ストレッチで「むくみ脚」を本来の細さに戻せる!

血行不良によるむくみやだるさをストレッチで気持ちよく解消しましょう

血行不良によるむくみやだるさをストレッチで気持ちよく解消しましょう


夕方になるとパンプスやブーツが窮屈に感じて、鏡にうつったメリハリなしの「むくみ脚」を見てガッカリ……なんて経験を持つ方は多いはず。夜のデート前に気付いたらショックですよね。とくに、寒い季節は、血行不良によって、どうしてもむくみが生じやすくなります。

そんな慢性的な「むくみやだるさ」に悩みつつ、マッサージで解消しようとしてもなかなか効果がないという人は、寝る前のストレッチを取り入れてみて下さい。


翌朝の脚がスッキリ!「3分脚痩せストレッチ」

今日の夜は、ヨガの動きを取り入れたストレッチで、3分間かけて脚全体をほぐしていきましょう。ポイントは以下の3つ。

(1)心地よい力加減で
(2)ゆっくりと
(3)呼吸をしながら


リラックスしてできるようになると、スムーズな入眠にもつながります。


【3分脚痩せストレッチのやり方】
1.足指をほぐして広げる
S

STEP1

足の指を広げながら伸ばしていくイメージで

足の指を広げながら伸ばしていくイメージで


足の指を開いたり、引っ張ったり、回したりしながら指を1本1本ほぐしていきます。


2.指と指とをギューッと深く組む
S

STEP2

手の指と足の指で、握手するように組み合わせます。そのあと、息を吐きながら、指と指とをギューッと深く組みましょう。


3.足首を回す
S

STEP3

2で足と手の指を組んだまま、ゆっくりと円を描くように足首をぐるぐると回します。反対回りも同様に。足首もゆっくりと回します。


4.脚を両腕ではさみ、左右にゆすりながら持ち上げる
S

STEP4

両腕で右脚をはさみ、左右にゆすりながら、股関節やお尻回りをストレッチ。


5.胸に引き寄せる
S

STEP5

息を吐きながら、両腕ではさんだ脚(すね)を胸に深く引き寄せます。太もも裏やお尻をストレッチできます。


6.脚を後ろに伸ばして、上半身を立てる
S

STEP6

抱えていた右脚を床に下ろし、左脚はまっすぐ後ろに伸ばします。手は軽く床に添え、息を吸いながら、お腹と胸をゆっくりと引き上げていきます。


7.反対側も同様に行う
S

STEP7

上半身を前に倒し、息を吐きながら、ゆっくりと上体を下ろして前屈していきます。


「3分脚痩せストレッチ」のポイントを動画でチェック



【3分脚痩せストレッチのポイント】

・1~7までの工程を、リラックスしながら3分ほどかけてじっくりと実践します。
・体がかたい場合は、無理せずできる範囲で実践して下さい。
・毎日行うことで、脚がスッキリするだけでなく、冷えやむくみ、疲れの軽減につながり、巡りのいい体を目指せます。


たった3分で、冷えやむくみ、疲れの軽減にも

このストレッチは朝起きたときや、むくみに気付いた夕方、運動の前後など、いつ行ってもいいのですが、「寝る前にやる毎日の習慣」にするのがおすすめです。

一連の動きで脚全体の筋肉を気持ちよ~く伸すことができ、リンパの流れを良くすることで、むくみや疲れの軽減につながります。

今の時期ですと、「つま先が冷え切って眠れない」という冷え性に悩む方も、血行を良くするために効果的です。続けることでより「翌朝のスッキリ脚」を実感できるはずなので、ぜひ習慣化してみてください。


写真・動画撮影/泉 三郎 取材・執筆/北川和子
 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。