「ハングル検定」はどんな試験?

ハングル検定

ハングル検定を受けてみましょう!

アンニョンハセヨ?

今回は、韓国語単独の試験の中で、最も歴史が長い「ハングル検定」についてご紹介しましょう。正式名称は「ハングル能力検定試験」ですが、「ハングル検定」の略称が一般的に使われているので、この記事でもそちらを使います。

ハングル検定は1993年から実施されている、日本初の韓国・朝鮮語検定試験です。

私が韓国語の学習を開始したのは1990年代中盤。今のようなインターネットの発達した情報化社会ではなかったので、韓国語学習関連の情報も少なく、孤独な気持ちになりながら学習していた頃、このハングル検定を受けました。合格通知が届いたときには本当に嬉しかったことを覚えています。

その後、韓国政府が「韓国語能力試験(TOPIK)」を開始し、いまでは「ハングル検定(を受ける)か、TOPIKか」という環境になりましたが、ハングル検定の日本での地道な活動や貢献度は高く評価できると思います。

それでは早速、試験の概要や各級のレベル、攻略法などを見ていきましょう。

ハングル検定の試験概要(2018年4月現在)

公式ホームページ「ハングル」能力検定試験

主催:ハングル能力検定協会(協会概要

開始年:1993年(2017年までに49回実施)

実施頻度:年2回
春季:6月の第1日曜日
秋季:11月の第2日曜日

実施国会場:日本のみ(北海道から沖縄まで。詳しくはこちら

評価基準:5級・4級・3級・準2級・2級・1級(1級が最上級)
各級レベルと合格ライン

試験内容:「筆記」と「聞き取り」のマークシート式
※5級~準2級の設問は日本語/2級・1級の設問は韓国語
※1級のみ「筆記」内に記述式問題あり。1次試験合格者は2次試験(面接)あり

試験時間:5・4・3級…90分/準2・2・1級…120分

願書受付オンライン郵送、書店、生協など

合否判定
5級・4級:100点満点中60点以上で合格。
3級:100点満点中60点以上で合格(筆記24点、聞き取り12点以上必須)
準2級:100点満点中70点以上で合格(筆記30点、聞き取り12点以上必須)
2級:100点満点中70点以上で合格(筆記30点、聞き取り16点以上必須)
1級100点満点中70点以上で合格(筆記40点、聞き取り16点以上必須)※1次試験合格者は2次試験に進む

それでは、次のページで、「私は何級を目指したら、受けたらいいのかな」にお答えします!