忙しい朝に!オフィスで使える簡単ハーフアップアレンジ

朝時間がない時も、簡単にかわいく仕上がるハーフアップのやり方をレクチャーいたします。使うテクニックは「くるりんぱ」だけなので、不器用な方でも安心。オフィスやお仕事シーンにおすすめの髪型です。伸ばしかけボブからミディアム、ロングまで対応できる簡単ヘアアレンジですので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
オフィスで使える簡単ハーフアップアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)


 ベースのスタイル

鎖骨ラインのミディアムスタイル。パーマがかかっていない方は32ミリのアイロンでランダムに巻いておくとかわいく仕上がります。
鎖骨ラインのミディアムヘア

鎖骨ラインのミディアムヘア


 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:すべてOK
クセ:なし~ややクセ

 ヘアアレンジの方法・やり方

サイドとバックに分けとる

サイドとバックに分けとる

1. 耳前の位置からトップに向かって、サイドの髪を分けとります。
 
サイドの髪をシリコンゴムで結ぶ

サイドの髪をシリコンゴムで結ぶ

2. 根元5センチくらいの位置で、サイドの髪をシリコンゴムで結びます。ゴムは髪色に近いものを選びましょう。

バック方向にくるりんぱして、緩みをとる

バック方向にくるりんぱして、緩みをとる

3. サイドの髪を前から後ろに潜らせてくるりんぱし、毛束を上下にひっぱり結び目を少し締めます。

ぼんのくぼのやや上でひとつに結ぶ

ぼんのくぼのやや上でひとつに結ぶ

4. 逆サイドも同様にくるりんぱを作ったら、両サイドの毛束をバックでひとつに結びます。盆の窪(首筋中央のくぼんだ部分)の少し上くらいの位置が目安です。

上から下に向かってくるりんぱ

上から下に向かってくるりんぱ

5.結んだ毛束を上から下に通し、くるりんぱします。

左右均等に力を入れて引っ張る

左右均等に力を入れて引っ張る

6.毛束を左右に引っ張り、結び目を少し締めます。

トップがふんわり見えるくらいがベスト

トップがふんわり見えるくらいがベスト

7. 最後にトップの毛を指でつまみ、少し上に引き出してバランスを整えたら完成です。

上手く仕上げるポイント

締めたくるりんぱの結び目の表面をつまみ、少し崩しを入れるとよりオシャレなこなれ感を演出することができます。
結び目の表面を少しずつ引き出す

結び目の表面を少しずつ引き出す

 正面&バック

オフィスで使える簡単ハーフアップアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)

オフィスで使える簡単ハーフアップアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。