野菜を育てていると、避けて通れないのが「害虫と病気」です。農薬を使うという選択肢もありますが、食べるものにはできれば使いたくないという方も多いでしょう。そんな時は、どうしたらよいのでしょうか。今回は、100%食品成分で害虫や病気を防ぐ方法をご紹介いたします。

トマトやきゅうりなど、夏野菜に多い病害虫

家庭菜園で手軽に作れる夏野菜

家庭菜園で手軽に作れる夏野菜

夏野菜で人気のあるトマトやきゅうりなどに多い害虫は、アブラムシ、ハダニ、コナジラミなどがあります。病気では、ベト病や疫病、うどんこ病などが出てきます。ちゃんと対策をとらないと、病害虫が発生して収穫量が思うように伸びないことがあります。

例えばきゅうりでは、5月に苗を植えつけるとすぐに、アブラムシやウリハムシに悩まされます。同時に、ベト病が発生し、さらにはうどんこ病にもなり、収穫できずに終わってしまうこともあります。

家庭菜園で悩まされる「アブラムシ」

キャベツについたアブラムシ

アブラムシ

アブラムシは野菜全般につく代表的な害虫で、群れとなって野菜につきます。野菜の葉、新芽、茎などから吸汁するため、野菜の成長がとまり、やがて枯死します。また、アブラムシの排出物がすす病を誘発したり、ウイルス病を媒介させたりすることもあります。ですから、アブラムシを防除することは、ウイルス病対策にもなるわけです。

アブラムシが発生する時期は、3月から11月までの長い時期にわたります。ほとんど全ての種類の野菜が被害にあいます。

家庭菜園で悩まされる「うどんこ病」

うどんこ病にかかったミニトマト

うどんこ病

雨が続く梅雨時期よりも、乾燥した時期になると発生しやすくなるのがうどんこ病です。うどんこ病は葉や茎に発生する白いカビ(糸状菌)です。

初期症状は、うどんこ(小麦粉)を振りかけたような症状が、葉や茎などに広がります。葉がカビで覆われると光合成が阻害されたり、生育不良になってしまい、やがて枯死します。

ほとんどの野菜に発生し、特にきゅうり、カボチャ、スイカなどのウリ類、トマト、ピーマン、ナス、バラなどで被害が深刻です。伝染するため、早めの対策が必要です。

家庭菜園で有機栽培(オーガニック栽培)に挑戦したいとき

家庭菜園では、野菜を有機栽培(オーガニック栽培)でチャレンジしたい方が多くいらっしゃいます。この方法は、肥料を堆肥等に代えなければならないし、病害虫対策も工夫が必要です。

害虫や病気に対してはどうしたらよいか、わからないことがたくさんあります。しかし、害虫や病気に対しては食品成分や天然成分を使ったアイテムを利用するなどの方法があります。

次のページでは、100%食品成分の病害虫対策アイテムを紹介します。