地味子さん&無難さんでもできる、黒で婚活ファッション攻略

ガイドは現在、青山で結婚相談所を運営している現役の婚活アドバイザーですが、実は以前、アパレル業界で20年働いておりました。そんな私が婚活業界に降臨して驚いたのは、「結婚相談所で婚活する女性たちって、どうしてこんなに“見た目が地味”なのー!?」ということ! みんながもっとおしゃれになってくれたら、男性たちはときめいて、もっともっと成婚できるはずなのに! と思い立ち、婚活業界に「婚活ファッション疾風」を吹き込み続けてきました。

そこで、今回のテーマは、地味子さんたちが大好きな「黒」!

黒い服が好きだけど、婚活モテしたい!

黒い服が好きだけど、婚活モテしたい!


たしかに黒は、定番カラーですし、ファッションとしては無難……と思いがちですが、アラフォー以上の女性にとって、実は難しいカラーです。

まず、モテない! 全身真っ黒でもおしゃれなんて、パリジェンヌじゃないんだから! 黒や紺は、ビジネスや冠婚葬祭で着ることが多いので、ホテルのラウンジなどで行われる婚活パーティやお見合いなどの正式な場所の服装として黒のジャケットやスーツを選ぶ女性は少なくありません。でも、礼儀正しさと恋愛スイッチは違います! 毎日ビジネスカラーに囲まれている男性が、結婚したくて婚活しているのに、好き好んで会社にたくさんいるようなビジネス女子とプライベートにまで会いたいと思いますか? 婚活女性自身も昼間のビジネスモードから抜け出せず、甘い雰囲気になれなかったり、婚活男性相手にダメ出しを連発……なんて悲劇も起こります。

さらに、パーソナルカラーによっては顔映りが悪くなるということ。年齢を重ねるとどうしても顔色がくすんでくるので、白やピンクなどの明るい色を来た時と比べるとげっそり疲れた顔に見えることもあります。逆に、上手に黒を差し込むことでフェイスラインがスッキリ見えたり、効果的に黒を使うと着やせするケースもあるので、デザインや着こなしがより重要になる、とも言えます。

これらのことから、黒を選ぶポイントをお伝えすると
・全身、真っ黒は避ける
・ビジネスファッション仕様にしない
・可愛いらしさ(清純さ・さわやかさ)と女らしさ(エレガント&セクシー)を意識する
・老け見えしないデザインを選ぶ(お勧めはクラシカル&レトロ!)
・上品な「お嬢様系ワンピ」を取り入れる

―—これが、大人のおしゃれ黒コーデの鉄則です。ただし、可愛さとプラス……と言っても、全身フリルや総レースでは、ただの若作りファッションになりかねないので注意が必要です。
大人の黒

全身黒や総レース、総フリルは、若い女性の方が似合うデザインです。


ではどうしたらいいか? アラフォー女性が黒ベースのコーディネートをする場合、真っ黒ではなく、効果的な「柄」を取り入れるのがおすすめです。

そして、デザインもタイトでシャープなものより、ボンキュッボン&ふんわりを意識して、あくまでも男性の目線を意識した女性らしさを取り入れることが重要です。さっそくおすすめの例を紹介しましょう!


婚活パーティもOK! 大玉ドットで、クラシカル&セクシーに

ドットはセクシー! 水玉ワンピース3万5000円、バッグ1万8000円/ともにM'S GRACY(エムズグレイシー)表参道店(ガイド私物)

ドットはセクシー! 水玉ワンピース3万5000円、バッグ1万8000円/ともにM'S GRACY(エムズグレイシー)表参道店(ガイド私物)  そのほかすべてガイド私物

まず試していただきたいのが、クラシカルな大玉ドット柄のワンピースです。

ドットのワンピースはクラシカルかつセクシーな印象を作ります。黒でも地味で無難な印象にもなりません。とくに、小さいドットより大玉ドットは、ゴージャスさもプラスできます。

顔周りも真っ黒!ではないので、顔周りが暗くなりすぎることもなく、ほどよくシャープさをプラスしてくれます。

ウエストで大きなリボンは、婚活女性の必須アイテムです、必修中の必修。袖口は、女性らしくフリル

ウエストで大きなリボンは、婚活女性の必須アイテムです、必修中の必修。袖口は、女性らしくフリルもね!!


このワンピースの場合、ほどよくフィットしたボディラインと、たっぷり広がった「Yシルエット」でお洒落さと細見え効果を盛り上げています。袖口にはレース、ウエストにはリボンつきのものを選べば、可愛らしさもアピールできますね。

私は、婚活中の会員にいつも言っています。「リボンは女のネクタイよ」と!

ほとんどの男性はリボンはつけませんし、男の象徴としてネクタイを結ぶわけです。男性は自分が持っていないアイテムを見て、「オンナ」を意識するのですから、女性らしさが足らない人は覚悟を持ってウエストにリボンをもってきちゃいましょう。

こんな上品なワンピをもっていると、どこに連れていかれても困ることはありません。きっと男性も気を引き締めて背筋をびしっ!と伸ばしてくれるでしょう。歌舞伎でもバレエでもオペラでもマッチするので観劇鑑賞デートに自分から誘ってしまってもOKです!


モテるボーダーは、お花で盛りつつ、部分的に使って!

