2018年におすすめ!ベトナムの観光スポット10選

2

ハノイのホアンキエム湖にて

東南アジア諸国のベトナムは、日本とは空路でわずか6時間の距離に位置しています。日本と比べると物価安の国で、なおかつ治安も良好なことから、学生旅行や女子旅、家族旅行でも支持されています。今回紹介するのは2018年におすすめのベトナム各地の観光スポット。海外旅行を計画されている方は、ぜひご参照ください。

ベトナム各地の気候と過ごし方、持ち物

3

ハノイの旧市街一角にて

南北に長い地形を持つベトナムは、地域によって気候が異なります。年間を通してのベトナム各地の地域は、下記のような気候となります。

北部(ハノイ)……ハノイは熱帯ではなく温帯気候となります。11月~4月は乾季、5月~10月までは雨季となります。また、中部や南部と異なり、北部には季節があると言われ、11月から2月頃までは、俗に秋、冬と呼ばれています。雨季には一日数回のスコールが降る他、年間を通して最も暑い時期でもあるので、歩くだけで眼鏡が曇るような蒸し暑い日が続きます。

中部(ダナン)……中部は熱帯モンスーン気候となり、北部と異なり年間を通して乾季と雨季に分かれます。2月~8月が乾季、9月~12月頃までが雨季となります。雨季では毎年世界遺産のホイアンやフエの道路が冠水するので、この時期の旅行はおすすめしません。北部と南部で雨季に入る5月~7月は、中部はまだ乾季となるので、この時期にベトナムに旅行される方は、中部地方に訪れるのもいいかもしれません。

南部(ホーチミン)……東南アジア典型的の熱帯気候で、1年を通して雨季と乾季に明確に分かれています。乾季は1月~5月、雨季は5月の下旬頃から12月まで。気温は年間を通して常夏なので、雨季乾季関係なく1年中半袖で過ごすことができます。

スコールは突発的な豪雨で、数十分から1時間ほどで大抵はあがります。ベトナムは都心田舎に関わらずカフェが多いので、スコールがやってきたら雨宿りに利用するといいでしょう。また、ベトナムは日本よりも日差しが強く、紫外線の量も多いと言われています。どこへ行くにも日焼け対策は必須。UVカットクリーム、帽子、サングラス、虫よけスプレーを持参しましょう。

おすすめ観光スポット1:旧市街(北部)

4

ターヒエン通りの夜

ホアンキエム湖北部に広がる旧市街は、かつて首都がタンロンと呼ばれていたときの城下町でした。現在でも政府による文化保護が推進されていて、当時の古き良き面影を随所にうかがうことができます。日中は日差しがきびしいので、おすすめは夜の散策。お土産店を渡り歩いたり、マッサージを楽しんだり、また地元密着の食堂でベトナム料理を食べるのも楽しいひととき。週末はナイトマーケットも開催されます。


おすすめ観光スポット2:ハロン湾(北部)

5

Wikipedia

ベトナム最大の世界遺産として名高い「ハロン湾」。大小の奇岩が織りなす不思議な形の造形美や鍾乳洞を探索することができます。ハロン湾の周遊クルーズはどこの旅行会社も催行していて、近年の人気は1泊2日のクルージングツアー。早朝の霧がかった幻想的な風景の中、甲板にてヨガ教室やブレイクファーストを楽しむことができます。

参考記事:ハロン湾/ベトナム


おすすめ観光スポット3:ダナン市街地のイルミネーション(中部)

1

火と水を吹く龍

中部最大の都市のダナンは近年旅行者を楽しませてくれる名所が増えてきました。中心市街地を通るバクダン通り沿いは、毎夜電飾によるライトアップを見ることができます。ハン川に架かるソンハン橋のイルミネーションや、ロン橋で毎週末に催される龍が火と水を吹くイベントも見逃せません。


おすすめ観光スポット4:ミーケービーチ(中部)

6

穏やかなミーケービーチ

ダナンの中心市街地から橋を渡って対岸へ行くと、目前に広がるのは雄大な南シナ海「ミーケービーチ」。近年はビーチリゾートとして旅行会社に売り出されていますが、まだまだ素朴な田舎風情が残る穏やかな時間を満喫できます。周辺には海鮮食堂が並んでいるので、シーフード三昧も可能。海沿いには中級から高級クラスのリゾートホテルもここ数年で大分増えてきたので、贅沢なホテルライフも可能です。


おすすめ観光スポット5:世界遺産ホイアン(中部)

