ブライダルリングの選び方について語るカップル

自動車会社にお勤めの“理系男子”のユウヘイさん(26歳)と事務職としてお勤めのアヤミさん(26歳)

一生に一度の買い物だからこそ、こだわりも憧れも叶えたいブライダルリング。コストパフォーマンスも含めて納得できる良いものを選びたいですよね。ですが、星の数ほどある指輪をどう選べばいいのか、どこで求めればいいのか、最も迷うところです。

そこで今回は、婚約指輪と結婚指輪を購入済みの先輩カップルにインタビュー。プロポーズのエピソードやこだわりの指輪選びについて、生の声を聞かせていただきました。

全女子の憧れ!チャペルでのサプライズプロポーズを実現

この秋に結婚式を控え、婚約中のユウヘイさんとアヤミさんのカップル。

「お付き合いを始めて2年ほど経ち、去年の彼女の誕生日にプロポーズをする!と決めてから、まずは婚約指輪選びをスタートしました。同じく婚約を考えている友人と共に、銀座で2日間かけて6~7店舗ほどジュエリーショップの下見をしました。彼女に似合いそうなデザインがあることと、丁寧で親身な接客対応が気に入ってエクセルコ ダイヤモンド東京本店での購入を決めたんです」(ユウヘイさん)

「担当コンシェルジュの方のダイヤモンドに関する知識量が非常に豊富で、素人の僕にもわかりやすく説明してくださいました。プロポーズについても相談にのってくださり、横浜のホテルと連携をとってくださいました。おかげさまで、思い描いた通りのプロポーズを実現することができました」(ユウヘイさん)

指輪のサイズは、偶然アヤミさんのご実家にあったリングゲージで調査済みだったそう。サイズも好みもピッタリのリングを伴って、準備万端のプロポーズだったのですね。

プロポーズしたホテルのチャペル

プロポーズ直後、チャペルでの記念写真。感動の余韻が表情に表れています

「会社で表彰された副賞だ、と誘われて、普段のデートのつもりで訪れた横浜。宿泊の翌日は一日遊びました。夕方、宿泊したホテルで記念写真がパックになっているからと招かれたチャペルには、スーツに着替えた彼がいたんです。ひざまずいて婚約指輪を渡され、“結婚してください”と言われた時は頭が真っ白になって、実は今でも記憶が飛び飛びです(笑)。でも本当にうれしくて涙が止まりませんでした」(アヤミさん)

「その日のうちに彼女のご両親への報告も済ませ、何もかもがとてもスムーズに進んだことを、ご協力いただいた方々に感謝しています。休みごとの打ち合わせで入念に準備をした期間は忙しくも楽しい時間でしたが、彼女に内緒で動くのがなかなか大変でした」(ユウヘイさん)

新郎のこだわりと新婦への想いが詰まった婚約指輪

ユウヘイさんがアヤミさんのために選んだ婚約指輪はEXELCO DIAMONDのエリザベート
Elisabeth(エリザベート)の婚約指輪をローズボックスにセットしてプロポーズ

Elisabeth(エリザベート)の婚約指輪をローズボックスにセットしてプロポーズしたんだそう


「シンプルだけど繊細で、華やかさもあるデザインが絶対に彼女に似合う!とピンときました。ダイヤモンドが最大限に綺麗に見える計算された作りも気に入りましたし、何よりダイヤモンドそのものの美しさも納得できるものでした」(ユウヘイさん)

ユウヘイさんは、贈りたいダイヤモンドのクオリティ(4C)をあらかじめ心に決めていたんだとか。

「とはいえ素人知識ですから、EXELCO DIAMONDのスタッフの方々から聞いた話は大変参考になりました。ここまでダイヤモンドについて真摯に教えてくれるお店は他にありませんでしたね。

デザインについてはどのシリーズも良くて、少し迷いました。どのデザインにもメッセージが込められているのがグッときますよね。でもやっぱり、最初に選んでいたエリザベートの“選ばれし女性に”というコンセプトが心に響いたので初志貫徹、となったんです」(ユウヘイさん)

デザインはもちろん、ダイヤモンドの美しさにも感動

デザインはもちろん、ダイヤモンドの美しさにも感動した、とアヤミさん

アヤミさんの細く長い指をさらに引き立てるストレートのデザインがとてもお似合いです。

「プロポーズの日からずっと身につけていますが、見るごとにあの日の感動を思い出してうれしくなります。昼も夜もダイヤモンドがキラキラと光って、周囲にもきれいだねと言われるのも幸せです。つけ心地も良くて結婚後も肌身離さずつけていたいと思います」(アヤミさん)

 

次のページは、結婚指輪を選んだ理由とEXELCO DIAMONDを選んだ理由について。