木は鉄よりも火に強いという事実

耐火性の高い家を建てるためには、家の骨格といえる「構造」も気になるところです。

「火災報道で木造住宅が全焼したと見聞きすることが多いことから、“木の家は火に弱い”というイメージを持っている方は少なくありません。確かに木は燃えますが、表面が炭化することで内部に熱が伝わりにくくなります。それによって芯まで燃え進みにくくなる、強度の低下が比較的遅い素材です。

一方、火に強いと思われる鉄は、550℃を超えると見た目に大きな変化がなくても強度が一気に低下する素材です。

つまり、構造に木を用いた木造住宅の方が、鉄を用いた鉄骨住宅よりも火災に強いと言えます。実際、消防士は鉄骨住宅の方が“見た目のダメージ”と”崩壊の危険度“が一致しないため、木造住宅より消火活動が怖いと感じていると聞きます」(池澤さん)。
木と鉄骨の耐火実験の様子

 

木と鉄骨の耐火実験の様子

木と鉄骨の耐火実験の様子。加熱開始から5分後、木は表面が炭化していますが、芯材の状態も強度も変わっていません。軽量鉄骨は変形し始めていることから、強度が低下していることが分かります(日本木材学会の資料より)


三井ホームでは、基本となる枠組と、床面・壁面・屋根面の6面体のすべてに木を用いた「枠組壁工法」を用いています。

ここに、継ぎ目がない壁「BSウォール」と、超剛性のベタ基礎「マットスラブ」、2.4トンの荷重に耐える「ダブルシールドパネル」をプラスした、「プレミアム・モノコック構法」を提供しています。

「木でつくられた『枠組壁工法』はとても頑丈な骨格ですが、骨格を包み込む『BSウォール』が骨格を守る鎧のような役割を果たすことで、さらに家全体の耐火性を高めているのです」(池澤さん)。

プレミアム・モノコック構法

木を用いた枠組壁工法に、三井ホームオリジナルの超剛性のベタ基礎「マットスラブ」、強固な「ダブルシールドパネル」、そして継ぎ目がない外壁「BSWウォール」を加えた「プレミアム・モノコック構法」。一般的なツーバイフォー工法をはるかにしのぐ性能を実現しました。



住宅性能は「バランス」も重要

池澤さんのお話から、耐火性の高い住宅を建てるためには、外壁と構造、どちらも重要であるということが分かりました。

その一方、安心して暮らすことができ長く住み継ぎたくなるような家にするためには、ほかの住宅性能も同じように重視した方がよいともお話されます。

「『BSウォール』は2013年にグッドデザイン賞・BEST100を受賞しましたが、受賞は『BSウォール』のもつ高い耐火性だけでなく、耐衝撃性や防水性など住宅に必要な性能や、曲面美も自由に表現できる高いデザイン性、容易なメンテナンス性なども評価されたためです。

つまり住宅は、地震に耐える強固な耐震性、台風に負けない耐風性や防水性、夏涼しい冬は暖かい断熱性など、すべての性能がバランスよく確保されていることが重要で、一つでも欠けてはいけないのです。

すべての性能をバランスよく、さらに向上させるために、今後もさまざまな視点から研究開発に取り組んでいきたいと思います」(池澤さん)。

【関連記事】
継ぎ目がない壁で、住宅性能を高める技術

【関連情報】
BSW(ブロック・アンド・シームレスウォール)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。