巻かないアレンジ!かんたん♪ 三つ編みおだんご

ふわふわお団子ヘアはどうしても崩れてしまいがち。そこで、ひとつ結びと三つ編みができれば簡単にできちゃう、お団子ヘアをご紹介します!崩れづらくアクティブに動けるので、アウトドアや、お子さまのヘアアレンジにもぴったり。コテやヘアアイロンで巻いておく必要がないので忙しい朝にもおすすめです。今回は、やってあげる側目線での注意点も詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。
三つ編みお団子ヘア

hair&make KAORI(anti)


ベースのスタイル

鎖骨レングスのストレートヘア。サラサラで後れ毛が落ちやすい方は、あらかじめヘアクリームや柔らかめのワックスをなじませておきましょう。
クセのないストレート。パラパラと落ちてきやすい毛質

クセのないストレートで、パラパラと落ちてきやすい髪質

 

ヘアアレンジの方法・やり方

土台になるのでしっかり結びましょう

土台になるのでしっかり結びましょう


1. ポニーテールを作ります。高めだと若々しく元気な印象に。低めだとやや落ち着いた印象になります。このときのゴムは土台になるので、しっかり結びましょう
(高めの位置で結ぶときの注意点は「ポニーテールをきれいに結ぶ方法」を参照)。

毛先まですべらせるようにつける

毛先まですべらせるようにつける

2. 毛先がパサっと広がったり長さが不揃いでまとまりづらい場合は、ここでも少量のワックスをポニーテール部分に馴染ませましょう。

毛束を3つに分けて三つ編みを作る

毛束を3つに分けて三つ編みを作る


3. 毛束を三つに分け、三つ編みを作ります(三つ編みのポイントは、「三つ編みの基本のやり方」を参照)。
できるだけ毛先の方まで編む

できるだけ毛先の方まで編む

4. できるだけ毛先まで編んだら、目立ちづらいシリコンゴムを使って留めましょう。

キュッと小さく巻きつけていく

キュッと小さく巻きつけていく

5. 根元付近を支点にして持ち、ぐるっと巻きつけます。

しっぽギリギリまで巻きつけて三つ編みの下に隠す

しっぽギリギリまで巻きつけて三つ編みの下に隠す

6. 最後のしっぽ部分をぎりぎりまで巻きつけて、三つ編みの下に入れ込みます。

Uピンがない場合はアメピンだけでもOK

Uピンがない場合はアメピンだけでもOK

7. Uピンで仮止めします。しっぽ部分と三つ編み部分をUピンの片足に引っ掛け、頭皮から浮かないように差し込みます。仮留め後、さらにアメピン2~3本でしっかり留めましょう。

しっかり留まった状態がこちら!

しっかり留まった状態がこちら!

8.お団子の中心に向かってピンを差し込み、しっかり留まったら完成です。


うまく仕上げるポイント

ピンやゴムがうまく隠れなかった場合はこんな裏技! シュシュをかぶせて根元を隠してしまいましょう。シュシュならかぶせるだけでパッと華やかになりますよ。
シュシュを使うとより崩れにくく華やかに!

シュシュを使うとより崩れにくく華やかに!


使用したヘアアクセサリー

リボン結びになったシュシュ(スタッフ私物)

リボン結びになったシュシュ(スタッフ私物)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。