彼と付き合っても大丈夫?

理想とは違う彼と付き合うのは不安?

理想とは違う彼と付き合うのは不安?

「彼、こういう欠点があるけど、付き合っても大丈夫かしら?」と悩み、恋に踏み込むのに躊躇してしまう人は意外といます。

特に、20代後半にもなると、単に恋愛というよりも、結婚も視野に入れた交際を考える人が多いからこそ、目の前の相手に理想とは違う部分があると、付き合うのを悩んでしまうこともあるでしょう。
そんなときは、どうしたらいいのでしょうか?

付き合う前に見ている相手の姿というのは、ある意味、表面的な部分に過ぎないこともあります。
結局、どんなに想像上で考えたところで、その恋がうまくいくかは、付き合ってみないと分からないことは多いものです。さらに言えば、そこから先についても、一緒に住んでみないと分からないこと、結婚してみないと分からないことも色々あるものです。

だから、失敗ばかり怖がっていたら、何も経験もできないし、学べないので、「まだ結婚するわけではないのだから、好きなら(興味があるなら)付き合ってみたら?」というのが、正直な意見です。

人は、相手を通して知ること、学ぶことも多いもの。恋愛をすることで、「自分には意外と嫉妬深い部分があった」なんて発見をしたり、相手と深く関わっていくことで、「人を愛する」ということを本当の意味で理解したりすることもあるでしょう。
それが、仮にその恋愛が終わったとしても、次の恋愛で生かせるのです。人生に無駄な経験は、ほぼありません。

もちろん「DVの傾向がある」「女癖が悪い」「虚言癖がある」「多額の借金を抱えている」「相手が結婚をしている」など、明らかに自分を不幸にしそうな相手の場合は、よほどのチャレンジャーでない限り、やめておいた方が無難です。その人と関わったことで、人生が悪い方に転落することもあるからです。

ただ、そこまで大きな問題はなく、心惹かれるものがある相手なのであれば、怖がらずにまずは付き合ってみてもいいのではないでしょうか?付き合ったことで初めて知る相手の魅力が、欠点を上回ることだってありますしね。

恋愛に踏み込むことに躊躇してしまう人の中には、恋愛相手に好条件ばかりを求め、恋愛のチャンスを壊している人が意外といます。そんな人が犯しやすいミステイクがあります。それを次のページで紹介します。