いつでも上品でいるために、360度服装チェック

お嬢様の服装・育ちがいい人に見えるファッション

お嬢様ファッションはシンプルイズベスト!


同世代間では全く違和感がなくても、年輩の方や異性から見ると露出が多く品がないと思われてしまうケースもよくあるので要注意。

スカートは素材やデザインによって、立っている時はちょうど良い長さでも、座ると短くなってしまうことはよくあります。買う時には立ち姿だけではなく、座った姿勢でもチェックしてみましょう。座るときに膝にハンカチやストールを置くと安心です。

ワンピースは手を挙げたときに裾が短くなってしまうので、反対の手をウエストあたりに添えながら挙げると見た目にも上品で良いでしょう。ノースリーブを着る時にはカーディガンやストールを肩からかけるなどの配慮も必要です。

また、かがんだときに胸元が見えてしまわないか、下着のラインが響いていないか、脇から下着が見えていないかなど、いつ、どの角度から見られても不快感を与えないように動きながらもしっかりチェック。自信を持って堂々と振る舞うことができます。

 

お嬢様ファッションで自分を磨く

人に不快感を与えないように徹底的に注意を払い、華美に着飾るよりも控えめで上品なアイテムを選ぶ。これこそが育ちが良く見えるお嬢様ファッションの神髄ではないでしょうか。そしてこれは「着飾らなくても大丈夫」という素の自分に自信と余裕があるからこそできること。

また、逆に洋服で取り繕えないからこそ、肌のお手入れや体型維持、髪や爪のメンテナンスに気を遣うようになるのかもしれません。

もちろん自分のためにおしゃれを楽しむのも良いことですが、今日は人前に出る、老若男女集まる場所へ行くという時は「育ちが良く見える服装」を試してみてはいかがでしょうか。
 

育ちがいい人に見えるシリーズ関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。