お出かけ前のひと手間で髪と頭皮も紫外線対策を!

夏の紫外線はお肌だけでなく、髪にも大敵! 傷んでしまうと切れ毛や枝毛、パサつきの原因に。外に出る少しの時間でも、毎日繰り返すとだんだん傷んでしまいます。そこで、夏の強い紫外線をブロックするちょっとしたテクニックをご紹介します。

髪の長さや量に関係なく全ての方におすすめ。お肌だけでなく髪の日焼け止め方法を知っておくだけで 夏を過ぎた時の髪のダメージが激減しますよ。帽子をかぶる前のベースとしてもお使いくださいね。
紫外線から髪を守る簡単ひとつ結び

hair&make KAORI(anti)

ベースのスタイル

肩すれすれのボブスタイル

肩すれすれのボブスタイル


ヘアアレンジ方法・やり方

帽子の中に入る位置で結ぶ

帽子の中に入る位置で結ぶ

1. 髪の日焼け対策をするには、とにかく陽に当たる面積を小さくするのがポイント。凝ったアレンジよりも、シンプルなひとつ結びの方が紫外線のダメージを最小限に抑えられます。まずは、髪を後ろでひとつにまとめます。今回は帽子の中に入れたいのであまり低すぎず、耳のあたりに。

こめかみあたりの毛を下ろすと自然

こめかみあたりの毛を下ろすと自然

2. 顔まわりの毛を後れ毛として引き出します。そのほか耳うしろ、うなじなどを引き出しても素敵に仕上がります。

片方の手でゴムを抑えながら

片方の手でゴムを抑えながら

3. 表面の髪を崩していきます。一度にたくさん引き出さず少しずつつまむのがポイントです。ここを出しておくと、横から見たときのシルエットがきれいに整い、帽子をかぶって脱いだ時も、ふんわりキープされて安心です。

トップだけでなく全体にスプレーします

トップだけでなく全体にスプレーします

4. 引き出し終わったら、髪にもつけられる日焼け止めスプレーを吹きかけます。分け目の部分や、毛先も忘れずに。

後れ毛だけは残しておしゃれに

後れ毛だけは残しておしゃれに

5. これで終わりでももちろんOKですが、徹底的に日焼けを防ぎたい場合はやはり帽子がおすすめ。ポニーテールの毛先を出さないように入れ込んでしまえば、かなり効果アップ!

髪を下ろす場合の日焼け防止対策

できるだけコンパクトにしたいところですが、帽子が苦手な方や、髪を下ろしたいときもありますよね、そんな時はこの2ステップで紫外線ブロック!
まずは一番紫外線が当たるトップに

まずは一番紫外線が当たるトップに

手ぐしで梳かしながら毛先までつけましょう

そのあとは手ぐしで梳かしながら毛先までつけましょう

正面&バック

無造作な後れ毛でひっつめ髪に見せない!

無造作な後れ毛でひっつめ髪に見せない!

バックシルエットもさりげなく立体的

バックシルエットもさりげなく立体的

使用した日焼け止めスプレー

重ねてつけてもべたつかない全身用日焼け止め化粧水。9種類のアミノ酸配合で肌にも髪にも優しいのにSPF50/PA++++はかなり嬉しい。
エステシモ/ソノワシェイド

エステシモ/ソノワシェイド


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。