7

緩やかな時間が流れるグエンタイホック通りにて

ダナンから車で40分ほど走ったところにあるホイアンは、1999年に世界遺産に登録された古き良き町並み。自転車をレンタルして歴史市街地をサイクリングしたり、お土産店で雑貨を愛で、日越を象徴する日本橋の前で記念撮影。海外旅行らしい観光時間をおくることができるでしょう。また、夜には日本橋傍のトゥボン川にて毎夜灯篭流しを体験することができます。かつて日本の朱印船も往来したトゥボン川の水面に幾多のろうそくの火が点々と灯ります。その光景はノスタルジー香る幻想的なもの。このワンシーンを眺めるためだけでも、ベトナム旅行の行先を中部に決める理由になるはずです。

参考記事:古都ホイアン/ベトナム


おすすめ観光スポット6:ニャチャンビーチ(中南部)

8

ニャチャンビーチにて

ベトナム最大のビーチといえば、真っ先に候補に挙がるのが中南部ニャチャンの中心に広がるニャチャンビーチ。海水浴エリアは7km以上にもわたり、まさにビーチリゾートらしい滞在余暇を保証してくれます。また市街地には在住外国人が多いため、シーフードやベトナム料理のみならず、多国籍に富む料理を堪能することもできます。


おすすめ観光スポット7:ホワイトサデューン(中南部)

9

バギーに初めて乗る人も多いはず

中南部ムイネーはホーチミンからバスで6時間ほど走ったところにあるリゾートエリア。港町の素朴な風景も見ることができ、また繁華街もないため治安も良好。学生やファミリー層に人気があります。そのムイネーの郊外にある白い砂丘と称されるホワイトサデューンは、まだ外国人にあまり知られていない隠れた名所。美しい砂丘に寄り添うように広がる湖ではスワンボートを楽しむことができます。また、砂丘ではジープやバギーで丘下りをするアトラクションもあり、ゆっくり流れるリゾート時間を満喫できるでしょう。


おすすめ観光スポット8:ホーチミン1区(南部)

10

グエンフエ通りの夜

ベトナムの首都は北部ハノイですが、国内最大の商業都市は南部ホーチミン。ベトナム最大の観光客数を誇るエリアでもあり、中でも市内中心部の1区は観光のメッカ。70以上の雑貨店がひしめくドンコイ通りは雑貨天国と呼ばれるにふさわしく、日夜買い物袋を提げた女性旅行者が行き交います。また、聖母マリア教会、中央郵便局、統一会堂、ベンタイン市場といったガイドブックでお馴染みの観光名所もすべてこの1区内。雑貨巡り、スパ&マッサージ、ベトナムグルメといったキーワードに引っかかったら、ホーチミンに来るべきと言えるでしょう。


おすすめ観光スポット9:カイラン水上市場(南部)

11

撮影時刻は早朝の5時

複数の国を跨ぐメコン川の支流が各都市に流れるメコンデルタ地方。同エリアの中心都市にあるカントーでは、観光客にも人気の水上市場を見学することができます。早朝の5時過ぎにはすでに盛り上がりを見せ、100を超える大小の商船が行き交い売買を繰り広げています。観光客を見つけると寄って来る小舟は、日用雑貨やココナッツジュース、麺といった軽食を売ってくれます。日本の都会で暮らしている人にとっては、非日常的の光景を目の当たりにすることでしょう。ちなみに、水上市場は昼過ぎにはほとんど船がいなくなってしまうため、基本はホーチミンから日帰りは難しく、要一泊となります。


おすすめ観光スポット10:フーコック島(南部)

12

漁船が停泊するスポット。実に絵になる

ベトナムの最西端に位置するフーコック島は、カンボジア領と接する離れ小島です。ホーチミンから空路で1時間程度で行くことができるため、近年は徐々に外国人にも認知されてきました。島中心のユーンドン市では毎夜ナイトマーケットが盛り上がりをみせ、北西部のオンランビーチは知る人ぞ知るサンセットスポット。タイランド湾に沈む美しい夕日を愛でながら、シーサイドレストランで乾杯をすることができます。2015年にはベトナム初となるサファリパークも開園したことで話題になり、今後さらに観光開発が進む期待のエリアです。


複数都市の周遊がおすすめ

一昔前だと、ベトナムの観光エリアといえばハノイとホーチミンくらいのものでしたが、現在は御覧のように数多くのスポットがあり、どれも魅力的です。一つの都市に留まらず、欲張って複数都市を周遊する旅行もおすすめできます。2018年の海外旅行は、是非ベトナムを選んでみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。