シースルー前髪で大人っぽく!簡単なこなれお団子ヘアアレンジの作り方

カジュアルなお団子ヘアでも、シースルーバングで抜け感をプラスすれば今っぽい印象に! さり気なく大人な雰囲気になれる簡単こなれアレンジをご紹介します。前髪とお団子の形にちょっとした変化を加えるだけで簡単にイメチェンすることができるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
シースルーバングのお団子アレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)


 ベースのスタイル

鎖骨上のミディアムスタイル。パーマをかけていない方は32mmのアイロンでランダムに巻いておくとアレンジしやすいです。
鎖骨上のミディアムヘア

鎖骨上のミディアムヘア

 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
毛量:少なめ~普通
クセ:無し~ややクセ
髪質:すべてOK

 ヘアアレンジの方法・やり方

一度ポニーテールのようにまとめる

一度ポニーテールのようにまとめる

1. 後れ毛を分けとるために、後頭部の中央の位置で、一度髪をひとつにまとめます(後の工程で、高めの位置で結び直します)。

後れ毛を2本つくる

後れ毛を2本つくる

2. もみあげと耳後ろの位置に、後れ毛を作ります(1~2センチ程度の毛束が目安)。後れ毛を作ることで、抜け感が出て、こなれた印象になります。

襟足も同じく1~2センチ程の毛束をとる

襟足も同じく1~2センチ程の毛束をとる

3. 襟足にも後れ毛を作ります。みつえり(襟足の両側の一番下の部分)のあたりに、同じく1~2センチ程度の毛束をとります。

毛束を高い位置で結び直す

毛束を高い位置で結び直す

4. あごの先端と耳前の延長線上の位置で毛束をまとめ、後れ毛以外の毛束を、髪色と近いシリコンゴムで結びます。

結んだ毛束をねじる

結んだ毛束をねじる

5. 結んだ毛束を回転させ、ゆるめにねじります(右利きの場合は右回り、左利きなら左回りがやりやすい)。毛先から10センチ程の位置までねじります。髪の長さにもよりますが、3~4回転くらいねじりましょう。

ねじりながら結び目の部分へ

ねじりながら結び目の部分へ


6. ねじることで毛束がよじれ、お団子状になるので、毛先から10センチのところを結び目の部分に持っていきます。あまり強くねじりすぎないように、結び目に巻きつけるイメージで。毛先を残してお団子にすることも抜け感を作るポイントです。

もう一度シリコンゴムで結ぶ

もう一度シリコンゴムで結ぶ


7. 根元の赤線の位置で、もう一度シリコンゴムで結びます。この時に少しキツめに結ぶとお団子が崩れにくくなります。

前髪をジグザグにとってねじりあげる

前髪をジグザグにとってねじりあげる


8. 前髪は上下で半分に分けます。ポンパドールの要領で、上の毛束を半回転ねじったあと、毛先を小さめのアメピンで固定します(※写真では見やすいように金色のピンを使っていますが、通常のピンでOK)。

分け目はジグザグにとるとナチュラルな仕上がりに。前髪を薄めにアレンジすることで、さらに抜け感が出て今っぽいラフな印象になります。

細めのアイロンで前髪を巻く

細めのアイロンで前髪を巻く

9. 最後に、前髪を26mmのアイロンでワンカール巻きます。くるっとなりすぎないように、ゆるめに巻くと良いです。


うまく仕上げるポイント 

お団子にした部分も指で少しずつ崩しを入れると、こなれ感がアップします。バランスを見ながら、3つの方向にひっぱりましょう。
毛先をつまんで左右にひっぱる

毛先をつまんで左右にひっぱる

お団子は扇型に左右にひっぱる

お団子は扇型に左右にひっぱる

最後に上下にもひっぱり崩す

最後に上下にもひっぱり崩す

 正面&サイド

シースルーバングのお団子アレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)

シースルーバングのお団子アレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。