ワンピースundefined¥39000

ワンピース 3万9000円/ともにM'S GRACY(エムズグレイシー)表参道店 そのほかすべてガイド私物

 

よく「ボーダーはモテない」なんて言われますが、それは所帯じみたボーダーカットソーをただ着ているだけの人のことです。

ボーダーのさわやかさを効果的に活用すれば、可愛さと清潔感をもって着こなせます。とくに上半身に白があるブロッキングボーダーならば、顔映りも明るくなり、食事デートなどで上半身しか見えないときも、明るい印象に見えます。

開放的な夏のシーズンに、モノトーン一色だと暗くなりがちですが、花柄モチーフや白いブロッキング部分があると、ボーダーなのにカジュアルさから脱皮できます。

靴は、黒か白のパンプス、オープントゥのバックストライプのサンダルなどで可愛く。間違えてもペタンコのローヒールはNG! 婚活中女子の必勝アイテムベスト3の中の1つは、ヒールです。「私ヒール履いたことないんです!」などと言っているあなた! 子持ちのママさんや妊婦さん、もしくは、おばあさん以外なら、それ、「女終わってます」。

身長167センチの私でもヒールは必ず履きますし、最低7センチは必須。シーンによっては9センチや11センチだって履いてます。なぜなら、服にはそれにあった靴の高というものがあるのです。ヒールの高さで、ひざから下の足の長さが、天と地ほど違って見えます。また、コツコツした足音で、男性の五感に訴えかけることもできます。ぜひ婚活パーティだけでなく、合コンや街コン、そして街中で、ご自身でその効果を実感してください!


ギンガムチェックワンピは、若見えカジュアルにもってこい

ワンピース 3万9000円/ともにM'S GRACY(エムズグレイシー)表参道店 そのほかすべてガイド私物

ワンピース 3万9000円/ともにM'S GRACY(エムズグレイシー)表参道店 そのほかすべてガイド私物


ギンガムチェックのワンピースって、小さな頃にお母さんに着せられた気がしませんか? 大人世代にとって、ギンガムのワンピースは、白いワンピースと同じく、思い出のなかの少女のような……ピュアで純粋な共通イメージがあります。だからチェックは若く見えるんです。ですから、大人がダークカラーのアイテムを着たいときにもってこいのモチーフです。とくに、若々しさとカジュアルさを出したい、カジュアルなデートで取り入れたいコーデです。爽やかなリネンコットン素材のサマードレスで、涼し気なレトロスイートスタイルにシフトしましょう。

ただし、赤やピンク、黄色のギンガムを全身&面積の広いアイテムで取り入れるのは危険。はっきり言ってイタイです。
 
袖はノースリーブで若々しく、同布でコサージュ ウエストは大きなラップリボン付き

袖はノースリーブで若々しく、同布でコサージュ ウエストは大きなラップリボン付き


さらに、大人が着こなすポイントは、ウエストを絞って共布のラップリボンで、アクセントをつけること。リボンでウエストの位置を高めることで、ウエストは細く、脚は長く見えます。首元にお花のコサージュのワンポイントをつけてもエレガンスさがアップしますよ。

そして袖は絶対ノースリーブ! 腕を露出して大人の女性をさらにアピールできます。ノースリーブのサマードレスは、さわやかな夏の女性の武器です。バストや谷間を強調するのもセクシーさはありますが、下品に見えかねない諸刃の剣。女性らしい華奢な手足の露出は、健康的なセクシーさを醸し出せるので、婚活男性たちにも大好評です。

「え、腕? 二の腕なんて出せません!」なんて言っているとしたら、そこのあなたは、もうおばさんよ! 年齢はおばさんでも、ファッションがお洒落なら、だれも「おばさん」とは思いません。

デパ地下や魚屋さんで、独身なのに「奥さん!」「お母さん!」なんて言われてませんか? 私は言われませんよ、いつも「お姉さん」です。 それは実年齢ではなく、着ている服で決まっちゃうんです。どうしても外で着るのが恥ずかしい場合は、カーディガンを肩掛けするなどして、二人っきりのディナーのときに、そっと腕を見せてくださいね。


黒ファッションでもモテる! 婚活できる!

マカロンカラーやパステルのいわゆる婚活カラーを身に着けるのは、ハッキリいって手っ取り早くて女性らしく見えるので、効果的でおすすです。でも、やっぱり普段の自分と違いすぎて苦手だから……とあきらめて地味子さんになっていませんか?

ただの真っ黒づくめではなくて、こんな風に黒を使えば、可愛い・女性らしい・かっこいい、3拍子そろったファッションにできるんですね。決してビジネスチックにはならないので男性受けもいいんです。

婚活パーティやお見合いなどを含めたいわゆる「婚活」はあらゆる世代に広まっていて、いわゆる結婚適齢期と言われる20代~30代だけのものではありません。 いまや活動している女性会員の30パーセントは40代を含めたアラフォーです。

若い子は何を着てもかわいいんだから、いいんです。でも、婚活アラフォーは、「地味なおばさん」が見えてしまっては、婚活は遠のくばかり。かといって若作りするのもイタイというわけで、「実年齢はさておき、いくつなんだろう?」って思わせてなんぼなんです。

おしゃれな黒を取り入れて、ぜひ夏の黒ファッションを楽しんでください。そして初夏の素敵なデートを楽しんでね。街行く人の誰よりも素敵なファッションであなたの株をあげましょう!


M'S GRACY(エムズグレイシー)表参道店
渋谷区神宮前3-15-3 エムズグレィシー表参道
TEL 03-3475-6007

※商品は掲載日現在の取り扱い商品です。問い合わせ時期により、終売・売り切れとなる場合があります。
※記載価格はすべて税抜き表記です。

【協力】
撮影/Shin Matsumura
ヘアメイク/橋本京子

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。