多くの男性が結婚を望まない理由

男性は基本的に自由人なので、心のどこかで結婚をしたくないと思っている

男性は基本的に自由人なので、心のどこかで結婚をしたくないと思っている


今や4人に一人がSNSを使って異性と出会い交際を経験するという時代になり、手っ取り早く相手を見つけることも、そう難しいことではなくなりました。

でも、問題はそこから結婚につながるかどうかです。実は、交際することと結婚することでは難易度がかなり違うのです。

なぜなら、男性は基本的に結婚をしたくないという気持ちがあるからです。自分の都合のいいときに付き合える女性がいればいいと思う男性も少なくなく、結婚に二の足を踏むことは、ざらにあります。


交際までなら、「見た目が9割」

男性にとって交際と結婚では責任の重さが違ったり、その先一緒に生活をすることもあって、結婚に踏み切るかどうかは交際をするかどうかの基準と異なります。交際をする上では見た目が重視され、キレイな人、かわいい人ほど交際に発展していきます。

人は見た目が9割といいますが、男女関係でも同じです。

さらに付け加えるのであれば、肌や髪、歯がキレイという細かい部分まで見ている男性もたくさんいます。要するに、他の男性からうらやましがられるような女性が交際相手としては人気になるというわけです。

でも、こういった見た目のいい女性が、必ずしも結婚相手になるかどうかは別問題です。



結婚したい!と思われる女性に必要なものとは

つまり、見た目がいいだけでは結婚しようと思わない男性も多いのです。

理由は簡単で、結婚は生活を共にするということなので、安らぎや安心、安定感があるかどうかが重要になるからです。そのためいくらキレイな女性でも一緒にいて疲れたり安心できないならば、交際相手としてはいいけれど結婚相手にはふさわしくないと判断されてしまいます。


「気遣い」は才能ではなく努力

逆に言えば、この人と結婚したいと思われる女性は、女性としての外見の魅力というよりは内面の魅力に比重がおかれるということが分かります。

ホスピタリティがあり、仕事の愚痴も聞いてくれる、でも時には一人にしてくれるなど、自分の心の状態を察知できるような女性が結婚相手に選ばれるのです。

結婚できない女性にとっては、「それは天性の才能なのでは?」……と思われがちですが、実は違います。

気遣いは「気遣おう」と思えば、できるようになります。相手を理解しようと思うことで、相手の心の状態を理解できるのです。

そのために、大切なのは相手を「観察」することです。交際しているとき、相手をどれだけ観察するかで、相手の心の状態を理解して対処することができるようになります。そうすれば、男性は自分を理解してくれていると思うので結婚相手として選んでくれるようになりますよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。