NMAX155の登場で、150ccクラスが活気付くか?

NMAX155フロントビュー

ヤマハ NMAX155フロントビュー


ヤマハの原付2種スクーターNMAXの排気量155ccバージョン・NMAX155がリリースされました。最近は250cc未満125cc以上の排気量のバイクが流行っていて、PCX150やマジェスティSなどが人気です。
 
ライバルはホンダのPCX150

ライバルはホンダのPCX150


個人的にホンダ・PCXとヤマハのNMAXはライバル関係にある車両という印象ですがPCXは150ccバージョンも販売されておりNMAXは販売されていない状態でした。海外では既にNMAX155が発表されている状態でしたので国内導入も噂されていましたが、やはり国内でも販売がスタートしました!
 
マジェスティS

ヤマハ マジェスティS


ヤマハには既に150ccクラスで人気のマジェスティSがありますがマジェスティSと比べてNMAX155の魅力はなんなのか?またPCX150との違いも気になります。いままで150ccクラスはPCX150とマジェスティSが独占していただけに選択肢が増えるのはありがたいところ。
今回も都内の通勤でNMAX155を使ってインプレッションします。
 

NMAX155とマジェスティSの装備の違いは?

NMAX155は基本的には排気量のみNMAXから変更されているようです。そのため基本的な装備は全て共通となります。NMAXのインプレッションの際はライバルのPCXとの装備の違いも紹介しましたが、今回はマジェスティSと比べてみたいと思います。
 
NMAXはABSが標準装備

NMAXはABSが標準装備


まずNMAX155とマジェスティSの大きな違いはABSの有無でしょう。NMAXは原付二種系スクーターで初めてABSを標準装備しましたが排気量がアップしたNMAX155にも標準装備となりました。
 
NMAX155はLEDヘッドライト。

NMAX155はLEDヘッドライト。


灯火類はNMAX155がヘッドライト・テールライトがLEDなのに対して、マジェスティSはテールのみがLEDです。
 
シート下収納スペースはマジェスティSと比べるとせまい

シート下収納スペースはマジェスティSと比べるとせまい


収納面ではNMAX155のシート下スペースは24L。マジェスティSは32Lと容量が大きめ。ハンドル下には両車ともペットボトルなどを入れるスペースがありますが、コンビニフックはステップがフラットなマジェスティSにしか装備されていません。

足つき性はNMAXがシート高765mmなのに対して、マジェスティSは795mmとやや高め。身長165cmの筆者が跨ると、確かにマジェスティSのほうが若干足つき性は悪く感じますがどちらも車両重量が軽いので不安はありません。

最後にNMAX155の燃費は、WMTCモードで45.2km。マジェスティSは37.1kmなのでNMAX155の方が燃費には優れていることになります。装備的にはABS搭載でLEDヘッドライトを採用するNMAX155の方が豪華な印象がありますが収納面で優れているマジェスティSも捨てがたい!
では、両車の走りの違いはどうなのでしょうか?
 

NMAX155とマジェスティsのエンジン特性の違い

NMAX155サイドビュー

NMAX155サイドビュー


125ccのNMAXと比べて、NMAX155はアクセルを開けた瞬間のトルク感が違います。125ccクラスのスクーターと違い明らかにパワフルに加速しはじめます。ただ、中間加速は両車ともにフラットに最高速まで伸びていく印象です。

それに対してマジェスティSはアクセルを開けた瞬間から急激にエンジンの回転が上がり低速時の加速感は三台の中でもいちばん優れています。しかし、この特性ゆえに燃費という点ではPCX150やNMAX155と比べて劣る結果になっているのでしょう。

サスペンションもPCX150やNMAX155が比較的柔らかくしなやかにストロークするのに対して、マジェスティSはかなり固め。特にフロントフォークの動きはかなり硬い感触です。スポーツ走行するのにはマジェスティSの足回りのほうが優れているかもしれませんが街中を走るには足回りの柔らかいPCX150やNMAX155の方が走りやすい印象でした。

60km/hが制限速度の幹線道路では3台とも中間加速に優れているので車線変更も楽々。安定感で言えばしなやかな足回りで前後に13インチで太いタイヤを採用しているNMAX155が一歩リードしている印象でした。

ブレーキは性能は3ポッドキャリパーを採用しているPCX150優位かな? と思いましたが、NMAX155の制動能力も遜色ありませんし、PCX150のコンビネーションブレーキよりもABSが搭載されているNMAX155の方が安心感があります。
 

150ccクラス・スクーターの三台それぞれが魅力的

NMAX155リアビュー

NMAX155リアビュー


PCX150とNMAX155は走った感覚は近い印象です。とくに走り出しがパワフルで、中間加速が癖のないフラットな加速特性の部分はよく似ています。足回りもどちらも町乗り向きの比較的柔らかいサスペンションが組まれており、乗り心地が良く、コーナリング時にもしなやかにストロークするので不安がありません。この二台はひとことで言えば高いレベルで快適性や走行性能のバランスが取れている印象です。

それに対してマジェスティSは、エンジンのセッティングから足回りまでスポーティーな仕上がりになっています。また三台の中では唯一、ステップがフラットなのでコンビニフックを使えたり、ステップに物を置くこともできます。

全灯火類がLEDでアイドリングストップ機能付き、さらにスマホなどの給電ができるDCソケットを備えたPCX150。かたやシート下収納スペースが広く、ステップがフラットで、コンビニフックを備えスポーティーな走りを重視しているマジェスティS。また、このクラスで唯一ABSを標準装備し、13インチのワイドタイヤを前後に装備し抜群の安定性を備えるNMAX155。……どの車種も個性があり魅力的です。自分のライフスタイルと使用目的で選ぶと良いでしょう。

ちなみに私のように毎日の通勤でバイクを使っていて、たまにツーリングへ行くというライフスタイルであれば、PCX150かNMAX155がお勧め。どちらを選んでも満足すると思いますが個人的にはABSを備えたNMAX155が好みです。PCX150のDCソケットつきってところも捨てがたいのですが……。
 

NMAX155ちょっとカスタムするなら

NMAX155は、シート下収納スペースはせまめ。大き目のヘルメットだと収まらない可能性もあります。いつもは社外のリアキャリアをオススメするところですが、純正のアルミダイキャストのリアキャリアが比較的安価で売られています。質感も良いので純正リアキャリアがお勧めです。
  NMAX155はハンドルにカバーがかかっており、ハンドルに装着するアクセサリーが装着できません。スマホアダプターなどを装着する為にもマルチマウントバーを装着しておくと便利です。
  NMAX155の走りはフラットで走りやすい加速感ですが、もう一つパンチが足りないと感じる人もいるはず。その場合はマフラーと駆動系のセッティングを見直すのがお勧め。マフラーはエキパイの途中に膨脹室をつける事で気持ちのよい加速感を実現しているSP忠男のマフラーがお勧めです。
 

追記

比較対象として登場したマジェスティSは2018年にモデルチェンジし、フロントフォークは欧州仕様が採用されました。その結果やや柔らかいセッティングになり街乗りでの乗り心地は大幅に改善されました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。