを綿棒にしみ込ませる

undefined

オリーブオイルをたっぷりとしみ込ませます

綿棒×オイルケアに適しているといわれるオイルはオリーブオイルやベビーオイルなど諸説ありますが、今回はオリーブオイルを使用。たっぷりとしみ込ませます。


2.綿棒で小鼻をくるくるマッサージ

undefined

摩擦で肌を傷つけないよう、あくまでもやさしく

次に、オイルをしみ込ませた綿棒で、小鼻をくるくるとマッサージします。肌を傷つけないよう、やさしくなでてみたのですが……。正直なところ、この時点で角栓が「ごっそり取れる」「ニョキニョキ出てくる」といった劇的な変化は見られませんでした。


3.泡洗顔をしてオイルと角栓を落とす

undefined

たっぷりの泡で丁寧に洗顔。保湿もしっかり

最後に、口コミ通りに泡洗顔でオイルを落とし、化粧水や乳液でスキンケアをして終了! すると、小鼻周りのざらつきがなくなり、手触りが柔らかくなったのが感じられました。この実感が、SNSでも支持される理由なのでしょうね。


ガイドが実践した感想!角栓オフの効果は?

ガイドが実際に試してみて感じた点は以下の通りです。

・「ごっそり除去」というよりは、「穏やかに角栓をゆるめる」というイメージ。

・綿棒でゴシゴシこすると、摩擦ダメージで肌を傷つけてしまいます。あくまで優しくなでる程度に。滑りが悪ければオイルを継ぎ足して。

・角栓の状態にもよりますが、ケアを行うのは月2回程度で良さそう。

・硬くなった角栓を柔らかくしたい人や、身近にあるもので手軽に毛穴ケアをしたいという人向き。

お手入れの効果には個人差があるもの。思うように毛穴の角栓が取れなかったとしても、深追いは禁物です。こすり過ぎは肌を傷めますので、自分の肌に合うケアかどうかを見きわめながら、やさしく行って下さいね。



毛穴ケア関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。