かさねの色目の配色例。平安時代の高貴な人々は、四季の彩りを衣に取り入れて、センスを競いました。

ほかのギャラリーを見る