ヘアアレンジ前に!髪の巻き方の基本をマスター!

ヘアアレンジは、予めベースの髪を巻いておくことで、簡単かつ崩れにくい髪型に仕上げることができます。実はこのベースの巻き方さえ覚えておけば、難しいテクニックを覚えるよりも、短時間でかわいいアレンジを作ることが可能なんです!

そこで今回は、アレンジをする前にやっておきたい下準備と基本の巻き方をレクチャー。ロングからミディアム、ボブヘアの方まで応用できますので、ぜひマスターしてください。
ヘアアレンジ前のベース巻き方

hair&make RIKUSHI(anti)

<目次>  

 ベースのスタイル

モデルは、胸ラインのロングスタイル。直毛で毛先にカールがないので、ヘアアレンジの仕上がりに華やかさが出づらい髪質です。
胸ラインの直毛ロングヘア

胸ラインの直毛ロングヘア

 

 ヘアアレンジ前の巻き方

耳上のラインで前後に分ける

耳上のラインで前後に分ける

1. まずは耳上の位置で、サイドとバックに髪を分けます。
 
ハチのラインで上下に分ける

ハチのラインで上下に分ける

2. サイドの髪を上下に分けとり、上の毛束はダックカールで仮留めしておきます。分け目はハチのラインを目安にしましょう。
 
ヘアアイロンで毛先を内巻きに

ヘアアイロンで毛先を内巻きに

3. サイドの髪を32mmのアイロンで毛先から巻いていきます。正面から見て、アイロンが「ハの字」になるように当てると、内巻き方向にカールができます。
 
鼻のラインまで巻き込む

鼻のラインまで巻き込む

4. そのまま鼻のラインまで巻き込み、中間部分までカールをつけます。
 
持ち上げてから巻くことで柔らかく仕上がる

持ち上げてから巻くことで柔らかく仕上がる

5. サイドの上の段のダックカールをはずし、その毛束を目の高さくらいに持ち上げます。こうすることで柔らかく仕上がります。
 
逆方向にカールして外巻きに

先ほどと逆方向にカールして外巻きに

6. 今度は外巻きになるように、毛先からアイロンを挟みます。正面から見てアイロンが「逆ハの字」になるように当てると、外巻き方向にカールがつきます。
 
目のラインまでカールをつける

目のラインまでカールをつける

7. そのまま目のラインくらいまで巻き込み、中間部分までカールをつけます。
 
耳上をつなぐラインで上下に分ける

耳上をつなぐラインで上下に分ける

8. 後ろの髪も上下に分け、上の段はダックカールで仮留めしておきます。両耳の上をつなぐラインを目安に、分けておきましょう。
 
肩の前まで持ってきて内巻きに

肩の前まで持ってきて内巻きに

9. 後ろの髪を肩の前まで持ってきて、中間部分まで巻き込み、内巻き方向にカールをつけます。
 
耳の前まで持ってきて外巻きに

耳の前まで持ってきて外巻きに

10. ダッカールを外し、上の段の髪を持ち上げて、中間部分まで外巻きにカールをつけます。バックの髪は、真後ろからアイロンを入れるのが難しいので、まずは耳の前まで毛束を持ってきてから、目の高さでアイロンを挟むようにしましょう。
 
表面の髪をつまんで根元を巻く

表面の髪をつまんで根元を巻く

11. 表面の毛をつまみ出し、根元のカールをプラスします。毛束は写真のようにつまみ出した毛を垂直に引き出し、根元からアイロンを挟みます。
 
赤い点の位置を左右6か所つまみ出す

赤い点の位置を左右6か所つまみ出す

12. これを写真の赤い点の位置で、左右6カ所ほど行います。
 
根元から毛先に空気を入れるように崩す

根元から毛先に空気を入れるように崩す

13. 最後に根元からふんわり手ぐしを通して、カールを少し崩します。毛先に空気を入れるように2回ほど崩したらできあがり!
 

 巻き終わりのスタイル

全体的に、根元からランダムなミックスカールが入っている状態です。この状態を作っておけばどんなヘアアレンジもかわいく仕上がります。
少しクシャッと見えるくらい崩していると良い

少しクシャッと見えるくらい崩していると良い

 正面&バック

ゴムでゆるく結んだだけのシンプルな髪型ですが、ベースでしっかりと動きをつけているので、これだけでも十分きれいに決まります!
ベースの巻き方・ひとつ結び

ヘアアレンジの前に巻いておくことでシンプルな髪型も華やかに

ベースの巻き方・ひとつ結び

ひとつ結びの場合、軽く表面をほぐすとこなれ感がでる

関連記事

ひとつ結びがおしゃれに! 3COINSのポニーフック活用術
大人のひとつ結び!ゴム1本でできる抜け感まとめ髪
編み込みナシで作れる!三つ編みとくるりんぱの簡単アレンジ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。