濡れた質感がおしゃれ!セミウェットなツイストショートアレンジ

ツヤのある濡れたような質感がおしゃれで色っぽい印象に見せてくれるウェットヘアアレンジ。いつものスタイリングや髪型にマンネリ気味の方でも、ウェットにするだけで、また違った大人っぽい印象になります。

今回は、そんなウェットな質感でつくるツイストアレンジをご紹介します。ショートやボブをタイトに仕上げることでメリハリが出るので、ニットやセーターなどのコーディネートとも相性ピッタリ。ぜひ、トライしてみて下さい!
セミウェットツイストショートアレンジ

hair&make WAKO(anti)

 ベースのスタイル

眉くらいの前髪のショートヘア。直毛の方はアイロンで毛先をハーフカール巻きクセっぽいニュアンスを足しておくとアレンジしやすいです。
丸みのあるシルエットのショートヘア

丸みのあるシルエットのショートヘア

 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:なし~ややあり

ヘアアレンジの方法・やり方

ワックスを透明になるまでなじませる

ワックスを透明になるまでなじませる

1. さくらんぼ大くらい量のクリーム系のワックスを手の平にとります。透明になるまでなじませると、塗布ムラがなくなります。
 

タイトなシルエットになってくる

タイトなシルエットになってくる

2. ワックスを髪全体に根元からつけます。ツヤが出て、束っぽい感じになります。毛量が多い方や乾燥しやすい髪質の方は、ワックスの量をやや多めにして下さい。
 

トップの髪をサイドパートにする

トップの髪をサイドパートにする

3. トップの髪を黒目の延長線上くらいでサイドパートに分けます。前髪の生えグセに合わせて、分けやすい側で良いです。今回は、右側から左側に向かって分けています。こうすることで、トップに自然な丸みができます。

ざっくりと分けとると良い

ざっくりと分けとると良い

4. 前髪を残し、ハチ上の髪をざっくり分けとります。

後ろに向かってねじる

後ろに向かってねじる

5. 4で分けっとった髪をリバース方向に(後ろに向かって)、ややキツめに2~3回転ねじります。
 

ハチ下の髪も同様にねじる

ハチ下の髪も同様にねじる

6. 耳前の髪を少し残し、ハチ下の髪を1回転リバース方向にねじります。こちらもキツめにねじることでサイドがタイトになり、仕上がりにメリハリが出ます。

ねじった毛束をクロスさせる

ねじった毛束をクロスさせる

7. 両方の毛束をクロスさせながらねじり足します。
 

そのまま耳後ろまでねじる

そのまま耳後ろまでねじる

8. そのまま耳後ろまでねじります。ねじった毛束がゆるまないように気をつけましょう。

耳後ろの位置でピンで固定

耳後ろの位置でピンで固定

9. 耳後ろの位置でアメピンで固定します。ねじれ目を片方の手でおさえ、下から上に押し込むようにピニングすると良いです。1本で留まらない場合は数本使いしっかり固定させましょう。
 

逆サイドも同様にねじりピンで固定

逆サイドも同様にねじりピンで固定

10. 4~9の工程と同様に逆サイドの髪もねじりアメピンで固定します。タイトに仕上げて大人っぽく!
 

 上手く仕上げるポイント

毛束をねじってアメピンで固定した後、その毛束を少しづつ引っ張り、崩すと仕上がりに柔らかさが出てこなれた仕上がりになります。
鏡で確認しながら少しづつ崩していくと失敗しない

鏡で確認しながら少しづつ崩していくと失敗しない


崩し終わった状態。ねじった毛束がややほつれ、おしゃれな印象になる

崩し終わった状態。ねじった毛束がややほつれ、おしゃれな印象になる


サイド&バック

セミウェットツイストショートアレンジ

hair&make WAKO(anti)


セミウェットツイストショートアレンジ

hair&make WAKO(anti)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。