ウイスキーづくりで女性が語られることは稀少

夫とマージー

夫とマージー

ウイスキー&ソーダ、ハイボール人気によって女性のウイスキーファンも増えた。しかしながらウイスキーは、昔から男の酒のイメージがある。とくにアメリカンウイスキーにおいては、アメリカの西部開拓や古い映画に登場するサルーンという酒場のシーンなどで、ライウイスキー、バーボンウイスキーともにタフな酒として語られつづけてきた。
バーボンの広告でスタイリッシュを気取っても、なんだかモルトウイスキーのほうがお洒落な感じがしてしまうのだ。
近年、ジムビームの肩の凝らない訴求は喜ばしい。気軽に楽しむウイスキーとしてのジムビームの認知度が高まり、ハイボールだけでなくいろんな飲み方がされるようになってきて、少しずつだがバーボンのイメージが変わりつつあるのはいいことだと思う。
そんななかでひとつだけ、このバーボンはちょっと違うな、と見つめているバーボンがある。それは「メーカーズマーク」。このバーボンの滑らかで麗しい香味を開発したビル・サミュエルズ・シニアの妻、マージー・サミュエルズの存在と彼女のアイデアが「メーカーズマーク」のブランドイメージを他ブランドとはひと味もふた味も違う世界へ誘っている。
ウイスキーの世界で取り上げられるブレンダーや技術者はほとんどが男性である。女性は、スコッチ・アイラモルト「ラフロイグ」の1950~70年代にかけてのオーナー経営者だったベシー・ウィリアムソンについて語られるぐらいだ。わたしはマージーも、もっともっと取り上げられていいと思っているし、そう願っている。

マージー・サミュエルズの名を覚えていただきたい

メーカーズマーク

メーカーズマーク

マージーの内助の功は『メーカーズマーク/プレミアムバーボンの証』をお読みいただきたいのだが、ウイスキーのブランドでこれほどまでに女性のこまやかな愛情が込められたものは他にないのではなかろうか。これほどハンドメイドを意識させるウイスキーも他にないのではなかろうか。
まずボトルのスタイリング。赤い封蝋は“愛”そのものである。
夫が開発したオレンジやハチミツ、バニラといった香味が潜むスイート&スムースなバーボンを、彼女は大切な方へ思いを込めて差し出す手紙のように蝋(ろう)で丁寧に封じた。しかも1本1本手仕事である。蝋の滴り(したたり)はすべて違う。あなた宛の、あなただけのボトルとして、愛飲家に届けるのである。この贈り物にはマージーの、夫への愛、香味への愛、飲み手への愛が込められているのである。
それに「製造者の印」というブランド名はぶっ飛んでいる。勇気がいるネーミングである。イギリスのピューター(錫工芸品)のコレクターだったマージーは、職人たちが納得のいく作品だけに製造者の名を刻印することから、世界品質を目指して夫が生み出した自信作、そして品質への責任を示すためにあえて直球を投じたのである。その決断たるや、なかなか真似できるものではない。
封蝋は愛と信頼の証

封蝋は愛と信頼の証

マージーは1985年にこの世を去っているが、彼女の生前の功績を讃え、2014年9月にケンタッキー・バーボン殿堂入りとなった。次回ではそんな彼女の足跡と家族を紹介しようと思う。結婚後、ジム・ビームことジェームズ・B・ビームの隣に住んだことや、ジムの甥っ子がメーカーズマークの技術者だったりと人間関係もなかなかに興味深い。
バーボンだけでなくスコッチはもちろん、とにかく他にない孤高ともいえるウイスキーを築き上げた女性のことを、皆さんに知っていただきたい。次回まで少々お待ちいただきたい。(次回シリーズ2へつづく

関連記事

メーカーズマーク/プレミアムバーボンの証
ジムビーム/バーボン、偉大なる血族の記録
メーカーズマーク46のプレミアム感を満喫しよう
メーカーズマーク/グレッグ・デイビス来日
バーボンの飲み方/カクテル篇
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。