100均フリスビー2枚で、簡単!有酸素運動をする方法とは?

100均のフリスビー(フライングディスク)はフローリングで使います

100均のフリスビー(フライングディスク)はフローリングで使います


脂肪燃焼のための有酸素運動は、部屋の中ではドタドタ音がしてしまって出来ない!と思っていませんか?ウォーキングやジョギングは有酸素運動ですが、マンションなどでは騒音や振動が気になって、リズミカルな足踏みや元気よくジャンプも難しいですよね。

そんな時に役立つのが100均のフリスビー(フライングディスク)です。

こちらを活用して、部屋の中でも静かに有酸素運動ができ、脂肪燃焼へとつながる100均エクサを紹介します。

まず、思いたったらすぐ購入できるのが100均ツールを使ったエクササイズの利点です。写真のフリスビー(フライングディスク)は水を含ませ飛ばして遊ぶ玩具ですが、大きさや素材が足や手をのせてスライドさせるのにピッタリ! 軽くてかさ張らず柔らかい素材なので、小さな子どものいるお家でも安心して使えそうです。

1枚でも様々な方法で使えますが、今回はこのフリスビー(フライングディスク)を2枚使ったフローリングの床の上で行う有酸素運動を2つご紹介します。

1つ目は、まるで壁を駆け上がるかのように脚を動かす『ランアップ・ディスクエクササイズ』。2つ目は、ハサミのように脚を使う『シザーズ・ディスクエクササイズ』です。

最初はゆっくり姿勢を保持しながら動くことに意識を向け、慣れてきたら徐々にスピードアップしてみましょう。


壁を駆け上がるように動く『ランアップ・ディスクエクササイズ』

四つ這い姿勢で、膝を床から浮かせます

四つ這い姿勢で、膝を床から浮かせます


■準備するもの:100均のフリスビー(フライングディスク)2枚

1.フローリングの床の上で四つ這い姿勢になり、足首を曲げフリスビー(フライングディスク)につま先をのせておきます。目安として手のひらを肩の真下に、膝を股関節の真下におき、顔を床に向けたまま背骨を長くして姿勢を整えましょう。
姿勢が意識できたら膝を床かから1センチほど持ち上げておきます。(この時肩が力まないよう、首の長さを保ちましょう)


頭の高さを変えずに片脚を伸ばし、入れ替えます

頭の高さを変えずに片脚を伸ばし、入れ替えます


2.自然呼吸で片足を滑らせ長くし、脚を交互に曲げ伸ばししましょう。目線や頭の位置、背骨の長さは出来るだけ保ちながら、脚だけ動かして壁をよじ登っていくようなイメージで動作します。


100均一エクサ『ランアップ・ディスクエクササイズ』のポイントを動画で確認

壁を駆け上がるように動く『ランアップ・ディスクエクササイズ』の動画はこちらです。
動作中は上半身や頭の位置を安定させることで、体幹トレーニングの効果も得られます。

まずは出来る回数で、姿勢を保持しながらゆっくり行って構いませんが、慣れてきたらスピードアップして10~50回(疲れたら膝をついて休みながら)続けてみてください。(出来れば3セット)走った後のような爽快感も感じられると思います。

ハサミのように脚を動かす『シザーズ・ディスクエクササイズ』


ディスクはつま先の下に置き、四つ這い姿勢から脚を伸ばしましょう

ディスクはつま先の下に置き、四つ這い姿勢から脚を伸ばしましょう

1.フローリングの床の上で四つ這い姿勢になり、足首を曲げフリスビー(フライングディスク)につま先をのせておきます。目安として手のひらを肩の真下に、膝を股関節の真下におき、顔を床に向けたまま背骨を長くして姿勢を整えましょう。姿勢が意識できたら膝を床から離し、脚を伸ばし閉じておきます。(この時肩が力まないよう、首の長さを保ちましょう)


脚をハサミのようにV字に開閉しましょう

脚をハサミのようにV字に開閉しましょう

2.自然呼吸で、脚をVの字に開いたり閉じたりを繰り返します。目線や頭の位置、背骨の長さは出来るだけ保ちながら、脚だけハサミのようにイメージしながら動いてみましょう。上半身や頭の位置を安定させ動くことで、体幹トレーニングの効果も得られます。


100均一エクサ『シザーズ・ディスクエクササイズ』のポイントを動画で確認

ハサミのように脚を動かす『シザーズ・ディスクエクササイズ』の動画はこちらです。



まずは出来る回数で、姿勢を保持しながらゆっくり行って構いませんが、慣れてきたらスピードアップして10~50回(疲れたら膝をついて休みながら)続けてみてください。(出来れば3セット)内腿や外腿・お尻のエクササイズとしても使え、体全体を働かせているのが感じられると思います。


100均フリスビーでできる脂肪燃焼エクササイズの注意点

100均フリスビーで簡単にできる、2つの脂肪燃焼エクササイズの紹介は以上です。

・どちらのエクササイズも、呼吸を続け休みを入れながら、お腹がだんだん落ちてこないように行ってみましょう。

・床に手をついて手首が痛くなりそうなら、肘を床についたり、拳をついて同じ動きを行ってみましょう。3セットを一気に続けても良いですし、1日のうちで朝昼晩など分けて行っても構いません。

・膝を痛めている場合は無理をせずに行いましょう。ウォーキングやジョギングやジャンプなどの有酸素運動は、膝に負担がかかる方もいますが、この有酸素運動は体幹全体で支えながら脚を動かすので、比較的膝に負担がかかりにくいエクササイズです。

・有酸素運動や体幹トレーニング、脚やお尻のエクササイズにもつながる動きですが、慣れるまでは回数を少なく、休みを入れながら行ってみてください。動きに慣れてきたら徐々に回数を増やしてスピードアップできるようにすすめてみましょう。

フリスビー(フライングディスク)を使って、今日からお部屋で有酸素運動も取り入れてみませんか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。