恋のすれ違いの多くは「誤解」

パートナーとすれ違っていませんか?

パートナーとすれ違っていませんか?

パートナーとのすれ違いは、実は双方の誤解によって生じていることが多いものです。誤解から愛を壊さない前に、気付いた方がいいことを紹介します。

極端な例を挙げると、自分勝手な傾向のある人は、相手の立場まで考えられないので、知らない間に相手に不愉快な思いをさせてしまっていることも少なくありません。
でも、それは、相手を傷つけようとしているわけではなく、自分を心地よくする行為で、結果的に相手を傷つけてしまっていることも多いのです。

そんなとき、その人のパートナーは、「どうして彼(彼女)は、私をこんな目に遭わせるのだろう?」「もう私を好きじゃないのかもしれない」なんて思うものですが、そんな思いを抱いて彼(彼女)を責めたところで、相手からしてみると「え?何のこと?」となることも少なくありません。つまり、思いがすれ違っているのです。

相手が自分勝手なタイプでなくても、すれ違いは生じます。大切な人と喧嘩をしたとき、「どうしてこんなひどいことを言うのだろう?」「どうしてこんなひどいことをするのだろう?」なんて思うものですが、実際は、相手を傷つけようとやっていることは少ないもの。むしろ、相手の心の奥にあるのは、「自分を守らないと怖い」という恐怖心から来ていることも多いのです。

口論をして、心無い言葉に傷つけられることもあるでしょう。でも、言っている方は、相手を傷つけたいと思っているというよりは、むしろ、「このままでは自分が攻撃されて、深く傷ついてしまう」という恐れがあるから、反撃をしている可能性が高いのです。

「浮気」についても、似たようなことが言えます。パートナーが浮気をしたら、多くの人が「相手は自分を裏切った。ヒドイ!」と思うものです。でも、浮気をしている当人としては、「裏切ってやるぞ。ざまあみろ!」と思って浮気をする人は、あまりいません。
それよりは、「イイ女(男)がいるぞ!」とワクワクしてしまって、欲望に負けてしまったとき、また「このままでは“男(女)としての自分”が失われてしまうのでは」という恐れや「毎日がつまらなすぎて、ワクワクした刺激がないと自分が壊れてしまう」という恐怖心があるときに、他の異性と関係を深めてしまうこともあるのです。

もちろん、暴言も浮気も許せるかどうかは別にしても、相手が「パートナーを傷つけようとしてやっている」というよりは、「自分のバランスを保つために、自己防衛としてやっている」ことも少なくない、ということは知っていた方がいいでしょう。

だから、話し合いの際、「どうして私をこんなに傷つけるの?」という思いをぶつけたところで、相手にとっては、自分の内側から来る弱さからやってしまった行為である場合は、傷つけるつもりでやったわけではないので、話が平行線になってしまうことも多いのです。

では、パートナーに傷つけられた人は、誤解をしたまま話し合いをしないためには、どうしたらいいのでしょうか?次のページで紹介します。