パンツ丈の影響を受けた?スニーカーの流行

ニューバランスブームが過ぎたあと、スニーカーの定番として君臨するVANSを連想させる紐がないスリッポンスニーカー。

ニューバランスブームが過ぎたあと、スニーカーの定番として君臨するVANSを連想させる紐がないスリッポンスニーカー。

デザインの流行は急激に変わりますが、パンツ丈の流行は緩やかに変わっていきます。ユニクロのCMからも分かるように、ここ数年は「アンクル丈」と呼ばれる、くるぶしが見える程度のパンツ丈が圧倒的に主流です。この影響を受け、スニーカーに注目が集まっていることをご存知でしょうか? 2020年の東京五輪に向けて、スポーツ志向が高まっていることも影響しているかもしれません。

ここ数年スニーカー市場では、ニューバランスブームも落ち着き、VANSを連想させるスリッポンスニーカーが定番として君臨していました。ところが、昨秋頃から次世代と呼ばれるスニーカーに注目が集まってきています。その次世代スニーカーとは「エラスティックスニーカー」です。
 

見た目がミイラ?エラスティックスニーカーのデザイン性

エラスティックバンドと呼ばれるゴムバンドで足にフィット感をだすエラスティックスニーカー。その見た目からミイラスニーカーと呼ぶ人もいる。

エラスティックバンドと呼ばれるゴムバンドで足にフィット感をだすエラスティックスニーカー。その見た目からミイラスニーカーと呼ぶ人もいる。

紐を結ぶことで自分の足にフィットさせる。これが従来のスニーカー基本形であることは誰もが認める事実です。その変化形として、バックルで足をフィットさせるスニーカーや、紐・バックルがないスリッポンスニーカーなど、これまで新たなデザインが誕生してきました。

しかし、これまでのスニーカーとはまったく異なるニュータイプが「エラスティックスニーカー」でうs。

エラスティックバンドと呼ばれるゴムバンドで足をフィットさせるこのタイプは、これまでのスニーカーのイメージを刷新するモダンな印象!包帯のようにグルッと巻いたそのデザインから「ミイラスニーカー」と呼ぶ人もいます。

ここ数年、NIKE・アディダスはじめとしたスポーツブランドで見掛けていたこのタイプが、とうとうファッションブランドからも登場しました。表参道ヒルズに路面店があるハイブランド「VALENTINO(ヴァレンティノ)」もその一つ。

最近勢いあるこのブランドからも販売が発表されただけでなく、GU・ZARAのように流行をリーズナブルに提供するファストファッションブランドにまでエラスティックスニーカーは浸透してきています。
 

デザイン性も抜群のハイテクスニーカー
 

今季GUで発見したエラスティックスニーカー。ハイブランドのみならず、ファストファッションにまで浸透している。

今季GUで発見したエラスティックスニーカー。ハイブランドのみならず、ファストファッションにまで浸透している。

そもそもパンツ丈が短くなった結果、足元が目につく頻度は増えました。だからこそ、これまで以上に靴のデザインが重要になったのです。とくに萎びたスニーカー紐の先端がブラブラ動くことを苦手とした男性にとって、エラスティックタイプは斬新な提案!

ローテクスニーカーと呼ばれる、ニューバランスをはじめとしたクラシックなタイプに対し、紐ではなくゴムバンドをつかったこのタイプは間違いなくハイテクスニーカーの部類です。

近年、スニーカー市場ではアッパーソールの技術革新により、レザーよりも「ニットフライ」と呼ばれる繊維タイプが増えました。こういう流れのなかで、紐ではなくゴムで絞るエラスティックスニーカーの浸透は必然だったのかもしれません。

では、このモダンなスニーカーは、どんなコーディネートが合うのでしょうか?
 

エラスティックスニーカーのコーディネート

エラスティックバンドは見当たりませんが、紐の先端がないゴム紐タイプの新型スニーカー。ZARAで発見!

エラスティックバンドは見当たりませんが、紐の先端がないゴム紐タイプの新型スニーカー。ZARAで発見!

スポーティーでモダンな印象だからこそ、流行りの機能性ジャケットをはじめとするアスレジャーと相性が良いのは間違いありません。また、白いGジャンなどブルゾンにストレッチが効いたアンクル丈の機能性パンツもグッド!このアクセントにエラスティックスニーカーが合うのです。

逆に、合わせの難易度が高いのは、これまでカジュアルの王道だったブルージーンズです。同じデニムパンツならば、ブルージーンズよりモダンに見える黒のスキニーパンツが合うと思いますよ!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。